TOPへ  気になるゲーム情報2004 気になるゲーム情報2005
気になるゲーム情報
12月25日

■クリスマスプレゼント

昨日12月24日の朝、ベッドから起きようとしたところ
「ガツッ!」と何か硬い物に腕を強打。
イッテー・・・こんな所に物を置くなよとイラっとし、
寝ぼけまなこでそれに目を向けたところ、






う、うわー。360本体!
サンタさんからのクリスマスプレゼントだー。わーい!と、
すぐに飛び起きてキッチンに急行。
既に起床し朝食を作っていた嫁サンタにお礼を言う。
当初5千円でお互いにプレゼントをするという話をしていただけに
本当に予想外なプレゼントでぶったまげた。

嫁へのお返しのプレゼントはT-FALの圧力鍋がいいとのこと。
調べてみたところ1万5千円ぐらいするがXBOX360に比べたら安いものだ。

という事で思いもよらぬタイミングで360本体をゲットした。
俺が360を欲しいのを見抜いていたとはねぇ。PS3でもなくWiiでもなく。
しかもコアシステムではなく通常版の本体なところがやるねぇ。さすが俺の嫁。

早速ソフトを買ってこないと!






12月21日

■GDEX福袋


NTZさんの遊戯電線にてGDEXで福袋のセールをやってるとの情報が!
それじゃあ俺もいったるぜ!といった感じで『GBA福袋5本パック』(4980円)を注文してみた。
そしたら注文完了した翌日には品切れになってたりでギリギリセーフ。
すぐに入金も済ませ、まだかまだかと待ちわびていたところ本日ついに荷物が到着。





おお、来た来た。GBA5本にしてはずいぶん大き目の箱だ。
ドキドキしながら早速箱を開封。








■NAMCO MUSEUM 50th anniversary

■SPLINTERCELL pandora tomorrow

■SHAMAN KING master of spirits2

■FIRE EMBLEM the sacred stones

■リズム天国


や、やべぇ。めちゃめちゃ良いものが入ってるじゃん・・・。

『スプセル』と『シャーマンキング』は素で欲しかったソフトなので本当に嬉しすぎ。
『ナムコミュージアム』は「パックマン」、「ミズパックマン」、「ギャラガ」、「ディグダグ」、「ラリーX」が
収録されているんだけど、ラリーX以外の作品は縦画面モードがあったりでなかなか良さげ。
『リズム天国』は所持してるソフトだけど俺の中で今年No.1のソフトだから全然OK。誰かとトレードでもするよ。
つうか国内版のソフトも対象なのね、この福袋。全然知らなかった。
唯一『ファイアーエムブレム』がハズレっぽい感じだけどこれだけ豪華な内容なんでまあ気にしない。

いやはや、これだけ良い物が詰まってるとは予想だにしなかった。恐るべし福袋。
情報を教えてくれたNTZさんに本当に感謝・・・と言うよりもなんつーかその、ほんとすみません(汗






12月14日

■海外GBC『 リターン・オブ・ザ・ニンジャ 』

以前から探していたナツメ開発の海外GBCソフト『リターン・オブ・ザ・ニンジャ』をebayにて落札。
もちろん今回もe.T.cに入札を依頼。
この『リターン・オブ・ザ・ニンジャ』、結構前から米のebayで探していたんだけど
なかなか完品が出品されないので欧州のebayもチェックするようになってようやく見つける事が出来た。
そして今回落札した『リターン・オブ・ザ・ニンジャ』はなんとドイツからのお取り寄せとなった。
日本の会社が作った日本を舞台にした忍者のゲームをわざわざ苦労して
ドイツから取り寄せることになるとは・・・。
まあ、ともあれ落札後6日で品物が到着。そしていざ開封。



海外GBCソフト

■リターン・オブ・ザ・ニンジャ


お!ドイツから来ただけに心なしかビールとソーセージの匂いが(偏見)。
説明書はどうせ読めないので無視して早速プレイ開始。
まずはキャラ選択。
キャラはTSUKIKAGE(忍者/攻撃力重視)とSAYURI(クノイチ/機動力重視)から選択可能。
キャラのアクションは移動、ジャンプ、刀による攻撃以外にも
バック転や飛び込み攻撃、手裏剣、術などと多彩。
1面クリア後はステージを自分で選択する事ができるのがいかにもナツメっぽい。
各ステージは背景に寺や竹林、仏像などが使われており和風で統一されている。
敵キャラも忍者や侍、虚無僧、カラスなどといったキャラが行く手を阻む。




プレイヤーキャラはライフ制で残機なしの硬派仕様。
ステージのトラップや敵の配置を覚えておかなければすぐに体力を奪われてGAMEOVERだ。
死ぬとステージ選択画面からやり直しになるんだけどこれがなかなかキビしい。

で、途中まで進めてみたんだが純粋なアクションではなく探索要素も少し入っている。
そのせいか、同じくナツメ開発のGB『忍者龍剣伝GB 摩天楼決戦』のような
駆け抜けるようなスピード感もなく、展開にめりはりがない印象。
各ステージの作りや敵の配置もナツメアクションにしてはちょっと雑な感じがした。
でもまだ序盤しか遊んでいないので後半の盛り上がりに期待したい。
また当時のブームだったのか、取ってつけたようなカードの収集要素も作風に合っておらず空振り感が強い。
本体同士を通信ケーブルで繋げばカードのトレードも出来るみたいだけどやる人は少なそう。

感想としては、ナツメ好きゲーマーのコレクションとしては良いかもしれないが
ナツメアクションとしては正直微妙な出来だ。触った感じも名古屋事業所の作品ではないっぽい感じ。
とは言ってもちょっと期待しすぎていたせいもあって悪いところばかり書いてしまっただけで、
変なアクションゲームよりは全然遊べるので海外GBCアクションの佳作といったところか。





■その他

・会社帰りの電車の中だけで進めていた海外GBA『Scurge:Hive』をやっとクリア。
 ラスボスでかなり苦戦したなぁ・・・。あと後半の広いMAPや敵の多さにはウンざりだったけどまあ楽しめた。

・GBAの時代が終わるらしい。確かにゲーム屋のGBAの売り場スペースも狭くなってきたので
 気になる作品は早めに押さえておこうと思う。もちろん海外GBAソフトも同様に。





11月25日

■妙に濃いセット

ヤフオクで以下のソフトのセットを一万円で落札したんだけど
ちょっと高かったかねぇ?



■RBI BASEBALL 3(NES/完品)
■WORLD WRESTLING(NES/完品)
■WWF WRESTLE MANIA(NES/完品)
■NARC(NES/完品)
■ランパート(完品)
■クインティ(箱付き)
■ゲバラ(完品)
■NESコンバータ(裸)
■ボールブレイザー(裸)


FC『ゲバラ』は以前から欲しかったんだけどなかなか入手出来ずにいたソフト。
完品美品なんだけど相場はいくらぐらいなんだろうか?
オマケで入っている『サスケvsコマンダー』も遊んでみるとしよう。

NESソフトの『NARC』もいずれ買おうと思っていたソフト。こちらも美品。
ピストル(連射重視)とショットガン(威力重視)の使い分けが重要な横スクロールアクション。
ショットガンを撃つと敵の体がバラバラに粉砕して飛び散ったり、
車で敵を轢き殺したりといった内容がファミコンらしからぬ作品。
でも単に過激なだけでなく敵を倒さずにBUST(逮捕)する事で
ボーナス点をゲットできたりとちゃんと考えられている。

あとはハニービー製のNESコンバータも貴重。
スケベイスみたいな下品なラメ入りゴールドが眩しい一品。

その他のソフトは、どうでもいいNESソフトが3本と
ボールブレイザー(裸)、クインティ(説なし)、ランパート(完品)といった内容。

ちょっと値は張ったが俺的には大満足な内容かなと。





■その他

・PS『サイレントボマー』の公式サイトがリニューアル更新。(遊戯電線さんより)
 ボマーファンは開発スタッフ対談を読むべし。サントラの生産数が500枚とは知らなかったなぁ。

・バッファローから発売されているファミコン風パッドが欲しい。連射ボタンやLRボタンもあって便利そう。

・DC最期のソフト『LAST HOPE』を買うかどうか悩む。動画見たけどやたらムズそうなんだよな。

ゲーム検定は69点。偏ってるけどまあまあの点数が取れた。あ、偏ってるっていうのはもちろん俺の事ね。





11月19日

■PSP『Xyanide Resurrection』

PSP『Xyanide Resurrection』のムービーが公開。(PSP GadgetZさん経由)

