きんこちゃんのミーハー日記

←前へ         次へ→

記入日2003/02/24 0:00
第24回タナベ基礎スキーキャンプ行ってきました&その後、赤倉に行ってきました

2月8日〜9日でタナベスポーツ主催の基礎スキーキャンプに行ってきました。
もう参加は何回目なんだろう????
今回のメンバーは私、ともろー、ちりめんさん、かずちゃん、ウルフ君、しもごの6名です。
ともろーとウルフ君が車をだしてくれたので大阪出発組と奈良組に分かれ、恵那SAで合流することになっておりました。
いったん家に帰り、前日から下ごしらえしておいたクッキー生地を焼きながらスキーの用意していると
あまりかかって来てほしくない着メロが鳴り始めました。
やはり会社からでした(涙)
夕食とお風呂に入るのを断念し、キッチンにただようクッキーの焼けるいい匂いに耐えきれず空腹の怒りを電話の相手である同期のA氏と
先輩のM氏にぶつけ(笑)、電話で指示をしてなんとかクリアー。ふう〜。
しかしもう家をでる時間でした(涙)
ともろー号に大阪でピックアップしてもらい、いざ恵那SAへ!!
運転は私が一応(笑)ドクターストップがかかっているため、ともろー→ちりめんさん→私の順で運転して恵那まで行き、
ウルフ号と合流してからはちりめんさん→ともろーの二人で運転してもらいました。
久々の運転は緊張しました(笑)。1時間が限度でしたね。来シーズンはがんばります。
5時30分にはよませの宿に到着。
いつもはフロントのカウンターの上にカギが置いてあり、勝手に部屋に入っていくのですがなぜか私たちの部屋のカギだけがでておらず、
ウルフ君の部屋の人がいないことをいいことにその部屋で仮眠をとらせてもらったのでした。
目覚めると7時でした。みんなを起こし、フロントへカギをうけとりに行くと、講師である佐藤 正明さんとこの度SAJデモンストレーターになった
佐藤 秀明さん、宿の宮津さんとタナベの三鼓さんとオガサカの島川さんがコーヒーを飲んでおられました。
「おはようございます」とご挨拶をすると「今年もお前の顔を見るためだけに来たよ(笑)」と正明さん。
私も今年もお会いできてうれしいです。
用意をしてゲレンデにあがり、恒例の班分け。
なんでかいつも一番に滑らされるんですよね〜。
しかもお上手な人ばかりなのでけっこうイヤなんですよ。
しかし今回は並んでいる位置がよかったのか常連のお上手な人たちが滑り終えた後で滑りました。
今年は3つの班に分けるようで私は毎度毎度の2班で正明さんクラスにあたりました。
実はちょっとだけヒデ班に当たりたかったりもしてたんですけどね。
なんて言ったら「お前も若いやつがいいのかよ」って正明さんに言われそうですが(笑)
今年もテーマは「ガニれ!!」のようで午前はガニる練習でレールターンをひたすら練習いたしました。
あ〜、これ出来ないんです(涙)。e
私は次のステップに進むことができずひたすらレールターンで午前中が終了。
とほほほほ。
午後からは来モデルのオガサカの板を試乗&ビデオ撮りでした。
このキャンプは一般ユーザーでは日本で一番早く来モデルの板に試乗することができるのです。
私は今シーズン買ったばかりなので購入する気はさらさらありませんがひやかしで2本試乗させていただきました。
「これが今年モデルだったら買ってたかも」と思える板が1本ありました。
誰か買わないかな(笑)
その後はブーツのソールサイズが同じともろーとお互いの板を交換し、はじめてサロモンの板をはきました。クセのない素直な板でしたね。
その後は恐怖のビデオ撮り。
「またビデオを撮っている人に雪をかけたらどうしよう。。。。」などと思いながら行ったせいかどうなのか、
また「あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜」と叫びながら自爆してしまいました。
あっ、今度は雪はかけていませんよ。
なんてたってお店の人が撮っているカメラは私のビデオカメラですもん(笑)
その後はフリーで滑ることになりました。
ありがたいことに正明さんをはじめ、タナベの三鼓さん、オガサカの島川さんの3人がかりでのアドバイス&チェックが入り、
そして「もう一本行って来い!」で合計5本くらい?滑りました。
あ〜、疲れた。。。。
夕食が終わり、ビデオ上映会がはじまりました。
3班が見ている途中で入っていったのですが、担当の島川さんはビデオを止めながらとても詳しく説明されてました。
そして私たち2班の番となりました。
正明さんはビデオを止めることなく、そして「おっ、上手いじゃないか」で1回流して終わりでした。あれ??
それはビデオカメラをとめることが出来なかったからなのか、ゲレンデでアドバイスしようとおもっていたからなのか。。。。。
まあ多分、前者でしょう(笑)
そして私の転倒シーンはしっかりビデオに撮られていたのでした。あははははは。
1班担当のヒデもビデオを止めながら説明していたようですが、そのころ私たちはフロントの前で五一ワインを飲みながら、
オガサカの島川さんが持ってきた「バランスDISK」で床に転がり(これは私だけ)遊んでおりました。

