きんこちゃんのミーハー日記

←前へ         次へ→

記入日2001/10/09 22:14
第7回我満 嘉治さん〜柏木 義之さん〜粟野 利信さん〜竹田 征吾さん〜嶺村 聖佳さん〜に会いました

さて有名スキーヤー5連発です(笑)。

9月23日
おなじみのショップであるタナベスポーツでOPENING FAIRがあったので行ってきました。
我満さんと柏木さんのセミナーがあったのは知ってたのですが朝10:00〜ということで断念。。。
結局お店に行ったのは15時過ぎでした(笑)。
そして越前後屋さんと2人でゴーグル選びに1.5時間かかり、何度か様子を見に来てくれた店長から
「まだ選んどるのか?」とあきれられておりました。
ようやくゴーグルがきまり、次は越前後屋さんのブーツ選び。
またまたこれに1時間くらいかかり(笑)、そろそろ「帰ろうか?」と思ったのですが、
折角なので我満さん&柏木さんと一緒に写真を撮っていただくことにしました。
我満さんは何人かの女の子たちと話しをしておられました。
その時の模様が面白かったんで暴露。

女の子:「我満さん、このデジカメ5秒間動画も撮れるんです。何か喋ってください」
我満さん:「いいよ」
女:「はいどうぞ!」
我:「あのねえ。。。。スキーショップというのはね、スキーの道具を買いに来るところで
   写真を撮るところじゃないんだよ(笑)」
その場に居た店員&私たち:「わはははははは!我満さん、サイコー!!!」
女:「も〜〜、イジワルしないでくださいよ!!」
我:「わかったわかった(笑)。今度はちゃんというよ」
女:「はいどうぞ!」
我:「あのねえ、スキー。。。。。」
その場に居た店員&私たち:「(また何か面白いことを言ってくれるのかとワクワク!)」
我:「。。。(スキー)は楽しんでやりましょう!!」
面白い人だ。

とりあえずタイミングを見計らいお店のカメラで(←自分のカメラを持っていったにもかかわらずフイルムを買い忘れた)
写真を一緒に撮って貰うようお願いすると、
紺ちゃん(←元 デモンストレーターの紺野さん。時々タナベスポーツに出没しお店を手伝って?いる)が
「柏木はいいの?呼んで来てやろうか?」と言って下さったので「お願いしま〜す」
お会いして驚いたのですが我満さんも柏木さんも小柄なんです。
でもビデオで見ていると大きく見え、迫力ある滑りなんですよね。
おまけに柏木さんは技術選で2連覇されたスゴイ人なんですよ。
しかしニコニコしてておとなしい方でした。(ただ単に地が出ていなかっただけ?)
私がお店の商品(←購入する気ナシ)のインラインを履いて店内を滑っていると、我満さんに
「なんだなんだ、光ゲンジがいるよ」と言われ「あのお〜、一応オンナなんですけど。。。。」
そこから我満さんと少しお話をさせていただきました。

10月に京都でインラインスケート講習をされるらしく、「行きたい!!」というと
「詳しくはHPで告知するよ」と言われたのですが「今、ウイルスの関係でインターネットを開けられない」と伝えると
「じゃあ、タナベさんに連絡してわかるようにしておくよ」と言ってくださりました。いい人だ〜。
お話しの中で我満さんは「もっともっと色んな人にスキーの楽しさというのを伝えたいんだよね」と言っておられました。
そうですよね。もっとスキーヤーが増えて欲しいですよね。
我満さん、柏木さん、もっといろいろとお話しをお伺いしたかったです。早くに行っておけばよかった。ザンネン。。。。
そうそう我満さんもチューブの「虹になりたい」をカラオケで歌われるそうです。
やはりデモはチューブがお好き?!