ムムッ?PSP版はXBOX版よりも自機の表示がやたら大きいね。
それにXBOX版は全方位STGなのに対し、PSP版は照準を動かすタイプの3DSTGになっている。

グラフィックも綺麗だし今までPSPにないジャンルだし
これはちょっと期待しちゃうな。来年初頭に発売予定らしい。

あと、GBA版も遊んでみたかったんだけど発売中止みたいで残念。




■その他

・11月22日発売のDS『ボクらの太陽 Django&Sabata』のミニゲームで入っている
 「棺桶シューティング」がなんか斬新。移動と攻撃をタッチペンで操作するから忙しそうだけど。

・海外DS『Elite Beat Agents』はハードをクリアして「EBD」が出現。
 『応援団』のチアガールと同様でマーカーが小さめなだけでハードよりは簡単かも。

・海外GBA『Scurge:Hive』はレベル36でステージ5を攻略中。
 敵の属性に合わせてショットを使い分けるのが重要。属性を間違えると敵が強化してしまうから注意。
 そういえばゲハリに1000円安くなって3980円で再入荷してたけどすぐ売り切れてたね。





11月8日

■ソフト購入



左:
GBA『Scurge:Hive』

右:
DS『Elite Beat Agents』


なかなかショップに入荷されないので海外GBA『Scurge:Hive』をヤフオクで即決。
早速遊んでるけど描き込まれたドットグラフィックがいいね。ワイヤーを使ったアクションも面白い。(IGNのレビュー

海外DS『Elite Beat Agents』は新宿ソフマップで購入。
以前、XBO360の海外版『デッドライジング』を入荷していたので『Elite Beat Agents』も
入荷するだろうなと予想してたけど思ったより早くて驚いた。値段も4980円と良心的。(IGNのレビュー

よーし、これからガッツリ楽しむぞ。




■頂き物

もてたくて・・・」のまっはさんから荷物が送られてきた。




なんでも部屋のスペースを確保する為にいらないソフトを処分する必要があり、
貰ってくれる人を探しているとの事で有り難く頂戴した次第。

でもblogでまっはさんが、
「いま処分に困っている物の例 ゲーム編:
 サターン用バーチャロンスティック、64用電車でGOコントローラー、つりコン64」
なんて書いてたので、そんなもん届いたらどうしようかと少々心配していたのだが
実際には色々と良い物が詰まっていてニンマリ。


■PSとかFCとか

SS『新忍伝』はダブリだけどそれ以外は未所持。
まっはさん、ナイスチョイス!
いずれ買おうと思っていたPS2『金八先生』が嬉しい。
SS『ガングリフォンU』やSS『ブレインデッド13』も
遊んでみたかったので丁度良かった。
北米版PS『攻殻機動隊』はパッケージデザインが
国内版と違ってるのがいいね。
隙間を埋めるようにに詰められていたファミコンソフトは
一生買うことがなさそうな物もあったりで
一体どんな内容なのかと逆にワクワクする。


写真に写っていないSS『料理の鉄人』と『信長の野望・天翔記』はケースだけ使わせてもらいます(笑
■NESと海外GB

『ゴーストバスターズU』はHAL研製の国内版とは内容が
全く違う別物で驚き。
『スカル&クロスボーン』はTENGENの横スクアクション。いい味出している。
『オフロード』は画面見下ろしのレースゲーム。このチマチマ感は非常に好み。でもやたらムズい。

『スターウォーズ』は完品ダブりなのでまっはさんの了承を得てから誰か知り合いに譲るとしよう。
■海外N64

『バトルタンクス』は4人対戦可能な戦車ゲーム。建物が派手にぶっ壊れるのがいいね!気に入った。
『ランボルギーニ』も4人対戦可能なレースゲーム。グラフィックが結構頑張っている。
『メイス・ザ・ダークエイジ』は武器格闘ゲーム。裸ROMを持っているんだけど完品で入手できて嬉しい。海外N64好きには有名な良作でフェイタリティが凄いらしい。


いやー、良い物をたくさん頂いてしまった。
特に海外物は国内では入手しにくいので嬉しい限り。
お礼は何が良いんだろうか?確かまっはさんはあと数本でGBAのソフトがコンプらしいので
所持していないソフトでも探してみようかな。

自分以外にもNTZさんも色々と良い物を貰ったようで
まっはさん、あんたどんだけ太っ腹なんだと(笑

とにかく今回は本当に有難うございました。




10月29日

■PSP『サイレントボマー ポータブル』?

何!?PSPでサイレントボマーが遊べるだと。NTZさんの遊戯電線の記事で知る。
PS3のネットワークシステム(XBOXのパクり)でソフトをダウンロードし、
それをPSPに転送して遊べる用になるっていうのか。
しかも毎月10本づつ追加されるとの事。て、嘘臭いなー。10本って。
Xbox Live Arcadeのグダグダの更新までパクりそうな予感。

話を戻すけど、それにしても第一弾のラインナップに「サイレントボマー」ですか。何で?
メジャータイトルが並ぶ中、明らかに1つだけ浮いてる気がする。
いや、実際俺も好きだしPSPで遊びたいけど他に何かあるだろうにと。
バイダイナムコだったら「風のクロノア」とか万人ウケするし良さそうなのに。
これは妄想だけど、旧バンダイ側から何かソフトを放出することになったんだけど、
ガンダムやらアニメ関連は版権の問題で扱いにくい。で、何かないかと探したところ、
PSオリジナル作品でゲーマーからの評価も高い「サイレントボマー」が選ばれた。
なんて読みはどうだろうか。その流れで「テイルコンチェルト」も今後のラインナップに加わりそう。

このPS「サイレントボマー」、今でこそゲーマーの間では有名な作品だけど、
発売当時は全然注目されていなかったんだよな。
それを象徴してるのが下の写真。



■店頭宣伝用POP看板

■PSソフト「サイレントボマー」未開封

■サイレントボマー オリジナルサウンドトラック

■PS必勝法スペシャル サイレントボマー攻略本(ケイブンシャ)



後ろに写ってるのが店頭で使うはずの宣伝用のPOP看板。試遊台とかに貼り付けたりするヤツ。
これが発売当時、近所のゲーム屋の「ご自由にお持ち帰りください。」の箱の中にポスターなどに混じって入っていた。
まあゲーム屋は他のソフトも扱うからそのへんの兼ね合いもあるんだろうけど、
まったく未使用ってのはどうにも酷い扱いだなと。

PS3経由でPSP使って色々とやるのもいいけど、気になった人はゲーム屋に行ってPS版を探した方が早いかも。
やすけりゃ500円ぐらいで売ってると思う。特にアクションゲーマーにオススメだぞ。
難易度は結構高め。特にラスボス直前とラスボスには泣かされるはず(笑



そういえばその「ゲームアーカイブス」、STGがないじゃない。PSPは縦持ちも一応出来ることだし
縦画面モード搭載のSTGをラインナップに加えてみるのも良いんじゃないかな。
あと「他フォーマットのゲームをダウンロードし・・・」なんて書いてあるんだけど
ワンダースワンのゲームとか配信したらどうだろうか。本体の縦持ち横持ちにも対応できるし。
ジャッジメントシルバーソードをPSPの明るい大画面で遊べるならPS3ごと買ってもいいよ。




■PS2用ワイヤレスコントローラ『 Surf Wave 』

昨年の11月にセガから発売された『Surf Wave』(PS2用ワイヤレスコントローラ)。
海外で評判の高い『Air style』を改良し更に完成度を高めたものだ。
コントローラーの形状は純正に近く、サラっとしたゴムの質感も相まって抜群に持ちやすい。
電池の持ち時間も1000時間と他の製品を圧倒的に凌ぐ性能で
これぞPS2用ワイヤレスコントローラの決定版だと期待していた。

ところが発売直後に連射機能が勝手にONになってしまう不具合が発覚。
ネット上でも噂になり、次々と不具合の報告が集まった。
販売店では交換ではなく返金での対応となり、
『Surf Wave』は発売数日で店頭から綺麗さっぱり全回収された。
まるで存在しなかったかのように・・・。
と言うのもセガロジスティクスはこの不具合に関して一切コメントを出さなかったから。
おいおい、期待してたのにその対応はないっしょ〜と、
裏切られたような思いをしたのが約一年前のこと・・・。(2005年11月23日のnewsを参照)

そんな事もう忘れかけてた先日、仕事帰りに某ショップに寄ったところ
なんとこの『Surf Wave』が店頭に並んでいるではないか!しかもきっちりと全色(3色)。
おおぉ!遂に不具合を直して再販かー!知らなかったなぁこんちくしょー!と興奮。
前回買ったのと同じブラックを手に取りさっそうとレジに向う。