翌朝、小雨が降っててちょっと憂鬱。
講習が始まるまでにフリーで3本滑ることになっていたのですが視界がめちゃくちゃ悪く2本が限界でした。
上のほうはかなりガスっているので下のほうを使って昨日の続きの大回りのレッスンでした。
そこで去年の12月にIBSキャンプで教えていただいたSIAの宮崎 哲さんとお会いしました。
本当は昨夜、一緒に宴会することになっていたのですがお互いの時間が合わず、キャンセルになってしまったのでお会いできてよかったです。
これで12月のキャンプで教えていただいた講師陣全員にもう1度お会いしたことになりました。なんかすごいなあ(笑)。
時間がたつにつれ上のほうの視界も良くなってきたので、上に上がり、中間地点に正明さんが立たれアドバイスをもらったら行くといった感じで
ひたすらフリーのような大回りのレッスンでした。
飛ばしすぎて正明さんのところで止まれず、上で待っている人たちの視界から消えることもしばしば(笑)
あ〜、よく走る板ってすごいわ(笑)
午後からようやく小回り。
同じ位置からスタートして20ターンで停まるというのをやったのですが(スタートからゴールまでの距離が短ければ短いほどよい)、
上手くいかず、私ひとりだけものすご〜〜〜〜〜〜く下に落ちてしまい、上のほうにいる皆さんを孤独〜〜〜〜〜に待っていると
リフト上からヒデに「きんこちゃん、一人でなにボケっとしてんの?」と言われさらに悲しくなったのでした。
2時で講習は終了。
今回は1泊2日という短いキャンプでなんだか寂しかったです。
ヒデに「ヒデのレッスン受けたかった」というと「山本山に来たら教えてあげるよ。リフト券もつけたげる〜」とのことだったので、
もし機会があれば(笑)行ってみたいなあ。
でも遠いんだよね。
そうそうヒデがいつのまにか私のことを「きんこちゃん」と呼ぶようになりました(今まで本名で呼んでた)
今年の夏、正明さんの所に遊びに行きたいですね。

