きんこちゃんのミーハー日記

←戻る         次へ→

記入日2001/06/19 11:57
第1回粟野 利信さんに会いました

第1回目は基礎スキー界のスーパースター「粟野 利信」さんです。

6月16日

粟野さんのHPで見つけた、某スキーショップ主催”粟野デモファンの集い IN OSAKA”というのに
越前後屋さん、ももちゃん、馬センパイと一緒に参加して来ました。

そのスキーショップは馴染みの無いところだし、粟野デモとも今回はじめてお会いするので
「スミの方でおとなしくしていよう」と思っておりました。
粟野デモの事は、あるスキービデオを見てから「めっちゃ、おもしろい!!しかも男前!!」と
親しみを感じておりましたので「機会があれば会いたいなあ」と思っておりました。
そしてネット販売していたスキーレッスンCD−ROMを買い、会社で休日出勤した時は
いつも画面に向かって一人ツッコミを入れながら見ておりました。

お店には時間より少し早めに行ったつもりだったのですが、粟野デモをはじめ半分以上の人はこられていました。
某コーヒーショップで優雅にアイスコーヒーを飲んでおられる、馬センパイに「早よ来んかい!」と
電話しようとしたのですが、留守電につながったので切った所、「ヒヒ〜ン」と現れて来ました。
笑えることに私たち3人の席は粟野デモと違うテーブルで対角線で、ホントにスミでした(笑)。
でも背中を向けている訳ではなかったのでラッキーでした。
馬センパイも私たちと同じテーブルだったのですが、粟野デモには背中をむける席でした。
ほっほっほ、こういう所で日ごろの行いの差がでますよね(笑)

ショップのKさんの挨拶、粟野さんの挨拶、三井物産の方のカンパイがあり、飲み物や料理がやってきました。
「一緒に写真を撮ってサインをしてもらえれば満足」と思っておりましたので、
私たちは食い気に走っておりました(爆)。
やがてお腹も落ちついたのでレッスンROMを持って「サインをお願いします」と行くと、
デモの横に座っておられた三井物産の方が「まあまあ、隣りに座ってください」と言って
立ちあがって席を譲ってくださいました。
立たせるのは申し訳無かったので遠慮したのですが、何度も言って下さるので座らせていただき、
ROMにサインをしていただいて、そして粟野さんと少し雑談させていただきました。
ふと後ろを振りかえりながら必死で粟野さんを見ていた馬センパイと目があい「ミーハー!!」と笑えましたが、
私も人のことは笑えないですね。
でも馬センパイは隣りに座っていた私のことがうらやましかったハズ。

やがて粟野デモとショップ提供のプレゼント抽選会がはじまり、粟野デモはサインに忙しくなったので、
私に席を譲ってくださった物産の方と来来週にある展示会の事について話ししておりました。
先日、「大盛デモの大阪でのスケジュールが大阪市内販売店となっているのですが具体的に
どこにいかれるのか教えてください」と物産に電話したことを告げると
「本社から問い合わせが入ったのはあなたの電話があったからなんですね」と言われ
「今後とも粟野も大盛もよろしくお願い致します」とお願いされてしまいました。
私は単なるミーハーなだけでクラブに所属している訳でもないし、ショップの人間でもないし、
何のからも力もございません。。。。

そうこうしていると抽選会で何かをゲットした馬センパイが「サインをお願いします。バフバフ」とやってきたので
「名前は『馬さんへ』と書いてください」とすかさず言うと、
「ブルルルルル・・・。バフバフ」と怒られ、前足で蹴られそうになりました。
粟野デモはちゃんと本名で書いていらっしゃいました。
『馬さん』で充分なんですよ!!
えっちーやももちゃんもやってきたので、私の持ってきたチェキ(ポラロイドカメラ)で
ひとりずつ一緒に写真を撮り、それに「『めざせ、1級合格』と書いてください」とお願いすると
私のには『オメデトー、1級』と書いてくださり、「オレと握手するといいことあるよ」と言って握手してくださいました。

出来あがった写真をみると「おお〜、私ってばキレイに写ってる!!」と思える出来!
どうやら私って男前と一緒に撮る時は、めちゃくちゃイイ顔で写真に写るようです(爆)。
えっちーは写真にサインをしてもらい満足していたようで、逆に粟野デモから「はい」と
握手を求められてから手をさしだしていたのを私は見逃しませんでした。
そういや、えっちーってば渡辺 三郎さんの時も三郎さん自ら手をさしだされてたよな?
実はえっちーって大物??