・・・って、待て俺。レジ直前で急ブレーキ。これ本当に不具合対応版か?
確認が必要だと思いその日は購入せずに次の日に販売元のセガロジスティクスに問い合わせてみた。

NAM-5「店頭で商品を見掛けたんですが、不具合を修正したものを再販してますか?」
セガロジ「再販はしてないです。売っていたのはどこの店ですか?」
NAM-5「ソ●マ●プ●●店です。」
セガロジ「わかりました。」

結局再販はしていないとの事。残念。
売られているものは問屋から安く仕入れた物だろうか?不良品を売っているのだろうか?
まあいずれにせよ、店名を告げたしすぐに回収されるんだろうなと予想していたところ、
何日経っても『Surf Wave』は陳列されたまま。しかも目の前で買ってる人も目撃。

あと他の店舗(古●市●)でも同様に販売されているのを確認した。
これっていったいどうゆう事なんだろうか?
もう一度セガロジに問い合わせてみようかな。




その他

・PS3のロンチで出る『レジスタンス〜人類没落の日〜』はラチェットシリーズの
 インソムニアックゲームズ開発なのか。でもココ、初めてFPSを作るわけじゃないんだよね。
 チーム結成時に最初に作ったPSソフト「ディスラプター」がFPSだったりする。
 日本でも発売されてて今だと安く売ってると思うから是非お試しを。出来はいいぞ。

・何気なくネットサーフィン(死語)してたら開発中らしいDS用STGを発見。DS『Cerulean Dreams』。
 どうやらGBAで発売予定だったものをDSで作り直している様子。なんかダメオーラが漂っている。

・こちらは結構面白そうなDS用3Dシューティング。DS『Dead'n'Furious』。
 欧州で12月頃に発売予定らしい。『ザ・ハウスオブザデッド』シリーズ風でかなり期待。
 ブンブンと振り回している「バールのような物」がいいね。

・同人ゲーム『クレイジーパワーディスク・パーフェクト』が11月に発売決定。よし、覚えておこう。
 同梱のオマケゲーム『むぎのばくれつボンバー2』も派手なポンピングワールドみたいで良さげ。

・9/21に少し触れたXBOX『Xyanide』のPSP版が出るらしい。PSP『Xyanide Resurrection』。
 PSP版ならリージョンないから日本の本体でもそのまま遊べるな。操作性が気になるが楽しみだ。

・最近発売された海外GBA『X-Men: The Official Game』、『Justice League Heroes: The Flash』、
 『Disney's American Dragon』がWayForward開発か。チビキャラの動きが良いザ・フラッシュが気になるな。

・DS・GBA『Scurge:Hive』なんだけど一体いつ発売なのか、もう発売済みなのかよくわからん。
 海外ゲームサイトや海外ゲーム通販サイトでも発売日が違っていたりして情報が錯綜している。
 Scurge:Hiveの公式フォーラムでも「どこの店行っても売ってないよ!」と混乱気味。
 まあ、近々発売ってのには変わりないだろうからカオス館辺りに入荷されるのを気長に待つかね。
 IGNのレビューでもまずまずのスコアを獲得した事だし早く遊んでみたいな。





10月11日

■欧州DSソフト『 New Zealand Story Revolution 』

今月30日に欧州地域のみで発売予定のザ・ニュージーランドストーリーの続編、
DS『New Zealand Story Revolution』の出来はどうなんだろうか?

スクリーンショットを見た感じでは、グラフィックは良い感じ。
でもDSの下画面の必要性をあまり感じないような。
で、無理やり使わそうと釣りとかのミニゲームがあるっぽいんだけどさ、
そうゆうのほんといいから・・・。せめて魚のグラフィックをもうちょっとどうにかしろと。
あとシステム的に色々と追加要素があるみたい。
2段ジャンプ、弓の角度調整、追加武器などなど。(英語苦手だから間違ってたらゴメン)
もうちょっとしたら動画とかも出てくるだろうし、それを見て決めるのもいいかも。

最近は欧州版ソフトでもカオス館やゲームハリウッドに入荷される事が多いから普通に入荷されると思うんだけど、
気になる人は事前に問い合わせてみるのが確実かと。





10月9日

■DS『 Chronos Twin 』

以前はGBA用で開発が進んでいた『Chronos Twin』がDS用になって現在開発中。
ってのは8月20日のニュースで書いたんだけど、
その開発中のDS版の動画を海外サイトで発見。
早速動画を見たんだけど、やっぱりこのゲームの内容とDSの2画面は相性バッチリだな。
GBA版の時の二分割画面よりも、画面を広く使えるのが大きいね。
あと発売元のLexicon Entertainmentにはパッケージデザインもあった。

動画があったサイトによると発売時期は「Q1 2007」(2007年の1月〜3月)とあるので
来年の春までには遊べそうだ。う〜ん、楽しみ。

にしても前回も書いたんだけど、DSの上下の画面を交互に素早く何度も見る必要があるから
激しく眼球が疲れそうな予感。しかも頭がこんがらがりそうな内容だし。
よし、今から動画を繰り返し見て、目と頭を慣らしておくぞ。




■DS・GBA『 Scurge:Hive 』

こちらも以前から気になっていたのに発売延期で長らく待たされた作品。
いろいろな海外サイトで今月の24日に発売予定になっているけど本当に出るのかね?
販売元のSouthpeakGamesは確かに24日発売になってるけど、
開発元のOrbitalMediaのHPが全く更新されていないのが不安だ。

あと、もし無事に今月の24日に発売されたとしたらGBA版DS版のどっちを買うか迷う。
やっぱりGBA好きとしてはGBA版を買おうかな。DS版で変にタッチペンとか使わされるのも嫌だしね。
それに無いとは思うけど、もし日本版が出るとしたらDS版だけでGBA版は発売されないだろうし。
最近だと「レゴスターウォーズ2」とかみたいに。





10月7日

■じえんりゅう Z

GBA用縦シューティング『じえんりゅう Z』を遊ぶ。






う〜ん、ムズい!ムズいぞ!俺の腕では3面までしか進めない・・・。
でも面クリするたびに敵の弾幕がどんどん厳しくなっていくのが熱いねぇ。
テンポの良さと悔しさで「よしもう一度」とつい何度も遊んでしまう。

で、この『じえんりゅう Z』。いったい何かっていうと、
GBAソフト『西原理恵子の殿堂麻雀』に収録されているミニゲームである。
STGのミニゲームは2つ入っていて、1つはGB風の白黒画面の『じえんりゅう』。
で、それがカラーになってBGMなども豪華になったのが『じえんりゅう Z』。
STGが好きな人なら『じえんりゅう』というネーミングで気付くかと思うんだけど、
この『西原理恵子の殿堂麻雀』の開発元である童の代表作『紫炎龍』のタイトルをパロったもの。



ウネウネと触手攻撃をしてくるボス (じえんりゅう Z) GB風のフレームデザインがいいね (じえんりゅう)


以前、PS『撃王〜紫炎龍〜』を買った時の散財日記(2004年4月10日分)に、

【撃王〜紫炎龍〜】中古:2D縦STG。プレイ感覚は雷電シリーズみたいな感じ。オマケモードでは「JIENRYU」と「ずるい龍」が面白い。「JIENRYU」はポケステ風の画面のミニSTG。これ本当にポケステで遊べたら良かったのになぁ・・・。

なんて書いたんだけど、今回の『じえんりゅう』がまさにそのPS版の『JIENRYU』とかなり似た感じの内容で驚き。
PS版の願望がまさかGBAの麻雀ソフトで叶うとは思ってもいなかったよ。

で、この『じえんりゅう(Z)』。どんな内容かって言うと、
パワーアップなし、他のアイテムもなしの非常にシンプルな縦シューティング。
背景もないし、敵の種類も少ないし、ボスも同じのが何度も出てくるし・・・
しょせんオマケのミニゲームでしょ?なんて思う人も多いかもしれない。

その通り、しょせんオマケのミニゲームなんだよね。

でもこのシンプルすぎるシンプルさが逆に熱かったりする。
純粋に敵を倒すこと、敵弾を避ける事に集中できる。これぞシューティング。
そうやって割り切って楽しんじゃえばこっちのもの。とたんに見え方が変わってくる。
ボタンは押しっぱなしで自動連射。連射も速めでバリバリと敵を撃破するのが爽快。
難易度は面クリしていくごとに画面内の敵弾が増えていく感じでどんどん難しくなっていく。
例えば1面では何もしないザコが2面では弾を撃ってきたり、ボスの攻撃が激しくなったりなど。
腕に覚えがあるシューターな方はスコアアタックや何面まで到達できるかなどと楽しんでみるのもいいかも。

まあ、あくまでもミニゲームのSTGなので期待しすぎは禁物だけど
GBAソフトはSTGが少ないので貴重な存在なんじゃないかな。
遊んでいる時に「コレ、わざわざオマケで入れる為に作ったんだなー」なんてつい感心してしまった。
って事で安かったらぜひお試しを。







