きんこちゃんのミーハー日記

←前へ         次へ→

記入日2002/05/09 07:17
第15回オガサカ技選を見に行ってきました

2月のタナベ合宿の時に講師である佐藤 正明さんが「4月にオガサカ技選がある。盛り上げるために出るかな」
と言うので見に行ってきました。
野沢には1度も行った事がなく、「観戦」&「温泉」、
そして今回の宿泊先である「とうふや」さんの料理を楽しみにしておりました。
あいかわらずキャリアをつけるのを面倒くさがり、ファンスキー持参。
朝、宿に到着し、着替えをしてスキー場に向いました。
マップ等を持ってなかったので適当に行ったのが失敗のもとでした。
回数券で過ごそうと考えていたのですが、上にあがるにはゴンドラしかなく、
またゴンドラは料金が高く、回数券だと3人分ギリギリか足りないそうなのです。
しかたなくリフト券売り場のおばちゃんの言うことを聞いて日券を購入。
そしてゴンドラ乗り場でゲレンデマップを見てさらにショック!
なんと反対方向のコースについてしまったのです。ここから競技のあるコースに行くには頂上までゴンドラに乗り、
そのあと少々滑って降り、また別のゴンドラに乗って降りなければなりません。
しかも競技が行なわれるゲレンデまでは宿から歩いて行けたようでした。
まあ日券買ったからいいか。
ようやく到着したときには開会式は終っており、正明さんの選手宣誓が見れませんでした。
同じく応援で来ているタナベのM氏と合流し、
オガサカのテント前のパイプイスに関係者のように座っていると正明さんがやってきました。
そして「おっ、お前、かっこいい帽子被っているじゃないか!貸してくれよ」と言って
私のルーツ帽を奪っていってしまいました(笑)。
偶然にも八方の全日本技選でお会いした方に再会。
「出るの?」と聞かれ「応援なんです」というと「どこかのクラブ?」と聞かれたので
「いえ、正明さんの応援です」と言うと「おじさん、はりきって練習してたよ(笑)」
そうなんです。
正明さんはひそかに優勝を狙っているんです。
さてさて、どんな点数がでるのでしょうか?

本日の種目は2種目。
フリー種目と小まわり種目。
正明さんは先に大回りのため、今日はカメラ持参のももちゃんと祥子ちゃんの2人が
ベストスポットを陣取るべく上に上がっていきました。
私はタナベのM氏のパシリとして飲み物を買いに行かされ、ちゃっかり自分の分も購入。
そして2人のいる所まであがる途中で、山崎 元義さんにお会いしました。
「元義さんは出られないんですか?」と聞くと「出たいんだよ〜!でも司会があるから出れないんだよ」
あららザンネン。。。。。

さらに上に上がっていくと白河 三枝さんがいらっしゃいました。
「三枝さ〜ん。おはようございます!ホントに見に来ましたよ!」と声をかけると「ほんとに見に来たんだ?」
ホントは出たかったんですけど、私のレベルで出て良いのやら悪いのやら。。。。
おちゃらけで仮装するにしても今年からの大会なので雰囲気もわからないし、
けっこう真面目そうな大会ぽいので今回は下見がでら見に来たのでした。
2人はけっこう上の方まで上がっており、そこに着いたときにはかなり息があがってしまいました。
今回はお尻に敷くように小さめのビニールシートを持参しました。
さっそく広げて座ると
「あ〜〜〜〜〜れ〜〜〜〜〜〜!!!」
一生懸命上がったのに少々滑り落ちてしまいました。
助けに来てくれた祥子ちゃんの足にひっかかりなんとか止まりました。
しかしめっちゃ面白い!!

