きんこちゃんのミーハー日記

←前へ         次へ→

記入日2004/03/27 0:00
第35回第41回 スキー技術選手権大会に行ってきました



さて今年も行ってきました技術選。
今回はももちゃんが骨折、越前後屋さんが別件予定ありでしょうこちゃんと2人でした。
八方に行くというTさんにお願いして車に乗せてもらうことに。
11時に尼崎を出発し、男性陣が3名もいたので運転することなく翌朝5時には八方へ到着。
私たちの宿は6時から入れることになっていたので車のなかで朝食を取らせてもらい、
今回初めて泊まる「林檎舎」さんへ。
2人だというのに広々としたお部屋でした。
7時過ぎまで仮眠を取り、私たちのお菓子と選手への差し入れ用のお菓子をリュックにつめ、いざ技選会場へ!

今日は晴天です。でも山の天気はわからないんだよね。。。特に黒菱!!
今年も選手ではなく種目で見ることに。
準決勝のお楽しみといえばやっぱり不整地でしょう。
今年も不整地と総滑をみることにしました。

まずはリフト券とパンフレットとスタートリストを買いました。
そしてオガサカのテントをのぞくと誰もいませんでした。
次にアトミックのテントをのぞきましたがやはり誰もいませんでした。
読みがハズレ選手への差し入れのお菓子を持って「黒菱ゲレンデ」にいかなくては行けなくなりました。
うーーーーん、コケたら潰れるかも(苦笑)。

3本リフトに乗り、黒菱に到着。
やはり黒菱は強風で、一瞬目の前が真っ白に。そして。。。。。「痛〜い!!」
地面の雪が舞い上がり顔にビシビシと雪が飛んでくるのです。
そしてそして目の前には大きなコブ、コブ、コブ!
はあ〜、これを降りなければ「不整地小回り」を見れるところまで行けません。
しょうこちゃんはファンスキーで時々コブに埋まりながらもなんとか降りていってます。
しかし私は横滑りでもなかなか降りれません。
まごまごしていると後ろからすごい早いスピードで選手の人たちがスタート地点にむかって行きます。
しかも気持ちとはウラハラに行きたくないスタート地点の方向に行ってしまい
「知りあいにあいませんように。。。」
私がモタモタと降りていたため女子1班の不整地小回りが終ってしまいました。
ガックシ・・・・・

次は男子3班。
猪又さんや海野さん、征吾君、佐藤久哉さんなどがいらっしゃいます。
そしてトップバッターは仲良しのヒデこと佐藤秀明さんです。
観戦場所は海野さんののぼりがいっぱい立っている所の上部をキープ。
海野さんつながりの知り合いが観戦に来ているはずなので会えないかなと思ったからです。
回りをキョロキョロと見回してみましたがいなさげ。。。。
いよいよ3班が始まりました。
しょうこちゃんが横でチアホーンを吹き吹き、私は「がんばれ!!」と応援しながらビデオ撮影をがんばりました。

次は男子4班。
2年前、同じ宿に泊まっていた横田幸平君、昨年に越前後屋さんがチェックした水落亮太君、
とても良い人の宮下征樹さん、そしてそしてモリモリこと藤井守之さんがいらっしゃいます。
今年もがんばって作ったモリモリの横断幕をネットに取り付けました。
しかし時おり吹く突風にネットが倒れそうになったりしてけっこうドキドキでした。
宮下征樹さんの滑りはビデオを撮ってて「早い!」って思いました。
縦に行ったというイメージかな?
モリモリの滑りはビデオを撮るのに必死であんまり見えませんでしたが、下から大歓声が上がりました!
そして「282点!!」というアナウンス。
今のところラップのようです。すご〜〜〜い。

そしてコース整備とインスペクションの後に女子2班がはじまりました。
以前にタナベキャンプで教えてもらった大田真由美さんと3連覇を狙う聖佳ちゃんがいます。
聖佳ちゃんが滑る時はやはりすごい声援&チアホーンでした。

続いて男子6班。
2連覇のかかっている柏木さんと高力さんがお気に入りの片桐さん、今年は何色の髪の色にしたのか気になる
石黒さんがいらっしゃいました。
でもグロさんの髪の色はわからんかったー(涙)