■その他

・GBCの発売中止タイトル「Boon Boon カブーン」が気になってしょうがない。
 せめてニンテンドウパワーの書き換えソフトとして出して欲しかったところ。って今更か。
 リンク先にはGBA「トマトアドベンチャー」の元の作品である「ギミックランド」の画像や
 GBC版の「伝説のスタフィー」の画像もあったりで見ていて面白い。





9月30日

■懇親会

先日会社の懇親会に参加した時の事。
円もたけなわな頃にお約束のビンゴ大会が始まった。
今までビンゴなんて一度も当たったことがない。
クジ運は結構良い方なんだがビンゴだけは相性が悪いのだ。
で、結果はもちろん惨敗。はいはい、いつも通りね。
今回景品はかなり下位の順位まで用意されていたにも関わらず
ダブルリーチ状態で空しく終了した。しかし当たらないもんですなぁ。

続いて「ビンゴカードの回収と引き換えに参加賞を配ります。」との声が。
面倒臭えーと思いつつ使用済みのビンゴカードを渡して大きい箱の中から適当に手探りで景品を掴む。
開封してみたところ、な、なんと「緑茶の石鹸」を入手した!って、ドラクエの薬草よりいらねー・・・。
俺にとって完全に未使用アイテムなので近くにいた女性にプレゼント。いや、可愛くないから下心はなしね。

さらに司会が「ここからがお楽しみです!」とか言ってなにやら1人で興奮している。
なんでも回収した使用済みのビンゴカードの中から一枚を引いてその1人に特別賞をくれるというのだ。
なるほど、その為に会場入り口での受付時にビンゴカードの裏に名前を書かされたのか。
注目が集まる中、会社のお偉いさんが代表してカードを一枚引き、名前を確認して緊張の一瞬・・・。

「当たったのはNAM-5さんです!」(もちろん本当は本名ね)

そう、なんと参加者150人の中から特別賞に当たってしまったのだ。
え?何!?俺?とビックリと言うよりもキョトン。つうか360度から集まる視線が恥ずかしすぎる。視姦プレイかと。
前に連れて行かれたので感謝の一言を言い、景品を抱えてすぐに逃げ帰るように席へ戻る。

結果、何やらかるく見ても5kgはある大きい箱をゲットした。






帰りの満員電車で大迷惑になったのは言うまでもない。しかもすげー重いし。
早速開封してみたところ・・・



■13型液晶テレビ AQUOS


お!中身は小型液晶テレビとは聞いていたけどまさかAQUOSが貰えるとは。
てっきり怪しいメーカーのヤツだとばかり思ってたよ。
大きさも移動しやすいサイズで使いやすそう。寝室に置いても良さそうだな。

アナログテレビなんでTVはあと5年しか見れないけど、ゲーム用のモニタとしてもバッチリ活用できそう。
と言うのも、通常のビデオ端子やS端子はもちろん、D2端子も装備しているから
プログレッシブモードでゲームを楽しむ事ができるのだ。
早速PS2GC、XBOXといった所持しているハードの
プログレッシブモードに対応しているゲームを遊んでみようかね。


ちなみにコレ、いやらしいけど値段を調べてみたら結構安いのね・・・。まあタダで貰ったんだし文句は言うまい。
あと開封の際、包装紙を豪快に破り捨てたら所長の文字が真っ二つになったのは内緒だ。





9月21日

■PC「 ドレッド ロック 」


先日アキバで購入したPC同人ソフト『ドレッド ロック』をプレイ。
とりあえずという事でイージーモードをクリア。

内容は機動力の増したSFC『ヴァルケン』といったところか。
ローラーダッシュや2段ジャンプ、空中でのブーストなどを使って
画面内をテキパキとストレスなく動き回れるのがヴァルケンよりも気持ちいい。
あと、このゲームをさらに面白くしているのが『バレットショット』と『ローリングジャンプ』の存在。

『バレットショット』は怒涛の連射攻撃。
一定時間、攻撃せずにいると画面下の「バレットゲージ」が溜まっていき、
ゲージが溜まったら操縦キーの↑を押しながらショットボタンで「バレットショット」が発動。
瞬間的にだが手持ちの武器による超連射攻撃をする事が出来る。
バレットゲージの溜まりは結構早いのでガンガン多用すべき技。

『ローリングジャンプ』は簡単に言えばスーパージャンプ。
まず操縦キー↓+ジャンプボタンで「ローラーダッシュ」を出し、
その状態から(↓を離して)ジャンプボタンを再度押せば「ローリングジャンプ」が発動。
通常ジャンプの何倍もの高さのスーパージャンプを繰り出すことができる。
高い場所への移動も一瞬で行うことができて便利だ。

まあ、このへんの操作は公式サイトマニュアルを見た方がわかりやすい。
この「バレットショット」と「ローリングジャンプ」をいかにうまく使いこなすかがポイント。
特に「ローリングジャンプ」に関しては、壁へのぶつかり反動を利用する事で
三角跳びに似た動きする事ができ、これを使いこなせば随所でショートカットを狙える。

武器の種類は「バルカン・キャノン・ミサイル」の3種類。決して多くは無いが十分だ。
これら武器のパワーアップや、自機に2基まで追加可能なオプションなどもある。
一方、『ヴァルケン』にある武器の射角の固定や、シールドによる防御といった要素はない。
武器は基本的には真横方向に撃つだけだし、敵弾は逃げ回るしかない。
だがそれでいい。なぜなら前述してきた通り、快適な程の機動力があるからだ。
敵に高さを合わせて攻撃すればいい、敵弾を素早く避ければいい、ただそれだけの事。

また仲間との掛け合いなどもなく、ストーリー性も無いに等しいがそこまで求めるのは野暮というもの。
ゲーム部分がしっかりと作られており、それを楽しむ事ができるだけで十分。
今はノーマルモードにチャレンジ中だが、一番の敵はデカいボスが出現した時の処理落ち・・・。
でもこればっかりは己の低スペックなマシンによるものなので、オプションの設定を調整してどうにか遊んでいる。
ノーマルの上にも隠しモードとして激ムズモードがあるらしいので長く遊べそうだ。

とにかく硬派な同人ゲーム好きとしては久々にヒットな作品だなと。
ロボットアクションが好きな人はぜひとも遊んでみて欲しい。2100円と安いしね。

・ドレッド ロック公式サイト



■XBOX「 Xyanide(ザイアナイド) 」

XBOX『Xyanide』がゲーハリhuck-finに入荷。
コレ、ロボトロンとかスマッシュTV風の2軸操作系のSTGとの事で遊んでみたいんだよね。
GameSpotでもまずまずの評価だし結構面白そう。2DSTG+3Dな背景って事でちょっと「斑鳩」っぽいかな?
でもリージョンフリーじゃないのがちょっと痛いかも。

で、色々と検索してみたところどうやらGBA版の発売も予定されていたらしい。今となっては発売中止っぽいけど。
このGBA版、動画を見た限りではなかなか遊べそうなだけに発売して欲しかったなと。

あと、XBOXLive「Geometry Wars: Retro Evolved」が2軸操作系STGの傑作らしいので
こっちも遊んでみたいな・・・。誰か遊ばせてくれい!

・Xyanide公式サイト




■その他

・相変わらずちびちびとPSP「パースートフォース」を楽しんでいるわけだけど、
 こうゆう乗り物強奪系アクションを据え置き機で出せばいいのになんて思っていたら今度出るのな。
 『Just Cause』ってタイトルでマルチで9月27日に発売。
 動画見てみたら自分が思い描いていたまさにソレでビビッときた。
 評判しだいでは買ってみようかな。(まずお前が買え

ABAさんの日誌で知ったんだけど、テンペスト2000などで知られるジェフ・ミンター氏の最新作、
 『Space Giraffe』がXbox Live Arcadeで配信予定とのこと。
 早速動画みたんだけど・・・な、なんだこれは!超絶エフェクトなテンペストの最新作じゃないか。YES!YES!YES!
 上に書いた
XBOXLive「Geometry Wars: Retro Evolved」といい、XBOX360が欲しくなってきたよ。





9月18日

■ダークウィング ダック

いつものようにe.T.c経由で海外から取り寄せた海外GBソフト『ダークウィング ダック』が到着。早速遊んでみた。
開発はカプコンでジャンルはロックマン系のアクションゲーム。



■海外GB『ダークウィング ダック』


っていうかコレ、実際にロックマンシリーズのスタッフが関わってるんじゃないかな?
クリアしてもスタッフロールが出ないので未確認なんだけど、
キャラを動かした時の感触や武器チェンジのシステム、ステージデザイン、
見たことがあるようなザコ敵の攻撃、ステージセレクト可能、細かいところでは
下のフロアにスクロールする際のあのスローになる演出とかも一緒だし。