タナベ合宿の終了後、仕事でどうしても休めないというちりめんさんを見送り、ゆっくりと着替え、残りのメンバーは次のゲレンデである
赤倉に向かいました。
最初は高速を使っていくことにしていたのですが、高速が混んでいるとことなので下道で行くことにいたしました。
ともろー号のナビ様を赤倉にセットして「いざ!!」
しかしいきなり曲がるところを曲がり損ね、適当に曲がったところがまた工事中のすごい道で、きんこナビはけっこう役立たずでした。(涙)
30分くらい走ったところでなんだか一度通ったことのある道のような気が。。。。。
ナビ様が表示している「涌井」という地名を見て3年前に初滑りに行った時に黒姫のおばあちゃんが教えてくれた湧井センターというお蕎麦屋さんに行く道を逆行しているのに気が付きました。
「古間」にさしかかった時に「いやさあ、実はこの古間を5周くらいしたんだよね。ナリナリのナビ様なんて道表示すらしなかったもん。
このあたりデインジャラスゾーンなんだよね」とともろーと話ししていると
「ぷつん・・・・」
突然ともろー号のナビ様が動作しなくなり、「DISKを確認しろ」といいはじめました。
車を停車させDISKを入れなおしてみたもののナビは動作しません。
ぎょえ〜〜〜〜、やはりこの古間はミステリーゾーンなのか???
とりあえず信濃町民もどきのきんこナビを働かせ、野尻湖沿いの遊覧船のりばまでやってきました。
そこで一旦エンジンを切り、そしてエンジンをかけるとあらなんと!!ナビ様が再び動作しはじめました。
やはりあそこはミステリーゾーン。。。。
そこから18号線に出て、いつもお世話になっていた黒姫のおばあちゃんの家の前を通過し、赤倉に向かいました。
「この角を曲がったら今回の宿であるモンテローザに着く」というところで、きんこナビはちょっとタイミング遅れで「右折」を指示してしまった為、
またUターンをさせてしまったのでした(涙)。
宿に到着するとまずは玄関にいる犬のガクに挨拶をし(少々吼えられました)、中に入っていくと藤井さんがいらっしゃいました。
私たちが宿泊する3日間は赤倉にいらっしゃるとのこと。ラッキー!!
年末の時とおなじ部屋をいただき、部屋にはいるとなんだか懐かしいような気がしました。
手の込んだお料理に初めてきたメンバーたちも大満足し、食事の後はワインや日本酒を飲みながら談話室で藤井さんにタナベキャンプのビデオを
見ていただき、アドバイスをもらったりしたのでした。
その後、乾燥室でホットワックスをかけているとおぼつかない手つきだったのでしょうか(笑)、同じく乾燥室で作業されていた方が台の使い方や
ホットワックスのかけ方などなどいろいろと親切に教えてくれました。
新赤倉のスクールでレッスンされている方だそうで、「明日は昼から空いているので見かけたら声をかけてください。アドバイスしますよ」と
言って下さいました。
はたして捜せるのだろうか??う〜ん、ムリかな(笑)