9月29日
朝から私は大忙しでした。
「ちゅらさん」の最終回を見終わってから、お風呂に入り、顔パック、髪をブロー、念入りに化粧、服選び、
粟野さんへの手土産の『みっくちゅじゅーちゅ』(←最近、私の周りではブーム)購入etc。。。。
ももちゃん、ごめんね。30分も遅刻して。それもこれも粟野さんに会うため!乙女心ということで許してやってくだされ。
毎度おなじみのタナベスポーツへは11:00すぎに到着。
前もって店長に粟野さん入りの時間を確認するという念のいれよう。
ぬかりはないハズ。でも朝にみた粟野さんのHPには「タナベスポーツには日曜日」って書いてあったので少々不安。。。
「おはようございます。(店内を見まわし)あれっ?粟野さんは??」
「ああ、ごめんね。粟野さんは急に予定が変って2時から来るんだよ」
「2時〜〜〜!?仕方ない、また出なおします。。。。」
「今、征吾くんと聖佳ちゃんのセミナーをやってるから行って来れば?途中から入っても大丈夫だよ」といわれ会場へ。

ちょうど征吾くんがホワイトボードを使って説明している所でした。
やはり征吾くん、スキーのことを語るときは熱いです。
机やイスの上に立ち、動きを説明してくれ、とてもわかりやすかったです。
おまけに声がいい!!よく通る声だし、好きな声です。
次に聖佳ちゃん。同じくイスの上に立ち、自分の言葉でわかりやすいように説明してくれます。
その姿をみて「あれ?」
技術選の時のビデオを見ていると男性的な滑りのイメージがあったのですが、華奢でめっちゃ小柄なんです。
そして肩がやや撫で肩気味。。。。。ももちゃんと同じような体型?でもあの滑り??
ももちゃん、撫で肩は関係なさそうだよ(笑)。
彼女も同じ事を思ったのか、急にカバンをガサガサしだしてペンを探し、熱心にメモを取っておりました。

セミナー終了間際に店長が「竹田征吾さん、嶺村聖佳さんとそしてもうひとかた、
本日お店でみなさんにいろいろとアドバイスしてくださるかたをご紹介いたします。粟野 利信さんです」
「粟野です。ゴールドウインの説明ならできると思います(笑)」
「きゃあ〜、粟ちゃん!!」と私は心の中で叫んでおりました。
退場するときに私の横を通られたので「粟野さん〜」と小声で手を振ると
「ああ!!メール読んだよ。でもゴメン、返事かいてないや(笑)」と言われ
「よかったあ〜!覚えていてくれたんだ」と猛烈に感動!
というのも私は5月に粟野さんにお会いしてから『粟ちゃんフィーバー状態』となり、
その間、粟野さんに会いに行く夢を3回みたのです。
そのうちの2回の夢で「粟野さん、私の事をおぼえてますか?」という問いに
「誰??おぼえてないなあ」と言われ『ガーーーーーン』。
その夢に追い討ちをかけるように先週タナベの店長から
「そんなん、お前のことなんて覚えているわけないやろ!もし『覚えてる』って言ったとしてもあいつらも営業やからなあ。
『ああ〜、あの時の!』って上手く口裏あわしてくれているだけや」と言われ
「そーなのかなあ。。。。」とこの瞬間までかなりドキドキしていたのでした。
しかし!!しかししかし!!!覚えてくれていたのです。
意気揚揚と店長の所に行き「ほらっ!やっぱり覚えてくれていたじゃないですか!!」というと
「オレが昨日、打ち合わせしておいてやったんや。」
いいえ、違います!覚えてくれていたんです!!

セミナー終了後、会場にお店の方が用意したコーラを飲もうとしている粟野さんに
「これね、私のまわりでブ−ムの飲み物なんです。飲んでください」と『みっくちゅじゅーちゅ』をさしだし、
ムリヤリ飲ませてしまいました。
お味はどうだったんでしょうか??
お店に戻った粟野さんにはついていかず、聖佳ちゃんの所に行き質問攻めしてしまいました。
もちろん男性スキーヤ―のお話もめちゃくちゃ参考になるのですが、男性と女性とでは骨格や体型の違いがあるので、
女性スキーヤーの意見というのはヨリ細かい部分で参考になることが多いんです。
ももちゃんは真剣です。もちろん私も真剣です。
会場からお店まで戻る道のりでも、お店の前でも、ずーっと質問ししつづけ、
それに聖佳ちゃんはわかりやすく説明してくれました。そしていろいろとアドバイスしてくださいました。
勉強になりました。ありがとうございました。
店の前で聖佳ちゃんに質問していると粟野さんが「メシに行ってくるね」と私に声をかけて行っちゃっいました。
「行ってらっしゃ〜い」と見送り、その後も場所を店内に移し、聖佳ちゃんにあれやこれやと質問しつづけ、
次に水上スキーの話しで盛り上がっていた征吾くんに「こんにちは」と声をかけると
「あっ、こんにちは」と覚えてくれているような雰囲気?!