アクションゲームの肝であるキャラの操作性も軽快で子気味いい。
操作できるアクションもGBアクションのくせに多彩。
「ショット」、「ジャンプ」、「しゃがみ」、以外にも足場への「ぶら下がり」や
特定の敵の飛び道具を防ぐ事が出来る「マント」による防御などがある。



スイッチで踏み台が出現。ステージには色々な仕掛けが。 マントで敵の飛び道具を防御。ただし万能ではない。 動く足場に乗ったりぶら下がったりと、素早い操作が必要。 狼男のボス。月が雲で隠れて弱体化した時がチャンス。


道中では回復アイテムや1upアイテム、武器アイテムなどが落ちている。
武器アイテムを取ればセレクトボタンでその武器にチェンジ可能。
回数制限つきだが特殊な攻撃を使ってステージを楽に進める事が出来る。
(多方向へ攻撃できる武器や、壁に足場を作る武器などがある)

難易度はロックマンよりも易しめ。
1upアイテムも頻繁に出現するのでそれほど苦労せずにクリアできると思う。
でもかといって内容が希薄なわけではない。
各ステージはジャンプや足場へのぶら下がりなどを
駆使させる地形デザインになっており良く練られている。
またザコ敵もただやられるだけではない。
どのザコもひとクセある攻撃をしてくるので慣れるまでは
チクチクと体力を削られる事になる。

各ステージの最後に出現するボス達も多種多様な攻撃を仕掛けてくるので
パターンを見極めなければ苦戦する。
ただしパターンさえわかってしまえば楽に倒せてしまう作りはさすが。

ボリュームはやや少なめ、難易度も易しめながらもクリアした際には
アクションゲームを遊んだ!という満足感をきちんと得る事が出来た。
うん、これはアクションゲームの面白さがギュっと詰まった海外GBアクションの良作だ。
NES版もあるようなので機会があれば入手して遊んでみたい。






9月16日

■ダンディズムオフ


今日はTake IT!!(管理人:玉木さん)のオフ会に参加してきた。通称ダンディズムオフ会。
とは言っても今回は他の常連の方々の日程が合わなかったみたいで
参加者は自分1人。要するに玉木さんと2人でのオフ会。まあ、以前もあった事だけど。
内容はというと普通にアキバの色んなゲーム屋を探索する。
もちろん途中ランチと午後のティータイムをはさみーの。

で、本日の収穫はこちら。


<周辺機器編>

294円  ■ひきだし

50円×2 ■ゲームボーイ パッケージガード

400円  ■SP/DS ⇒ DSL/GBmicro 変換ケーブル

300円  ■CYBER レザーケース(PSP用)


『ひきだし』はHORI製のPStwo用周辺機器。どう使うかはHPを参照。
とにかく安かったので買ってみたが重量が2kgもあるとは誤算。よって、その後の移動スピードが低下。
『ゲームボーイ パッケージガード』はGBの箱を保護するプラケース。当時の定価は180円。何気に任天堂のライセンス商品。
『SP/DS ⇒ DSL/GBmicro 変換ケーブル』はSPとDS用の電源ケーブルを使って、DSLとGBmicroが充電できる便利アイテム。
『CYBER レザーケース』はPSP用のレザーケース。この値段なら十分満足できる品質。こんなの




<ソフト編>

2480円 ■海外PS『ビューポイント』

2100円 ■PC同人『ドレッド ロック』

2200円 ■SFC『ザ・グレイトバトルX』

200円  ■N64『ナイフエッジ(裸)』

500円  ■GB『バトルピンポン』

0円   ■海外GBA『カーベラス ビッグゲームハンター


『ビューポイント』は北米版PSソフト。以前から欲しかったのだがトレーダー2号店にて運良く発見して興奮。
『ドレッド ロック』はPC用同人ソフト。発売前から気になっていたので購入。公式HPはこちら
『ザ・グレイトバトルX』はNTZさんに影響されて購入。以前からずっと探していたんだけど、
探し物の見つかる店 フレンズ」にて実際に見つけたもんだから、ちょっと悔しいやら嬉しいやら。
そういえばフレンズの店員が若くて可愛い女の子だった。会計時にちょっと緊張。以前のおばさんはどうしたんだろうか?
『ナイフエッジ』は遊んだ事がないので購入。とりあえず遊んでみて、面白かったら完品を探すとしよう。
『バトルピンポン』はクエスト開発の卓球ゲーム。ボールの残像がナイス演出でグッときた。BGMは岩田匡治氏が担当。
『カーベラス〜』は海外GBAの狩猟ゲーム。玉木さんから頂いた。で、その玉木さんのレビュー


今回は非常に満足のいく買い物ができた。特に『ビューポイント』。
玉木さんと2人だったわけだけど、逆にサクサクと色々な店を回れたのが良かった。
それにしても、移動中もマクドナルド(昼食)でも喫茶店でも、喋りすぎ&笑いすぎでほっぺたの筋肉が疲れた。
という事で玉木さん、お疲れ様でしたー。また誘ってください。
あと、また10分遅刻してごめんなさい(笑






9月14日

■もぎチン

「大体遊んだし、もうやらないのであげます。」と
会社の後輩から手渡せれた『もぎたてチンクルのばら色ルッピーランド』。



■もぎたてチンクルのばら色ルッピーランド


「いやいや、貰うのは悪いし買い取るよ」と言ったら「じゃあ1000円で」とカウンター気味に即答。
う〜ん、悪いなぁと思いつつ結局売ってもらう事に。
まだ発売して間もない新作、しかも気になっていたタイトルだけに
格安で入手できてラッキーと言えばラッキーなんだけど・・・
後輩から恵んでもらってる俺って(泣

でもまあいいか!と開き直って早速遊んでみる。
うん、内容は評判通り面白い。いかに金を作り出すかの錬金術ゲームだな。
何より素晴らしいのが作品全体を重くどんよりと覆う黒い空気だ。
町や旅の途中で出会う人達との金銭交渉、
現実社会のようにこつこつと地道にお金を貯めていく内容、
随所に散りばめられているブラックユーモアなどなど、もうほんとみんな真っ黒だ。
何をするにも金金金。「結局この世は金だろ?」というテーマがダイレクトに伝わってくる。
だから子供が遊んでもそれなりに面白いだろうけど、
大人の方がより楽しめるんじゃないかな。主人公も35歳のオッサンなわけだし。

で、話は最初に戻るんだけど、
このゲームを結構遊んだ後に「あげますよ」とかよく普通に言えたもんだなと。後輩は。
俺なんかまだ3時間ぐらい遊んだ程度だけど、もし逆の立場だったら
「いくらで買ってくれるんだい?」とか普通に言ってしまいそうだ。ゲーム中の金銭交渉のように。
もしくは譲ってくれた時に「たった1000円でいいんですか?クックック」とか言ったら
後輩はどんな反応をしただろうか。ウケるかな?いや、リアルに引くな。
でもちょっと面白そうだしやってみたかったな。ケッケッケ(チンクル笑い)。

ふと、そんな黒い事を考えてニヤリとしつつチンクルの続きを再開。
今日遊び始めたんだけどもう3時間以上遊んでいる。だって面白いんだもの。
しばらくして海賊のアジトで初のピンチに。ついには敵にやられてしまった!
「お、初めてゲームオーバーになっちゃったよ」と軽く考えていたら
これがとんでもない痛い目に。
3時間以上遊び続けて一回もセーブをしていなかったのだ。
なんとかデータが残っていたのでつづきから遊んでみたところ、
一番初めのチンクルの家でセーブの仕方のチュートリアル直後の場面が画面に映った。所持ルピーは80。
えぇ!?コンティニューないの!?オートセーブじゃないの!?な、ないよね・・・
これにはもうほんとガックリ。
安く譲ってくれた後輩に対して黒い事を考えていたバチが当たったよ。トホホ。
ぐぬぅ〜、チンクルめ〜(八つ当たり




■その他

・トレジャーHPがデザイン一新。新作『ブリーチDS2』の情報も掲載。
 で、いい機会だしと言わんばかりにBBSを廃止に。うん、いい判断だと思う。数年前から俺もいらないと思ってた。

・お!国内版『FLATOUT2』出るのか。って、邦題がまたふざけた事になってるな。
 『2』は買ってないので欲しいんだけど、ミニゲームで車から飛び出すのがクラッシュダミーなら買わない。人間なら買う。






9月7日

■荷物再来

仕事から帰ってきたら宅急便の荷物が。



■ぱろ 深型天ぷら鍋 20cm(鉄製)