競技前にオガサカの選手による各種目デモンストレーションが行なわれました。
征吾君と聖佳ちゃんの滑りを見ることができました。
スタートリストやプログラム等が無かったので正明さんがいつ滑られるのか解らず「まだ?まだ?」と待つこと数十分。
ようやく正明さんらしき人がスタート台に立ちました。
一応チアホーンを持って行ってたのですが、誰も鳴らしていないので吹けませんでした。
相変わらず美しい滑りでした。
しかし。。。。点数はイマイチ??
正明さんが終ったので、下に降りることになったのですが、普通に降りるのではなく
先ほどのビニールシートを使って滑り降りることにしました。
意外と距離を降りようとすると滑りません。
ももちゃんと祥子ちゃんに背中を押してもらったり、足をあげたりしてたのですがたいして滑りません。
ところが自然にまかせていると180度回転して後ろを向いたまま滑り降りていきます。
これが一番長距離滑れました。
楽しかった。
正明さんの所に行くと2月のタナベ合宿であったAさんと再会。
「応援に来たよ」と言うとびっくりしてました。
そして偶然にも正明さんグループと宿が同じことが判明。
野沢にもいっぱい宿があるのにかなりすごい確率です。

次の種目は急斜面 小回りです。
これは正明さんの順番も早く、あっという間に手持ち無沙汰。
ということでニューモデルを試乗をさせてもらうことにいたしました。
タナベのM氏のおすすめはe−TURN。
用紙に名前等を記入していたのですが「ゲッ!身分証明忘れた。。。。」
とっさに「あの〜、私の保証人は元義さんということで。。。。。」とスタッフの人に言うとあっさりとOK。
さっそく履いてリフトにGO!リフト券売り場のおばさんの言うことを聞いててよかった。
しかしストックが無いのよね。まあいいか(笑)。
正明さんが元義さんにインタビューされてました。
「最近の人達はスキーの板の特性を生かすのが上手いですね」とおっしゃってました。
それと元義さんに赤い帽子の事を言われてました。トレ−ドマークになっちゃいましたね。
でもそれは大事な帽子なので差し上げることはできませんので貸してあげましょう(笑)。

大回り競技をしている横を3本滑り、次の板にチェンジ。
KEO’SのKS−TRを履いて、リフトにGO!
先ほどと同じところを3本ほど滑り、そして小回り競技が終りコースがオープンされたのでそこも滑りました。
けっこう急斜面で滑ったというより落ちてったって感じでした(涙)。
そしてまた次の板にチャンジ。
今度はKSーSS。
大回りのコースもオープンされたので、そこを滑りました。
暗黙の了解のように一人が滑り終わるまで誰も滑らないので、けっこう気持ち良く滑りました。
返却する際、オガサカスタッフのSさんに「板を何にするか悩んでるんです。M氏はeーTURNって言うんですけど
KEO’SのKS−TRとSSで悩んでいるんです。。。。」と言うと
「TRがいいよ。これ履いてきなよ」と言われたので再度試乗。
またもや気持ち良く大回りで降りてきました。
しかし何にするか悩むなあ。。。。

とりあえず試乗は満足したので遅い昼食を取ることにしました。
M氏より電話がかかり「お昼の誘いか?」と喜んだのですが
「戸隠に戻るわ。正明さん落ちこんでるから今晩飲んでなぐさめといてな。明日は戸隠で滑って帰るから」とのこと。
正明さんは点数があまり出ず、落ちこんでしまってたのです。今晩は飲みか。。。。(爆笑)
食事から戻ると三枝さんがオガサカテント近くにいらっしゃり、三枝さんに会えて興奮状態の私は
「あのね〜、三枝さん、技選の時の写真持ってきたんです。すっごいキレイに撮れてるんです。
元義さんより絶対上手いと思います!」と喋りまくりました。
三枝さんは弾丸トークに驚いたのか「すみません、すみません。。。。」と連呼されてました。すみません。。。。
聖佳ちゃんにも写真を渡したいのですが姿が見えません。
元義さんが来られたので少々お話をし、写真をあずけることにいたしました。
すると元義さんが「聖佳は?」と誰かに聞いていたのでふとみると征吾くん、松沢 寿くんでした。
「まだメシ食ってますよ。もうすぐ来ると思います。どうしたんですか?」と寿くんが答えました。
「いやきんこちゃんから写真をあずかったんだよ」と寿くんに言うと「きんこちゃんですか?。。。。。」と寿くん。
「そう、きんこちゃんだよ。きんこちゃん」と元義さん。
いやあの、知らないと思います。。。。。。