そして最終班の男子5班。
雪が降ってきました。
やっぱり山の天気はわからん。。。。
若月さん、来週にめいほうレッスンでお世話になる松田富士人さん、渡辺一樹さん、そしてそして粟野さんがいらっしゃいます。
昨年の粟野さんの不整地小回りはとても印象的でした。
一人、スピードが違うという印象でした。
いよいよ粟野さんの番がやってきました。
ビデオを撮っているのであんまり滑りは見えてませんがやはり「早い!!」と思いました。
そして「279点」というアナウンスが流れました。
「えー、なんで!!!」と私としょうこちゃん2人同時に叫んでしまいました。
モリモリがラップでとても嬉しいのですがなんだか複雑な気持ちでした。
あとは渡辺一樹さんの応援チアホーンの多さにとても驚いたのでした。

不整地終了後、TEAM ZAPのMASUさん&natsuさん&ぷくさん達とランチ合流することになりました。
「ウサギの下のレストラン」と言われたのですが「ウサギってどこ??」
あー、マップもらえばよかった(涙)
へっぴり腰&ゲレンデ有効利用でなんとか黒菱を降り、合流することをあきらめて適当におりたら目の前のレストランでした。
電話しながらレストランに入っていくと「あっ、どーも」という声が聞こえてきました。
声のした方を向くとレストラン入り口の右手テーブルに藤井モリモリと渡辺一樹さん達がいらっしゃいました。
電話中だったのと突然に声をかけられたのでビックリしてしまったのと、邪魔してはいけないと思ったので
「あっ、こんにちは」と答え、ZAPの皆さんの所に向かいました。
そこはヒデと正明さんことヒデのお父さんの佐藤正明さんがランチを食べているテーブルでした(笑)
正明さんに「1級、合格した!」というと「どこでだ?黒姫か?」と聞かれたので
「はい、黒姫で」と答えると「お前、何をしたんだ?」と言われたので
「左膝をケガしました」と答えておきました(笑)

お昼ご飯の後は私たちは総滑のバーンへ、ZAPのみなさんはヒデや海野さんについて回るという事だったので
別れての行動となりました。
総滑バーンへ向かい、応援場所も確保して今か今かと座って待っていたのですが
雪のために視界がどんどん悪くなり、「もしかしたらキャンセルになるかもしれません」との案内が流れました。
マジ?!かなりショックかも。
それから15分後には「キャンセル」となり、私たちは慌てて「整地小回り」のバーンへ移動。
応援&ビデオを撮るのによい場所を確保できず、私達の上で見ている人が身を乗り出して見るためまったく選手のスタートが見えず
上手くビデオが撮れなかったのでした。

あまりの寒さに早々に引き上げ、とりあえずオガサカテントに行きました。
私が最近ハマっているベビースターの『風月バ−ジョン』をヒデに渡そうと思ったのですがテントには居ませんでした。
なのでオガサカスタッフの人に「あの〜、これを佐藤秀明さんに渡してください」とお願いしたところ
「佐藤久哉さん」と間違われたようで(笑)、「そこに本人がいるから渡したらいいよ」と言われました。
「あ〜、秀明さんのほうなんです(笑)」と言うと「じゃあ渡しておきます」とのこと。
よろしくおねがいいたします。
そして次はアトミックのテントへ。
モリモリは。。。。。。あ〜、居ました、居ました。よかった(笑)
でも打ち合わせ中のようです。
とりあえずテントの外で待っているとスキー板を持って出てきました。
今から滑りに行くみたいです。
「藤井さん!!」と声をかけると「あ〜、ど〜も、ど〜も」と握手するつもりで手を差し出されたのですが
わざと「はい、これ差し入れ!」と差し出された手にお菓子を渡すと「ありがとうございます」と受け取り
その後も手を差し伸べられたので今度はちゃんと握手しました(笑)。
「練習に行ってきます」と言われたのですが、明日どうなるかわからなかったので
「1分だけ時間ください!これもって写真を撮りたい!」とお願いすると「今日帰るんですか?」
「明日はジャンプ台が終わったらすぐにかえらなきゃいけないから。。。」と言うと快くオッケーしてくれ、
一緒に写真を撮ってもらいました。
そして撮り終わったら「じゃあ、行って来ます」と言って練習に行かれました。
私もしょうこちゃんも寒さと疲れで「ぐったり」だったため、今日は他のテントには行かずに宿に帰りました。
だって八方は観戦のために移動するだけで疲れるんだもん
黒菱なんてキライ!ベタ雪なんてイヤ〜〜!!