ん!?最近『深型天ぷら鍋』を注文したっけな?とよく見てみたらけーすけさんからの荷物だった。
って、またこのパターンかよ(笑

けーすけさんはGBコレクターで、オフ会に何度も出席してもらったり、
海外GB情報を色々と教えていただいたりといつもお世話になっている方。

そんなけーすけさんから今回頂いた品々はこちら。


(左上から)

■ザッパー(NES用光線銃)

■ダックハント(NESソフト)

■カムフォアドバンス(GBA用テレビ電話)

■ファンタジックチルドレン(国内GBAソフト)

■ポータルランナー(北米GBCソフト)


結構色々と良いものを頂いてしまったなぁ。
特に『ザッパー』が嬉しいな。これでようやく先日購入したNES『フリーダムフォース』が遊べるよ。
『カムフォアドバンス』はちょっと意外で笑えた。いつ使えと(笑)。いや、実際に使ってみませんか?というお誘いかも。
『ファンタジックチルドレン』と『ポータルランナー』は横スクロールアクションで普通に面白そうだ。
にしても、けーすけさんには何かしらできちんとお返ししなければ・・・。

しかーし!今回頂いたブツはこれだけじゃない。
今回のメインはこいつだ。



■モトクロスマニアックス2(北米GBCソフト)


『モトクロスマニアックス2』は初期GBの名作『モトクロスマニアックス』の続編である。
日本では発売日未定のままそのままお蔵入りになってしまった悲運の作品。
まさかそんな貴重なソフトをいただけるとは。本当にいいの!?って感じでひたすら興奮。

そう言えば去年だかその前の年だか忘れたが結構前に開催したうちのオフ会でのこと。
飲み屋で談笑中にこの『モトクロスマニアックス2』の話題になって、
「やってみたいなー欲しいなーどっかに落ちてないかなー」なんて言っていたところ、
けーすけさんが「アレなら2つ持っているので今度1つ差し上げますよ。」と軽く一言。
え!何?ウソ!?なんて思っているうちに違う話題になったと思うんだけど
その時の事をちゃんと覚えていてくれたんだーとちょっと感動。

けーすけさんいつも本当に有難う!今度ガッツリお礼させてくださいね。



■その他

・『THE いただきライダー 〜お前のバイクは俺のモノ/Jacked〜』
 お、これ昨年の『闘走!喧嘩グランプリ』のニュース(12月17日分)の時に少し触れた『Jacked』じゃん。
 こうゆう「バイオレンス+レース」な感じの好きだし買ってみるかな。何より安いしね。

・同人ゲーム『ドレッドロック』が遊んでみたい。ヴァルケンっぽい感じかな?今度アキバに行った時にでも買ってみるか。

・GBA『Monster Trucks Mayhem』が昨日(9月6日)発売された模様。
 GBA『PAYBACK』を手掛けたApex Designsが開発元なので良い仕事してそうだ。



9月2日

■トレード

仕事から帰ってきたらamazonから荷物が。






ん!?最近何か注文したっけな?とよく見てみたら遊戯電線のNTZさんからの荷物だった。
NTZさんとトレードをする事になっていて、その荷物が届いていたというわけ。
で、頂いた品はこちら。



【左】
ゴジラ 怪獣大乱闘アドバンス(廉価版)

【右】
WADE HIXTON'S COUNTER PUNCH



ゴジラ 怪獣大乱闘アドバンス」は開発元がWayForwardという事で気になっていた作品。
以前うちの「気になるニュース」でも取り上げた事があるんだけど
その記事を読んで実際に買ってしまった方々から「面白くない」と評判の悪い作品だったりする。
紹介した本人が買ってなくてすんません(苦笑
今回、NTZさんから「ゴジラ、ダブってるから差し上げます。」とのメールを頂き、
ただ頂くのも悪いんでトレードしましょうという流れに。
オマケで「COUNTER PUNCH」も付けて貰っちゃってラッキー。

早速「ゴジラ」を遊んでみたんだけど、う〜ん・・・確かに大味だねこりゃ。
しかも俺の操作するゴジラは速攻で袋叩きにあってやられてしまった。
この作品、複数の怪獣に囲まれるとかなり厳しい。
攻撃を受けてダウンし、起き上がったところでまた攻撃を食らってダウン。
しかも起き上がり後にピヨる事もあったりでたちが悪い。
起き上がり後にガードで凌ごうとしてもガードの上からゴリゴリ削られるし、
ガードを固めていると投げられたりもするしで・・・もうなんなんだよ!と。

でも悔しいから何度も遊んでいたら要領を得てきた。
ステージを広く使って動き回り、きちんとアイテムを回収しながら敵を1匹づつ倒していく戦法に。
ちょっと特殊な必殺技の使い方などにも慣れてきてちょっと面白くなってきたかも。
数回コンテニューしたのちに難易度ノーマルを無事クリア。

<評価>
見所としては最後のメカキングギドラの3本の首の動きが多関節で
ウネウネと滑らかに動いているのが良かった。
あとステージの合間に出てくる女性レポーターのコニー・マツにも注目。
ステージに合わせたコスチューム七変化と妙に尖がったおっぱいを見逃すな!
うん、褒められるのはそんなとこだな。え?何か?

にしても猿楽庁のモニタリングって具体的に何してるのかねぇ?



一方、北米GBA「WADE HIXTON'S COUNTER PUNCH」は良い出来。
パンチアウト系の三人称視点のボクシングゲーム。
GAMESPOTでも評価良いし安心して楽しめる。
というかこのソフトをオマケで付けてくれて本当に助かったよ(泣)有難う!>NTZさん


ちなみに当方が提供した品はNTZさんのブログ「遊戯電線」にて紹介されてるので
どんなトレードだったのか気になる方はどうぞ。




■その他

・IGNにOrbitalスタッフとのインタビューが掲載。英語苦手なんでよくわからんが
 「Scurge:Hive」はもうすぐ出せるよー。ってな感じの内容が書いてあって喜び。
 ずっと発売延期になっていたので早く遊んでみたい。

・新掲示板を作ったので皆さんどんどん書き込んでやってください。




8月20日

■久々の更新

引越しをした関係でネット環境がなかなか戻せずにいたけど、
やっと復活したのでまたチビチビと更新していこうと思います。

とりあえず散財日記もドバっと更新しときました。



■リズム天国

発売日に買って以来少しづつ進めてます。
で、現在の状況はというと・・・

ハイスコア:46個
パーフェクト:35個
ドラムレッスン:テクニカル

それにしてもラップメンとラップウィメンが苦手。
イヤ、苦手とかそういうレベルじゃない。タイミングがまるっきり合わない。
何かコツとかあるんだったら誰か教えて(泣
ドラムレッスンも結構限界かもしれん。テクニカルで難易度が急上昇したように感じる。

あとはこの作品、確かに面白いんだけどパーフェクトを取っちゃうとやる事がなくなってしまうのが残念。
そのせいでパーフェクトを取ったゲームはあまりやらなくなってしまう。
だから「メイドインワリオ」のようにひたすら限界までチャレンジできるようなモードが欲しかった。

なんて書いていたら久々に「メイドインワリオ」が遊びたくなってきたぞ。
もし「リズ天」はやったけど「メイドインワリオ」は未プレイって方がいたらぜひ遊んでみて欲しい。
テンポの良さが「リズ天」とはまた違ったリズム感を産んでおり、脳汁必至だから(笑
「まわすメイドインワリオ」も傑作なのでオススメ。当時、初プレイした時に物凄く衝撃を受けたのを思い出す。
ちなみにGC「あつまれメイドインワリオ」とDS「さわるメイドインワリオ」はイマイチだったのでスルー推奨ね。



■その他

・ここでも何度か取り上げているニブリスの「Raid over the River」の動画きたね。
 結構良さそうだけどやっぱり操作法が気になるところ。タッチペンだったら嫌だな〜。

ファミコンランドのレトロ次世代機ソフト半額セールは今日まで。(情報遅いって?)
 今回のセールはあまり魅かれるものがなかったな。ってことで注文せず。

・久々にNAPS TEAMのHPを覗いてみたら何気に更新されてた。
 で、色々と過去作品が追加されてるんだけど・・・本当に全部発売されているのかね?
 GBCの作品とかやたら面白そうなんだけど、WEBで検索しても全く情報が出てこないのが怪しい。
 特に「WANTED」がもろにワイルドガンズGBC版って感じで面白そうなんだけど。
 これらに関して何か情報を持ってる方はぜひ教えてください。

・おいおい、IGNに「Chronos Twins」の新情報とスクショがきてるじゃないか!
 GBA版の情報が全く入ってこないから、俺の中では既にお蔵入りになっていたよ(笑
 そしたらDS用に開発が進んでいて、パブリッシャーも見つかったとは。これは嬉しいニュースだ。
 まあゲーム性からしても2画面使えるDSに向いていると思うし良い選択なんじゃないかな。
 でも内容的に、上下の画面を何度も交互に見るわけだけど、
 DSの2画面だと視点の移動幅が広いのがちょっと心配だったりする。
 内容に関しては過去記事を参照。(2005年6月15日のnews)
 Chronos Twin 公式サイト