ふと横を見ると征吾くんのお腹がえらいことになってました。
まるで妊婦さんのようなお腹の出具合です。
しかも歩き方もそれっぽい(爆)。
おもわず「奥さん、何か月です?」とツッコむと「あははははは、ウエアーが大きいんですよ」
本人曰くウエアーを着ていると暑いらしく、中に着ていたものを脱ぎ、
それを腰に巻いてその上からウエアーを着ていたそうです。
そうこうしている内に聖佳ちゃんが帰ってきました。
元義さんから写真を受け取り、聖佳ちゃんに渡すと
「有難うございます。いろんな方と一緒に撮った写真はけっこう頂いたのですけど、一人のは少なかったんです。
しかもジャンプ台バックの写真で嬉しいです!!」
そんなに喜んでいただいて私も嬉しいです。

会場を後に宿に帰りました。今度は遊ロードを通って(笑)。
夕食まで時間があったので外湯に行くことにしました。
宿から一番近いのは大湯。
料金は自分の気持ちの額を外にある箱にいれるだけなのです。
中にはいると下足箱があり、そしてすぐに脱衣所で湯舟なのです。
湯舟は2つに別れており、何もかんがえず足をつっこむと「熱つ〜〜〜!!」
湯舟につかっていたおばあさんに「こっちは熱い湯だからぬるい方に入ったらいいのよ」と言われ
ぬる湯に足をつっこんだものの熱い!
とりあえず我慢してつかっていたのですが耐えられません。
ももちゃんは熱い方に入って「だいぶ慣れました」
私と祥子ちゃんは「あかん、もうあかん!!」と早々とリタイアし、外に出ました。
温泉、楽しみにしてたのに何だかくやしい〜。

宿に戻ると夕食でした。あ〜、お腹すいた。
「とうふや」さんはその名の通り、宿の横でお豆腐屋さんをされており、
料理はもちろん豆腐がいっぱい出るということで楽しみでした。
その量の多さとおいしさは。。。すっごく分厚いトンカツや揚げ出し豆腐、おぼろ豆腐etcetc。。。。
食べきれませんでした。
はちきれそうにお腹がいっぱいになったので食後の散歩に出かることに。
しかし途中で雨が降りだし、早々と戻ってくることになりました(涙)
そして正明さん達の部屋で宴会。
8人位の人達で来られていたようですが、皆さん年齢もバラバラなのですがすごく仲が良くって
「いいなあ」って思いました。
これも正明さんの人柄なのかなあって思いました。
逆に皆さんは私と正明さんのつながりが気になっていたようで、
「愛人です」っていったら「おやじ〜!!何人いるんだよ!!!」と
正明さんは怒られてました(笑)。
「来年はお前も出ろ」と言われてしまいました。「そーですね、M氏が出るなら。。。。」とはぐらかしたもの
のM氏は正明さんに弱いからなあ。。。。。
さあ来年はどうなってるんでしょうね(笑)。

***

翌朝、かなり部屋でゆっくりしすぎたようで(笑)、
私達が朝食を食べに行ったときにはもう誰もいらっしゃいませんでした。
試合にでる人ばかりなので皆さん、練習にいかれたのです。
朝食はバイキング形式なのですが、おからや切り干し大根やヒジキや豆腐などなどの和食がいっぱい並んでいました。
またどれもこれも美味しい!!
思わず「これ、テイクアウトして帰りたい!」と叫んでしまいました。
宿のおばさんに「う〜ん、足がくるのが早いからやめときな」と言われ、
胃にテイクアウトしていくつもりでゆっくりたっぷりと朝食をいただきました。
ゆっくりと会場に向いました。
そしてまたオガサカテント前に座り、競技が始まるのを待ちました。
すると「あっ、三枝さんが板を履いて滑ろうとしている!ラッキー、滑りが見れる」
リフトに向う三枝さんを目で追っていたのに、気がつくと三枝さんは滑り降りていました。
ショック。。。。

競技が始まりました。
今日はカービング種目です。
正明さんの出番までイスに座って観戦。
オガサカのスタッフの方といろいろおしゃべりしてました。
そして正明さんの応援をし、2種目終了後、帽子を返して頂き、ご挨拶をして帰路に向いました。
ザンネンながら仮装して出れるような大会ではありませんでしたが、
老若男女問わず参加できるような大会だったと思います。
そ〜ですねえ、来年は。。。。。
出れるような滑りが出来るよう頑張って練習したいと思います。
写真はこちら


←前へ         次へ→