粟野デモはそれからもいろいろな人と写真を撮ったり、サインをしたりされてました。
ふとデモの飲んでいたコップをみるとお酒が全然減ってません。
次から次ぎへと人が来るので飲んでるヒマもないんでしょう。スミマセン。。。。
オレゴンから帰ってきたばかりで、今日も名古屋での展示会を終えてからお店に直行されているので、
かなりお疲れのハズ。。。
少々目はトロンとしてて眠そうでしたが、ニコニコしている粟野デモってばスゴイ!
私は大盛デモ、白河デモに引き続き、粟野デモの人間性に惚れてしまいましたね。
いい人です!!!
6月が粟野デモのお誕生日だということだったので、タイで買ってきた赤いタイシルクの
ゾウさん柄パンツをプレゼントしたところ、「こういう柄が欲しかったんだよ(笑)」と喜んで(?)くださり、
社交辞令でも嬉しかったです。

自分の席に戻って、デザートを食べていると、「こっちの席の人と話ししてないから・・」と
粟野デモが移動されてきました。
でも空き席がなかったので「馬センパイ、あっちへ行って下さいよ!」と言うと、
馬センパイからこわい目で睨まれてしまいました(涙)。

やがて楽しかった会も終了。。。。。
店の外で集合写真を撮ることになったのですが、アレッ?馬センパイの姿が見えません。
心優しい私は馬センパイの携帯に電話をいれ「今、どこですか?みんなで写真をとりますよ。早くきてください」と
いうと「もう駅です(涙)。。。」
「えっ、誰か帰っちゃったの?」と粟野さんに聞かれたので「馬がフライングしたようです」と言うと笑ってました。

ショップのKさんが「粟野に何でも言いや!」と言われたので半分冗談で
「明日、ゴールドウインの展示会に行くので、一緒にお茶してくださいませんか?」というと、
「いいですよ」といわれビックリ!
ホンマにええんですか???
会がはじまる前は「スミの方でおとなしく・・・」と思っていたのに、フタを開けてみればめっちゃ喋ってました。
しかも緊張することもなく、めっちゃ素で話し、ツッコミいれてました(笑)
あれ??

6月17日

昼過ぎからゴールドウインの展示会に越前後屋さんと行きました。
しかし会場に粟野さんの姿はナシ。
スタッフの人が来たので「粟野さんは食事ですか?」と尋ねると
「そうです。でももうすぐ戻ってきますので、写真とるなり、サインもしてもらうなり、さわるなり
何でもしてくれていいですよ」と言われたので
「あっ、もう写真もサインも持ってます。昨日、一緒に飲んでいたんで。。。。」と言うと
「もしかして粟野の追っかけ?東京のかた?」と言われました。
「いえいえ、関西の人間です」と言い、「大盛デモはこられてないんですか?」と聞くと「今回は来てないんですよ」と
言われたので「来年は粟野さんと一緒に大盛さんも呼んでくださいね」とお願いしておきました(笑)。

アンケートに答えると抽選で1名にウエアーがあたるというので、二人でアンケートを記入。
えっちーが趣味欄に「異性」とあるのに気がつき「これって笑える。きんこ「マル」しといたら」と言い、
危うくチェックされるところでした。油断もスキも無い!

粟野さんのトークコーナーまでまだ時間があったので、お昼を食べに外へでると粟野デモと遭遇。
先に「昨日はおつかれさま。今からお昼にいくの?」と声をかけられてしまいました。
こんなに地味で目立たない(?)私なのに覚えられていたんですね(爆)
トークコーナーまでには絶対戻ります。
ランチをすませ、会場に向かうと、外で一服している粟野デモを発見!
「あ〜、さぼってる〜〜〜!!!」と二人して言うと「まだ時間があるので一服してるんです!」
会場の外でいろいろと雑談してくださいました。
しかし昨日あったばっかりの人なのに、スッカリなついている自分に驚きました。
何か同じニオイがしたんですかね(爆)。

トークショーが終った後は新作ウエアーを着せてもらいました。
デジカメで写真を撮ってくれるというので「粟野さんと撮りたい!」と頼み、一緒に撮ってもらいました。
写真が出来あがり「はい!」と粟野さんに写真をさしだすとサインしてくださいました。
すっかり態度がでかくなってスミマセン。。。

「昨日、パンツありがとね」と言われたので、「サイズが解らなかったので『大は小をかねる』かと思い、
大きめのサイズにしちゃったんだけど大丈夫です?」と聞くと、
「今日、さっそく履いてるんだ(笑)。なかなか肌触りもいいし、夏向けのパンツだよ」と言ってくださったので、
「そんなこと嬉しいこと言われたらまた買ってきちゃいますよ!」と心の中で思っておりました(爆)。

粟野さんが校長をされている、「JANGLE JUNGLEスキー場」の話しやキャンプの話しなどなど、
話しは尽きないのですがいつまでも二人占めできません。
皆、粟野デモとお話したいし写真も撮りたいんですもの。
「次回はスキー場でお会いしたいです。その時はよろしくお願いします」と言ってお別れしました。
ホントにまたお会いしたいです。

さて、私と同じニオイ(?)のした男前だけどちょ〜っと訛っている粟野さんに興味をもたれた方!


今回の写真はこちら


←戻る         次へ→