・北米版PSPソフト「Killzone:Liberation」がやたら面白そうだ。
 このチマチマ感がたまらん。これはぜひとも遊んでみたい。


・アクレイムの倒産で発売中止と思われていた北米PS2ソフト「THE RED STAR」が
 XS GAMEというパブリッシャーから発売されるらしい。ほう、そんじゃあ買うか。
 これの体験版の入っているオフィシャルXBOXマガジンを持っているんだけど、
 結構気に入って何度も遊んだっけな。アクションなのに弾幕が熱かったりして新鮮。






7月10日

■PSP





妻から誕生日プレゼントにPSP本体を貰った。
欲しいなんて一言も言ってないし、全然予想もしていなかったから凄く驚いたし凄く嬉しかった。
今まで「PSPはやりたいゲームがない」とか、「値段高すぎ」とか興味無いフリしてたんだけど、
本当は欲しがっているのがバレバレだったらしい。むむむ、やるな。
しかもくれた時に「鉄拳は自分で買ってね。」の一言。ま、参りました・・・。

という事で早速『鉄拳DR』を買ってきた。





あとは安くなっていた『みんなのゴルフポータブル』と『バーンウアトレジェンド』も購入。
3本とも無意識に移植物を選んでいるところが自分の手堅い性格を表しているなぁと(笑
ついでに少しだけ安くなっていたUMDケースも購入。高級感もありスプリング機構でカシャッとUMDが出てくるのがいいね。

で、まずは『鉄拳DR』なんだけど・・・これが実に良い!上手く移植できている。
ついに携帯機で自分の好きな鉄拳が遊べる時代になったんだなとしみじみ感動。(GBA版は認めん)
ロードも短くてサクサクと遊ぶことが出来るので、ちょっとした時間にコンボを研究。
機会があればOFF会などで対戦もやってみたいな。俺の巌竜はかなり強いよ(笑)。
スティック派のプレイヤーはパッドによる操作に違和感があるかもしれないが、
遊んでいれば少しづつ慣れてくる。つうか嫌でも慣れるしかないっしょ!
パッドだとどうしても無理ー!ってわがままな人は、ちょっと値は張るけど
PSP2TV
でも買ってみては?TVに映せるしスティックも繋げれるぞ。でも改造がムズそうだけど。

初回特典のコントローラアダプタは個人的にはイマイチな使用感。
表面がフラットだし厚みもありすぎる。あと角とかが妙に角ばっていて指が痛くなった。
コレは使えん!って事で自分はPS2用の『プレコマンダー2』を貼り付けてみた。
中心部が緩やかに窪んでいて操作しやすく、角なども痛くない。うん、良い感じだ。
で、ここからはプレコマンダー2を貼る時の注意点を書いておく。
プレコマンダー2をPSPに貼る場合、プレコマンダー2に付属の両面テープで貼り付けると
PSPのパッド中央の×部分にプレコマンダー2が干渉してしまって上手く入力が行えないので注意。
そこで活躍するのが鉄拳DRのコントローラアダプタに予備で入っている両面テープ。
この予備の両面テープは厚みがあるので、これを使って貼ることにより
パッドとプレコマンダー2が干渉しなくなる。粘着力も強力なのでしっかり固定される。
でもプレコマンダー2自体が最近はあまり売っていないのが残念。

『みんゴルポータブル』は普通に面白い。このシリーズは好きなのでどこでも遊べるのは嬉しい。
『バーンアウト レジェンド』も良く出来ているね。俺的神ゲーの『バーンアウト3』がベースなので
面白いに決まっている。確かに長いロードはストレスが溜まるが、
テイクダウンを取った時の爽快感で全て吹っ飛ぶ。やっぱコレ面白いわ。

さーて、次は何を買おう。



■その他

・まんだらけギャラクシーのGB買取表。ジアースがついに一万円に。
 以前、完品(箱少し痛み)が12600円で売られていたから、美品だったら15000円ぐらいで売りそうだな。

・ゲームサイド(旧ユーゲー)Vol.01を購入。レビュー本数も多いし読み応えはあった。でも微妙。




7月2日

■トレード

今うちには5台のGBA-SPがある。

@バックライトSP(グラファイトブラック)
AバックライトSP(手作りNESモデル・4月13日のnewsを参照)
BノーマルSP(オニキスブラック)
CノーマルSP(グラファイトブラック)※
DノーマルSP(NESモデル)

※AのバックライトSP(手作りNESモデル)を作る時に出た
余分なガワと余分な中身で作った本体。

で、こんなに何台も持っていてもしょうがないって事で
未だにノーマルSPを使っているうちの常連のジンさん&とんぬらさんにトレードを持ちかけてみる。
・・・と言うよりSPをエサにお目当ての物を譲ってもらおうという魂胆。
そしたらお二人ともトレードOKとの快諾をいただく。よっしゃ!

早速ジンさん&とんぬらさんと待ち合わせてトレード会を実施。
お二人から頂いた物は以下の2品。




ジンさん

BノーマルSP(オニキスブラック)

GB「ファンタズム」(箱説のみ)



とんぬらさん

CノーマルSP(グラファイトブラック)

GB「バットマン リターン・オブ・ザ・ジョーカー」完品



「ファンタズム」(箱説)と「バットマン リターン・オブ・ザ・ジョーカー」(完品)をゲット。どちらもGBの隠れた良作アクション。
両方ともカートリッジは持っているので箱説だけで大丈夫って言ったのに
とんぬらさんはカートリッジも付けてくれて感謝。中身も美品で満足度高し。
ジンさんから頂いたGB「ファンタズム」の箱説もやっと拝めて感涙。
なかなか売っていなくて半ば諦めかけていただけに譲っていただいて本当に嬉しい。
2品とも大事にさせていただきます。




■その他

・6月20日のnewsで取り上げたDS「Micro Machines V4」の動画なんだけどアレ、DS版のじゃないな。
 最近になってDS版のスクショを見たけどあんなに綺麗じゃなかったし・・・。そろそろPSPが欲しくなってきたかも。


・秋葉原のスーパーポテトで999円で売っている「GAMEJOY(6PAK付き)」がちょっと気になる。
 日本のソフトも海外のソフトも遊べて6PAK付きでこの値段は安いんじゃないだろうか。
 でもあの変なコントローラが心配なんだよな。コントローラの差込口とか純正に似てると思うんだけど
 純正のコントローラを流用する事は無理なんだろうか?
 ちなみにスーパーポテトの店員に上記の件を聞いたら「試していないのでわかりません。」だと。
 ふーん。じゃあ使えないって事なんだろうな。





6月24日

■マジカルガーデン

いつも通勤の行き帰りに電車の窓から見えるゲームショップがある。
以前から気になっていたんだけど、ついに今日思い切って途中下車して寄ってみた。
ゲームショップの名前は「マジカルガーデン」。結構大きいチェーン店らしい。
店に入っていきなり出迎えてくれたのがコレ。






一瞬ウホッ!となったがよく見るとアニメ系や低年齢層向けのソフトが多い事に気付く。
一つ一つチェックしていったが正直微妙なソフトばかりでお宝はなし。値段相応といったところか。
でもその中でも結構お買い得なのがいくつかあった。
色々悩んで結局購入したのは以下の品。



各500円

エッグマニア
サイバードライブゾイド
ザ・ピンボール・オブ・ザ・デッド
デンキブロックス!
ハテナサテナ
エレミックス!
ズーキューブ
ひょっこりひょうたん島 ドン・ガバチョ大活躍の巻


以前から気になっていたマイナーなパズルゲームを色々と買えて満足。
あと「エレミックス!」は持ってるけど安いので購入。
「ザ・ピンボール・オブ・ザ・デッド」は欲しがってた友人へのお土産で、
「サイバードライブゾイド」は同梱されている赤外線通信アダプタが目当て。

他にも「どーも君の不思議テレビ」とか「カーバトラーGO!」とか「トイロボフォース」とかが
気になったけど全部持ってるし相場も安めだからスルー。
他にも色々あったけど俺が興味が無いだけで人によってはお宝が眠ってるかもしれない。


で、これで終わりじゃない。
その後は広い店内を隅から隅まで物色。
・・・ふむふむ、全体的に値段設定は高めだな。中古よりも新品で稼いでいるショップのようだ。
新品のソフトは新旧関わらずほぼ定価で値引き無し。
GBAソフトの新品も棚一面にビッシリでやたらと品揃えがいい。でもほぼ定価。
PSソフトの新品もほぼ定価で売ってるのにはビックリした。誰も買わないだろうに。
ちなみに定価より高値が付いているようなレア物とかは全くなかった。