宿に帰り、早々とお風呂へ。気持ちいい〜〜〜。
そして藤井パパにお会いできなかったので夕食前にモンテローザにお電話すると藤井ママが出られ、
藤井パパの携帯番号を教えてくれました。
さっそく電話するとあちらも私達を探してくれていたようです。
明日の朝、私達の宿に寄ってくださるとのことなので決勝は一緒に応援出来そうです。
わ〜〜〜い。

夕食までの間、あまりの空腹に耐え切れず葛藤の末に「チョコパイ」を1つ食べてしまいました。
これが後で後悔することになろうとは。。。。。

私達の選んだ今回のお宿の「林檎舎」さんはお蕎麦屋さんを併設している民宿なのです。
夕食は『蕎麦会席』なのです。蕎麦づくしなのです。
楽しみ〜♪むっふっふ
6時になると食堂に向かいました。
テーブルの上には「あんず酒、あげそば、そば豆腐」などなどが並んでいます。
あまりお酒の飲めない2人でしたがまずはあんず酒で乾杯!
そして料理に手をつけはじめました。
くぅ〜〜〜〜〜、ごれもこれも美味しい!!!!
空腹だった為、私はパクパクパク〜〜〜とけっこうな勢いで食べました。はっきり言って足りないかも?
テーブルの上のものを食べている間にも「あげそばがき」など数品がでてきました。
そして「ふう〜〜〜〜、お腹いっぱい。眠い。。。。。」
しかしまだ会席は終わっていなかったようで「ソバをお持ちしていいですか?」と言われました。
このお蕎麦がけっこう満腹に追い討ちをかけました。
しょうこちゃんはスタンダードなツユに麺をつけていたのでスルスルっと食べきっていましたが
私は「くるみダレ」に麺をつけて食べていたせいもあり「く・く・くるしい〜〜〜〜」
この違いはやはりチョコパイ1個も影響しているのかも???食べるんじゃなかった。。。
おかわりを勧められましたがお断りし、でもデザートは別腹でそばの実アイスはしっかりと食べたのでした。

部屋に戻り満腹になった私達は7時だというのにとっとと布団を敷き、しょうこちゃんは7時30分には夢の中。
私はメールをしながら夢の中へ行ってしまったのでした。

7時に起きて窓の外を見ると決勝の今日は快晴です。
このままジャンプ台まで天気だといいなあ〜。
これで3回目の八方技選に来ているのですがジャンプ台はいつも雨か雪なのです。
朝食を食べ終わり、用意も済んで出発しようかなーっと思っていると藤井パパが来られました。
バレンタインのお返しを持ってきてくださったようです。
わ〜〜〜〜〜い!!うれしい♪
板を持って移動するのが大変なので強引にお願いして車に乗せていただき会場まで連れて行っていただきました。

まずはカービングレースの会場のウスバへ。
ここでちょうどリフト回数券が無くなりました。
ちょうどよかったかも。
まだ時間が早かったのであまりギャラリーもいませんでした。
ずうずうしくギャラリー席の一番前をキープ!!そしてZAPの3人分もキープ。
そしてそして藤井パパ特製の技選観戦グッズのお風呂マットを切った座布団を貸していただき始まるのを待ちました。
ふと後ろを見ると「どこかで見たことのある人」が居ます。
あちらもこちらをチラチラ。
う〜〜〜〜ん、やっぱり紺ちゃんかな??
「おはようございます」と声をかけると「やっぱり〜〜!」と言われました。
紺ちゃんとは元デモンストレーターの紺野さんのことです。
今回は北海道のコーチとして来られているとのこと。
ご挨拶をして自分の席に戻りました。
すると「きんこちゃん」という人が。
振り向くとヒデでした。
「ヒデ、おはよー」と言うと「きんこちゃん、昨日のお菓子は今日もらったよ。ありがとう」
こころなしか声がピリピリしているような。。。。でもお礼は言ってくれるんだね。気を使ってくれてありがとー。
「がんばってね」と言うと「おう」と言ってヒデは練習に行ってしまいました。

