ニューヨークで考えた
−ニューヨークのテロとその後−

世界に暮らす > ニューヨークTOP

序章

 このコーナーの文章は、2001年9月11日にニューヨークで起こったテロからしばらくたってから、テロ当日及びその直後のニューヨークで見たこと、思ったことをつづったものです。当初単行本の原稿として用意していましたが、アメリカによるアフガニスタン攻撃の開始、タリバン政権の崩壊、アフガニスタン新政権の樹立、各国の支援の開始などなど、時の流れは筆者が文章を書く速度よりはるかに速く、一冊分の原稿ができたころには、既に状況に合わなくなってしまっていました。

 それでもせっかく書いたのだからと、ホームページに加筆して掲載することにしました。この間日本とニューヨークを往復し、さらにアフリカに赴任してきてしまった筆者には、なかなか十分な時間がとれず、インターネットへの掲載は、執筆を開始してから半年近く遅れてしまいました。内容も陳腐化している点もありますが、テロ直後のことを思い出しながらお読みください。

 筆者の考えに賛否両論あることと思います。現在の筆者には初めての土地、なれないフランス語と格闘しており、忙しくてこの文章を公開にこぎつけるのが精一杯です。意見を寄せられてもお答えしたり、内容に反映させたりができませんのでご了承ください。

 このホームページを立ち上げているのは、アメリカのイラク攻撃があるかどうか、という時。バランスの取れた視点を持つということは、ますます困難になってきているように思います。

ニューヨークで考えた
本の紹介
序章
情景
2001年9月11日
パレスチナからのメッセージ
街角の風景
コミュニティーの英雄
星条旗と愛国心
子どもたちのこと
生きていくものたちのために
ボランティアよりプロ
攻撃開始
賛否両論
当事者意識
テロの標的はアメリカ?
礼を失する
アメリカ政府へのメッセージ
賛同する人集まれ!
攻撃を支持する意見
平和ボケ
揺らぎ
巨大技術の危険
私たちの無知
冷静ではいけない?
マスメディア
世論調査?世論操作?
デマ
民主主義制度の非民主性
口封じ?
大統領の決断
新しい世紀に
議論のはじまり
学び
マスではなく個を
悲しみの共有・不安の共有
命のおもみ
市民は無力か?
市民にできること
リンク
海外居住者のための便利帖
世界を旅する 世界に暮らす

ニューヨークのホテル予約

アメリカのホテル予約