翌朝、藤井さんがポールの練習をされているというので見学&その横で昨日のアドバイス点に注意してビデオ撮りをしました。
ウルフ君はテレマークスキーにチャレンジ!!
ビデオを撮る前は散々コケていたにもかかわらずビデオ撮りになった瞬間、上手く滑ってました。
本番に強いタイプやねえ(笑)
私はビデオを撮りながら藤井さんのすべりをちらっと見ていたのですが、ビデオに収めることが出来なかったので全員の滑りを撮り終わった後、
みんなでポールバーン横で待っていると藤井さんがリフトに乗っているのが見えました。
大きく手を振り「見てますよ〜〜〜」ということをアピール。
そしていつ滑られるのかみんなでワクワクしながらスタート台に藤井さんの姿が見えるのを待っておりました。
しかし。。。。。えっ、なんだかポールを撤収しているような気が。。。。。
やはり撤収でした(涙)。
でも撤収した後、数本滑られるということなので私はその場に残りビデオで撮らせていただくことにし、他のメンバーは1本上に上がって滑って
戻ってくるとのことでした。
ポールバーンで1本滑られた後、上に行かれるということなので一緒についていき、急斜面での滑りもビデオに収めようと頑張ったのですが、
藤井さんの滑りが早くて準備が間に合わなかったり、あせりの為に操作ボタンを間違えたりで4本目にしてようやく成功。
ビデオを持ってきていてよかった。
その後はベアーに向かいランチ。
みんなでパンシチューやポテトやソーセージなどをシェアーしあい満腹&満足。
デザートはもちろんプリン。
でも私、実はプリン食べれないんです。。。
小学校の給食の時、辛かった。。。
残したら「あ〜、残してる。あかんのに〜〜」とか言う子がいるし、牛乳と一緒に流し込もうとしたら「三角食べしてない」とか言う子がいるし、
別にええやんってかんじなのにね。2回くらいはがまんして食べたけどそれ以降は残して持って帰りましたね。
多分、席替えして世話好きな子と離れたんだと思います。
そしていま目の前ではみんなが「美味しい、美味しい」と食べています。
藤井さんには「お土産に持って帰ってきて」といわれました。
そんなに美味しいのか?
とりあえずカラメル部分を省き、生クリームをたっぷりとってちょっとだけご賞味。
「。。。。。。。。あら、クリームブリュレみたいでおいしいかも。もう一口。うん食べれるかも」
同じくプリン嫌いのともろーもチャレンジ!
オッケーのようです。
でもきっとこれはここの焼きプリンだけだと思います(笑)
その後は4時30分ごろまで滑り、足はクタクタになりました。
宿に帰ってくると犬のガクがケージの外に出ていました。
名前を呼ぶと「遊ぼうよ」といわんばかりの体勢になってます。
雪球をつくり投げて遊んでいると藤井さんのお母さんがでてこられ「ガクちゃん、遊んでもらっているの?」と言われ、
しばらく眺めてから家の中にいかれました。
まだまだ遊んでいると今度は藤井さんのお父さんがでてこられました。
「なんでかなあ?」と思っていたのですが、後からともろーに聞いたところ、藤井さんでも時々ガクにかまれることがあるそうなので
心配されていたそうです。
お二人にいらない心配をさせてしまって申し訳なく思いました。
でもまた次に行った時にはきっとまたガクと遊んでいるんだろうなあ(笑)。
好きだけど飼えないからついつい犬とか猫をみるとかまってしまうんですよね。
その後は温泉に入り、美味しい夕食を食べ、その後にケーキまで頂き大満足。
私以外は車でお土産物を物色に行きました。
私はしばらくの間、昔のスキージャーナルをお借りし、佐藤 正明さんの記事を読みながらちょっと感動しておりました。
「オヤジ!かっこいい!!」って思いました。
その後、一人談話室に行き、スキーのビデオではなく「千と千尋の神隠し」を自分の家のようにくつろぎながら見ておりました。
やがてみんなが帰ってきたので今日に撮ったビデオを見て、藤井さんチェックをいれてもらい、お酒を飲み、夜は更けていったのでした。

翌朝、なんだか雨が降りそうな気配の天気でした。
視界のよいコースを数本滑り、少し早めにベアーに行きランチ。
今日はチキンの丸焼きがあり食べ終わりデザートに突入していたにもかかわらず食べてしまいました。
かぼちゃのアイスもモンブランケーキも美味しかったです。
外に出ると雨が降り出し始めました。
まあよくここまでもったもんだ。
帰りに藤井さんのポールレッスンを見に行ったのですが、ポールを設置されている途中で滑りは見れませんでした。
ご挨拶をすると「全日本で会いましょう」と言われました。
今回嬉しかったのは、今年もキャンプに参加でき正明さんに会えたこと、三鼓さんが「上手くなった」と言ってくれた事、
藤井さんが「友達」と言ってくれた事、ガクが私を覚えてくれていたこと、モンテローザとベアーのごはんのおいしかったこと、
正明さんの昔の記事を読めたこと、藤井さんからアドバイスをもらったことでした。
さあ、今シーズンも残り半分!!目標に向かってがんばるぞ〜〜〜!!
ミーハー日記の写真はこちら


←前へ         次へ→