9時半からのスタートでしたが少々時間は押した状態で始まりました。
アナウンスを聞いていると各選手1本テストランをするとのこと。
その後、競技に入るとのことです。
女子の1班がはじまった瞬間、電光掲示板のエラーとなり一時中断。
すべての選手のテストランが終わったのは11時すぎくらいではなかったでしょうか?
そしてその後に競技がはじまりました。
カービングレースはタイムと赤・青・黄の3色のブイのどこを通るかでポイントが加算されるそうです。
ほとんどの選手が外側のコースを通っていました。
掲示板に出されるブイポイントと滑りを見て「がんばれ〜〜〜」と叫んだり声援を送りました。
女子が終わった後、後ろを見ると中沢美樹さんがいらっしゃり、どなたかとお話されていたのですが
目が合ったので手を振るとすてきな笑顔で手を振ってくれました。
自分達の滑りが終わ後、ギャラリー席に来られる選手が多かったです。
でもビデオを撮っていたので誰にも声はかけなかったけど。
結局、カービングレースが終わったのは1時過ぎ。
うげっ!ジャンプ台、最後まで見れないかも。。。。
帰りの電車の都合もあるので4時に宿に迎えに来てもらうことになっていたのです。
着替えたり、荷物をつめたりするのに時間がかかるので3時15分には会場をでないとやばいでしょう。
1時45分からジャンプ台競技が始まるとのことなので急いでジャンプ台に向かいました。
そして今年はサイドの段々の席のしかも一番ジャンプ台側に座ることにしました。
渡辺一樹さんの旗がいっぱい立てられる中、モリモリの横断幕を張りました。
リフトの上で気がついてくれるといいなあ〜。
ジャンプ台の上では八方スキースクールの人たちがゲレンデ整備で上から下まで板でバーンを踏んで降りてきています。
すごいよねえ〜〜〜。
結局、ジャンプ台で小回りがはじまったのは2時すぎでした。
女子1班がスタート。
中田良子さんの滑りはやっぱりよかったですね〜。
女子終了後、ゲレンデ整備が始まったのですが、上から下までデラパージュで均したところ
ゴール地点上の10〜20メーターのところで雪が溜まってしまい、均すどころか大変なことになってしまったのです。
バーンを均すためにかなり時間がかかってしまいました。
うわ〜〜〜ん、男子2班まで見れないかも。。。。(涙)
特別ゲストの細川たかしさんがスタート地点にいる選手に向かって
「ゴール上の20メーターから雪が溜まっていてあぶないです!ジャッジは上のほうで点数をつけています。
ゴール地点を20メーターあげました。だからムリだけはしないでください!!」と何度も言われてました。
いよいよ男子3班からスタート。
後のほうになると転倒者や雪につまったりする人がちらほらいらっしゃいました。
やっぱり滑りにくいのでしょうか?
そしてゲレンデ整備をすることなく男子2班がはじまりました。
あ〜、よかった。これでゲレンデ整備をされたらもう絶望的に見れない。。。
でもこの時点で3時でした。
なんとかモリモリまでは見れるかも?
でもヒデまではムリかな。。。。
なんとかモリモリの2番後の山田卓也さんの滑りを見ることができそこでタイムアウトとなりました。
モリモリの横断幕を外し、藤井パパにご挨拶と横断幕をお渡しして出口に向かいました。
歩いている途中でヒデの名前が聞こえたので後ろを振りかえるとヒデがジャンプ台を滑っています。
「ヒデ、がんばれ!!!」と声援を送り、ビデオは撮れなかった分、目に焼き付けました。
あ〜〜〜、見れてよかった。

宿に戻り、荷物を整えてお迎えが来るまで持ってきたお菓子をポリポリ。
お昼、食べれなかったもんね。
そしてTさん達と合流し、家に帰ったのでした。

今年で八方の技術選に行くのは3回目となります。
ヒデと藤井モリモリ以外に声をかけなかった&声をかけられなかったのは初めてかも。
そして晴天のジャンプ台というのも初めてで、競技の途中で帰るのも初めてでした。
柏木さんが2連覇、そして聖佳ちゃんが史上初の3連覇を成し遂げました。
聖佳ちゃん、ほんとうにおめでとうございます!!
ただがっくりしたのはカービングレースの順位でした。
会場ではブイポイントで盛り上がっていたのですが、それにタイムをポイント換算して足した結果
なんとほとんどの人(47人)が1位となってしまったのです。
あとテストランで時間を取ってしまったので間延びした感じがしました。
それだったら前日にキャンセルになった総滑をやってくれればよかったのに。。。。
多分そんなことを思ったのは私だけではないと思います。
来年、どこで行われるかわかりませんが、できれば私達が見に行ける様なところでやってくれるといいなあ〜と思います。
1級取ったし、来年は私も地区予選にでるか〜〜〜(笑)
冗談です。


ミーハー日記の写真はこちら


←前へ         次へ→