幡多の神社関連

ハイタカ神社

場所:宇和島市蒋渕豊ノ浦





「ハイタカ神社考」をサイトに載せる際、文章主体のページには、
今日はどんな日だったかを書いていたが、
まだ早朝、どんな日か判らない。
今日なら、須崎で38度を超えたとか書くかもしれないが・・・。
何気なく「蒋渕へ行こうか」と書いたが、
「ハイタカ」の文字が大事でないかと思い切って出発した。

梅雨明けてはじめての週末、快晴。
女房殿には長距離ドライブだけど一緒に行かないかと誘った。

宇和島市内を抜けてからの渋滞はいつもである。
しかし、三浦半島の景色の良さ。女房殿も堪能してくれた。
実に天気が良かった。

アッ、文字は「偏が「西」の下に「早」、旁は「鳥」。X0213面区点2-94-41、UNICODE 09DE3」でした。



 蒋渕遠景。
 向かって右端の建物が、蒋渕小学校。ここのホームページのおかげで一条家とハイタカ神社に関係があるのでないかと思いついた。

 神社のある字を確かめようと、再びアクセスして驚いた。宿の浦(左手にさらに進んで東のほう)には「宿ノ浦の端にあるはいたか(浜)にはいろいろな言い伝えがあります。たとえば1 はいたかの貝を食べるとおなかが痛くなる2 はいたかの石を慰霊碑においたら病人がでるとか・・・・・・・・・・。」

 はいたかの浜が昔からの名前なら、一条さんが戸島から上陸しやすい「はいたかの浜」に時々来て股肱の者どもと相談して作った神社が「はいたか」なのでは?あくまでも想像ですけど。



 これがはいたか神社。いけない、本サイトではハイタカ神社とカタカナで記載してきたのだった。

 丁度、崖崩れの危険のため、工事中でした。この写真を撮った位置は、道がなく写真の左手のほうから上がってきました。もっとも、工事のために入ってきてはいけませんと張られた縄を跨いでですが。



 伊予では、ハイタカにこの字は使っていないのかと思いました。ここでお目にかかると、元来「拝高」ではなく、この文字だと確信したくなります。もちろん、「拝高」さんが鳥さんより数百年古い神社であれば、「拝高」で間違いないのでしょうが。



 蒋渕小学校のホームページで見た「はいたか神社」です。左手のシートに覆われている所も崩れかけており、補強工事があるものと思われます。



 拝殿。



 小さな祠がありました。帰りがけにお話を聞けた普通の方に神様を教えて貰っていたのですが・・・。



 拝殿内部。ハイタカ神社と書かれた額の周辺を塗りつぶしているようなので、読もうとしましたが特に文字・文様はないようです。



 狛犬は神社全体でなく、本殿を守っていました。明治3年となっていました。



 狛犬。



 本殿。よくある三つどもえであるし、戸の飾りもとくに十字にはなっていません。当然。



 フッと気がつくと、屋根に鳩の置物が・・・。



 これが本殿の屋根の四隅にあるんです。鳩?ハイタカ?



 ハイタカ神社の本殿にあるんだから、やっぱりハイタカでは?



 向こうが拝殿、手前が本殿です。

 良い天気でしょう?暑かったです。(^^;



 この写真で判るように、チョットはいたかさん、ピンチ。
少しでも落ちないようにロープで、いろいろな所へ結びつけていました。


 蒋渕山海禅寺の額がありました。丁度ハイタカ神社の下にあるお寺さんです。



 ご本尊もご開帳でした。



 お寺さんからハイタカ神社を見ています。



 このお寺さん。お屋根にやっぱりいるんですね。鳥さんが。



 伊予では良くある飾りなのでしょうか?違うと思っていますが。

 帰りがけに、地元の方とお話ができました。
1.蒋渕にはハイタカ神社は三つある。
     ハイタカの巣ですね。
2.その方は、ここのハイタカ神社は大島からきたものでないかと。
     宿毛大島のことかと思いましたが、蒋渕の新浦として江戸時代はじめに作られた大島浦か。
     宿毛大島もその頃作られており、大島という名前はおいても、時代的に同じである。
     このことも非常に重要(妄想のキリシタン関連)なのではないだろうか。
3.自分も「高天原」という祝詞は云える
     言葉のわからないお経を聞いたことがないかとたずねた時の答えです。
     それはオラショが残っていないかとの気持ちでしたが、下にある踊りの関係でしょうか?
4.一条さんのことは聞いたことがない
     残念です。

 やはり、ハイタカ神社と蒋渕は深い関係がありそうです。
1.はいたか浜がある。
2.三つ神社がある。(ゼンリン地図では本神社より宿の浦にあるはいたか神社が大きそう)
自分的には
3.戸島に近い。一条さんと関係ありそう・・・としたいのですが。



 豊の浦では定時になるとサイレンが鳴るようです。蒋渕に到着して暫くするとサイレンが鳴りました。これを私も、女房殿も12時のサイレント思ってしまいました。ハイタカ神社が後二つ。しかし、サイレンの条件反射でしょうか、お腹がすいてきます。またの日に来ることにして帰りはじめましたが、クルマの中で、正午をお知らせしますと・・・。11時前に着いていたのだった、二人で笑ってしまった。

 鳥さん。ハイタカ神社のことを教えて・・・と思う。