きんこ:「あれ?もしかして私のこと覚えてくれていたんですか?」
征吾:「もちろん覚えてますよ。雨の日に4人で来てくれたんですよね?」
き:「うん。あの時のことはHPにのせたんですよ。そうそう元義さんがHPにあの時の写真のせてくれたんですよ」
征:「あっ、ききました」
き:「でもうちのほうには征吾くんの写真のってないんですよ」
征:「えっ、そーなんですか?さみしーっすね」
き:「ゴメンネ、なんだかうまく写真がとれてなかったの。。。次回は載せられるように一緒に写真撮って下さい」

征吾くんには「グラインド」というものをちょこっと教えてもらいました。
そうこうしている内に粟野さん発見!!やっぱり外でタバコを吸っていました(笑)。
「おかえりなさ〜〜〜い」と寄っていき、今シーズンのスキーキャンプの事や今後のスキー予定の話し、お互いの
夏休み旅行の話、はたまた世界情勢などなど世間話しを独占状態で1時間ばかりお話しさせていただきました。
そうそうHPでタナベに来られる日程間違いのことを言うと「そ〜なんだよ、また謝らなくっちゃねえ・・・」
そして先日発売されたビデオとももちゃんたちに誕生プレゼントでもらったビデオにサインしていただきました。
プレゼントでもらったほうには「HAPPY BIRTHDAY TO KINKO」と書いていただくようお願いし書いていただきました。
自分でも「折角のチャンスなのにもったいないなかったかなあ」と思ったのですが、
粟野さんにスキー技術に関する質問ができませんでした(涙)。
超がつくほど苦手な小回りの事とかアドバイスしてもらいたい。。。とおもったのですが、
実際の滑りを見てもらってアドバイスしていただきたいなどというズウズウしい考えを起こし、
今日はスキー雑誌には載らないようないろいろなお話を聞かせていただきました。よかったです。

ここで突然ですが、〜粟野さんのストックの長さ選び講座〜
ドンドンドン、パフパフパフ

きんこ:「粟野さん、ストックの長さってこんなもんですか?」
粟野:「ストック持って立ってみて。それで膝を曲げて構えて。。。うん、長さはいいよ。
    みんな、ストックが長過ぎるんだよね。つっ立ったままストックを選ぶから長くなっちゃうんだよ。
    構えたときにちょうどいい長さがいいんだよ」

私が持っているのは110センチでしたが、粟野さんに選んでもらったのは100センチでした。
ちなみに粟野さんは身長175センチぐらいで110センチのストックを使われているそうです。
うふっ、どさくさ紛れにストック(の長さ)を選んでもらっちゃった(笑)。これで1級合格かあ?!がんばりま〜す!!

そうこうしている間に今週も4時間ほど長居をしてしまったのでご挨拶をしてそろそろ帰ることに。
粟野さんには「次回はゲレンデでお会いできるのを楽しみにしています!絶対会いに行きますからね!」
粟:「うん、まってるよ〜」
征吾くんには「今度スキー教えてくださいね!」
征:「ええ、もちろんです」
聖佳ちゃんには「今年技選を見に行きます。がんばってくださいね」
聖:「はい、がんばります。あっ、合宿とか来てくださいね!(←う〜、かわいい!!!)」

先週もそうだったのですが、こういうご時勢の為かお店への客足が少なかったのです。
ホントならもっと客足があるんですけどね。
この秋、関西でこんなにすばらしいスキーヤーばかりを呼んでセミナーをしてくれたのはタナベさんだけでした(多分)。
宣伝するわけではないのですが、スキーをする者としてこういうお店って大事にしていきたいなあと思います。

最後にタナベスポーツさん、ホントに私の為に粟野さんを呼んでくれてありがとうございました(爆)。
感謝・感謝です。
今回の写真はこちら


←前へ         次へ→