きんこちゃんのミーハー日記

←前へ         次へ→

記入日2002/05/25 08:58
第17回何でも鑑定団 〜出張鑑定 in 神戸六甲アイランド大会〜の収録を観に行ってきました

私のダイスキなテレビ番組である「何でも鑑定団」の収録があるとのことで観に行ってきました。
本当ならば鑑定してもらう側として出たかったのですが出せるようなものが何も無く観客として行ったのです。
収録の1時間前に行くと、100席ほどあるパイプイスが埋まっており座れませんでした。
仕方なく立ち見をすることに。
そして妹と「どこが映るかな?」と話しあい、舞台から見て左手に立っておりました。
ふと後ろをみると人・人・人!会場であるアーバングルメポートの2階、3階の手すりまで人が立って見てます。

待つこと、30分。。。。ADらしき人が出てきて、拍手の練習等を何度かいたしました。
そして注意事項をいくつか言われ、出張鑑定の司会者である松尾 伴内さんが出てこられ、
いろいろトークをされ場を盛り上げられました。
つづいてアシスタントの女性、そして鑑定団の先生方3名の登場。
今回の出張鑑定のテーマは「おもちゃ」もしくは「神戸にまつわるもの」でした。
私の予想では北原先生が来られると思っていたのですがこれはハズレました。
出てこられたのは岩崎先生(西洋アンテイーク)、藤井先生(おもちゃ)、前野先生(スポーツ)でした。
そして先生方が着席されると番組はいきなりはじまりました。

まず最初の依頼人の持ち物は「オルゴール付きアルバム」
近所の方が家を立替するにあたり「何か欲しいものがれば持って行ってください」と言われ
ゴミの中から頂いたものだそうです。
とてもきれいな絵が描かれてました。
依頼人の評価格が出されました。皆で飲みにいきたいとのこと。
すると伴内さんがそれに対して上がると思うか下がると思うか会場の人に拍手で聞きます。
私の評価は上がると予想
これはテレビでは映らない光景で、「へえ〜、こんなこともやってるんだ」と思いました。

次はダンナさんが小学生の時に集めてたビニール製の仮面ライダーやウルトラマンや怪獣の人形で
250体ぐらいを持って来られた奥さんの登場。紙袋2袋の人形をテーブルの上に「ザーー」っと出しました。
この豪快な出し方にけっこう笑いました。
2足3文だろうということで評価額が低ければ捨てる、それ以上だったら教習所の資金にするということでした。
これも評価額が上がるか下がるか会場に拍手で聞きました。
これまた私の評価は上がると予想。
次は神戸ベイ・シェラトンの支配人の登場。
スペインに旅行に行った時に、遺跡の現場の学芸員と仲良くなりその人に貰った酒杯。
評価額が上がるか下がるかの問いに「ベイ・シェラトンの支配人が出してくるモノだから」ということで
上がるが多かったです。

そして今度はグリコのおまけ200個を持ってきたおじいちゃんの登場。
子供さんが集められていたのが出てきたのでそれをキレイに箱に詰められたそうです。
一瞬、話しが長くなりそうな雰囲気が。。。。
そろそろ立っているのに疲れてきたので「カンベン。。。。」
ほっ。。。。大丈夫でした。

次はブリキのロボットを持ってこられた男性。
昔からブリキのおもちゃんを集めておられるそうなのですが、いつも「キタハラ」という人にさき回りされて
くやしい思いをされたそうです。その「キタハラ」という人はもちろん北原先生のことです(笑)。

次は木製の船の置物。それがまたとてつもなく大きいもので5人がかりで運んできました。
ダンナさんがお祭りの時に買ってこられたそうで「30万だった」と聞いていたそうなのですが、
集金にこられた人に「70万」と言われビックリされたそうです。

次に行く前に「神戸といえば!!」という前フリが伴内さんから入りました。
「えっ、谷崎潤一郎?小磯良平??」と思っていたのですが「イチロー」でした。
長机が2つでてきていっきに5人の方が登場。
イチロウ・グッズがいっぱい出てきました。
最初の人はグリーンスタジアムのクジで当たったイチロウの色紙サイン。
「目の前で書いてもらったわけではないのでもしかして印刷かも。。。。」とのこと。
続いては人はトレーナーの人にお願いしてもらった、色紙サイン(その人の名前入り)、サイン付きウエストポーチ。
その次はおじいちゃんの友達がオリックスのホームドクターをしている子供。
バットにサインをもらってました。
次はオリックス時代のイチローがマリナーズにキャンプ参加したときのサイン。
ボールもキャンプ記念に出た限定ボールだとか。
次はイチローのサインがはいったグッズが目一杯!珍しかったのは小さなメモ帳に1枚1枚サインしてあるメモ帳。
50枚くらいあるのではとのこと。さすがのイチローも「こんなのにサインしたのは初めて」と言ってたそうです。
しかしこのお宝たち、全部サインが違うのです。(私は遠くて見えなかったけど伴内さんが言ってました)
そして本人を目の前にして書いてもらったものが1枚もない。
はたしてホンモノかニセモノか??(笑)

収録が終り、鑑定の先生方からのご挨拶がありました。
まずは岩崎先生
「震災にあわれ、お宝を無くした方もいらっしゃると思いますが今からでも全然遅くありません。
楽しみながら集めてください」
次は藤井先生
「実は六甲アイランドに住んでるんです(笑)。見かけたら声をかけてください」
最後は前野先生
「あまり知られていないことなのですが、震災の後、イチロー君に「ボクのグッズをチャリテイーに出してください」と
頼まれ彼のグッズを売りさばくために色々な所を駆けまわりました。
彼はほんとに神戸の町に愛着を感じていたんだと思います。。。。(泣)
ありがとう。。。。(号泣)」
ここまで言うのがやっとと言うかんじで前野先生は白いハンカチを顔にあてずーっと泣いてました。
それをみて少々貰い泣きをしてしまいました。

3時間以上立ちっぱなしでめちゃくちゃ腰が痛かったですが、「収録にいってよかったな。」っておもいました。
ほとんどテレビで見ている視聴者気分でみてました。
遠くて見えなかったものは思いだしながらテレビでみたいと思います。
そしていつか番組に出るぞ!!!
ということで私の「もったいなお化け」にますます拍車がかかりそうです(笑)
今回の写真はこちら


←前へ         次へ→