中古ソフトも相場より値段が少し高め。
でもくまなく探したところお買い得な中古ソフトも少なからずあった。
それで以下の品物を購入。


780円 スターソルジャー バニシングアース
580円 エクストリームG2
780円 エフゼロ クライマックス
80円  ドナルドダック デイジーを救え!(裸)
500円 クラッシュバンディクー 爆走!ニトロカート(裸)
80円  TAMA
180円 アステロイド
80円  ディセント


なんだかんだで結構色々と購入してしまった。
また時間のある時に途中下車して寄ってみるとしよう。




■その他

・ネットで見つけた@グローブというゲームショップでGBジアースが1408円で売っていた。
 問い合わせてみたところ箱説無しとのこと。ちっ、じゃあスルーだ。
 でもオークションだと裸でも4千円近くいってるからこの値段は安いんじゃないかな。

・GBA-SP用の画面保護フィルターでサンクレストって所から発売されている
 「サンフィルターSP」ってのがどこにも売っていない。BLSP用に試してみたいんだが。
 ネットで買うと送料が高くつくのが嫌なので、どなたか売ってる所あったら教えてください。
 にしてもSP用の画面保護フィルターを置かない店が増えてきたな・・・。






6月20日

■気になる新作色々

久々にIGN.comをチェックしてたら色々な新作のスクショとか動画が。
まずはDS「MechAssaultDS」。一見SFCの「ヴォルテックス」みたいで面白そうだ。
DSオリジナルのSTGである「Raid Over the River」のスクショも出てるな。
操作はタッチペンなのか?背景がいかにもイラストっぽいのも気になる。
結構期待してるんだがちょっと心配になってきたぞ。
で、なんと言っても本命なのがDS「Micro Machines V4」の動画。
グラフィックが綺麗!コースも立体的!こりゃあ面白そうだ。
ムービー中に出てくる鳥とかやたらリアルだし、ビリヤードの玉もテカテカだし。
よし、これは買うぞ。発売日は7月25日か。あと一ヶ月ちょっとだな。ワクワク。



■PS2「メタルスラッグ」

公式で動画を見たんだけど、以前見たショボイものとは違ってかなり良くなっていて驚き。
巨大なボスとの戦闘も何気に迫力があるじゃないか。
メタスラもTPSも両方好きな自分としては遊びたくなってしまった。
発売日は6月29日。ボーナスが出た後か・・・サイフに余裕もあるだろうし買っちゃいそうだ。
・・・いや、やっぱり評判見てからにしておこうか。それとも中古で値下がってからにしようか。
体験版でも店頭の試遊台でもいいから一度触ってみたいな。







6月15日

■Tシャツ

MARS16からガンスターTシャツが届く。大き目のロゴが格好いいな。
オマケでトゥームレイダーのTシャツ(カードゲーム付き)が付いてきた。
うん、これで4千円ちょっとならまあ満足かな。







■ロムハウス(3)

ちょっとした用事でそばまで行ったのでまたまたロムハウスに寄ってみた。
でも以前行った時に既に100円ソフトはかなり少なくなっていたので今回は特に期待はしていない。
どうなったかな〜ぐらいの軽い気持ちで眺める程度・・・
って、ん!?棚の位置が変わったな。し、しかもソフトが微妙に増えてやがる!
そういう事ならスイッチONだ。早速アレやコレやと10本をチョイスしレジにて購入。


各100円

ミスターボーンズ
ヘンリーエクスプローラーズ
スターウォーズ レベルアサルトU
リングオブサイアス
ガレオス
アサルトリグス
オフワールド・インターセプター エクストリーム
RCスタントコプター
サイベリア
ブロークンヘリックス


PSソフトは通常価格の棚から100円棚への2軍落ちソフトが結構あった。
あと今回はPSソフト以外にもSFCソフトやPCエンジンのソフトも棚に並んでいた。
SFCソフトは「ホーリーアンブレラ」や個人的に気に入っている「HOOK」とかもあった。もち完品。
PCエンジンソフトは「オーダイン」や「ギャラガ’88」など色々。これら全部100円。
これは定期的に見に行く必要がありそうだな・・・。






6月13日

■久々のebay

欲しいソフトがあったので久々にebayで買い物をした。
もちろん今回もe.T.cに注文を依頼。
今回注文した品は特に人気のあるソフトとかではないので
競る事も無くそのまま落札することが出来た。ちなみに手数料+送料込みで5000円ぐらい。
その品が先日我が家に到着。


海外GB「DAYS OF THUNDER」

海外GB「NAVY SEALS」



欲しかったのは左の「DAYS OF THUNDER」ってヤツ。
内容はGBの名作「X」を彷彿とさせるワイヤーフレームによる3D描画を実現したレースゲーム。
その滑らかな3D表現を見ると非力なGBでよくここまでやったな!と言うよりも・・・
非力なGBでよくこれを作ろうと思ったな!(笑)と感心させられる。



クレジット画面。
下方にアルゴノートの文字。
計器類も細かく動く。
バックミラーに敵車が映る。
ピットインしたところ。
素早くタイヤを取り替えろ。
敵車と接触すると画面が
激しく揺れるのがリアル。


もちろんこんな作品を作れるのはあの会社だけ。
上にも書いたGB「X」やSFC「スターフォックス」「ヴォルテックス」などで
知られているイギリスのソフトハウス「アルゴノート ソフトウェア」だ。
アルゴノートの作品は見事な3D描写によって空間を上手く表現している作品が多く、
上記の作品以外にもN64の「バックバンブル」やPS「クロック!パウパウアイランド」なども
3D空間を存分に楽しむことが出来る良作である。


残念ながらアルゴノートは2004年に既に潰れてしまっているが、
アルゴノートの元開発者であり、SFC「スターフォックス」のメインプログラマーであった
Dylan Cuthbert氏は日本で「キュー・ゲームス」という会社を設立している。
そして今年8月に発売されるスターフォックスの続編、DS「スターフォックスコマンド」の開発が
このキュー・ゲームスだという事をどのくらいの方がご存知だろうか?
スターフォックスファンとしては今度こそ正当な血筋を引いた
スターフォックスの続編が遊べるのではないかと期待している。

個人的には1作目のSFC版のようなシンプルな感じが好きなんだけど、
一体どんな感じに仕上がるのか気になるところ。





5月30日

■安売りPSソフト

久々に帰郷したところ実家の近所の結構デカいゲーム中古屋でも「PSソフト全品100円」の張り紙が。
よっしゃー!ナイスタイミングだーと喜ぶのもつかの間、時既に遅し・・・。
カスのようなソフトが10本ぐらいしか残っていない終了モード。
来るのが遅かったか、うーん・・・悔しい。
先日のE3でPS3やWiiが発表されたことによって早速準備に乗り出しているのか、
今のうちにPSソフトを処分してスペースを作っておきたいといったところだろう。
特に最新ゲームをメインに扱う大型店などでその傾向が多く見られる。
とにかくPSソフトの処分セールとかをやる店が増えてきた。

って事で、みなさん今がチャンスです。
隠れた良作や気になってたあのソフトなどをガンガン買い漁りましょう。
レアなのとか名作とかはとっくにないだろうけど、まだまだ隠れた良作が眠ってます。
7月3日に発売されるゲーム雑誌「GAME SIDE 8月号」(旧:ユーゲー)の特集も
『「3」が出る前に遊びつくそうプレイステーション(仮)』となっているので、
本に載った後で誰かに買われて「キーッ!」となる前に早めの行動を。

かく言う自分もまたまた100円ソフトを買い漁ってきた。今回はブックオフにて。




各100円

ツァイトガイスト
ジョニーバズーカ
クレイマン・クレイマン
ラティス
熱砂の惑星
わんダービークルズ
2999年のゲーム・キッズ
ベルトロガー9
ベルデセルバ戦記
ワイルドロイド9
ヴァンダルハーツ
ファルカタ
攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL
ラブアンドデストロイ
ロボピット2
ホーンドアウル


まあ、100円だけにそれなりのラインナップというか。安売りワゴンの常連もチラホラ。
他にも地元の店をハシゴして色々と購入してきた。(本来の目的のGBソフトは成果無し・・・)

2000円ぐらいで「ブリガンダイン・グランドエディション」とか「グローバルフォース 新・戦闘国家」などの
ややレアなのを発見したりもしたけどサイフと相談してスルー。
変なのたくさん買ってないでそっち買えって?(笑)





5月19日

■ロムハウス(2)

微妙微妙と言いつつも、また100円ソフト目当てにロムハウスに行ってきた。
入店後、わき目も振らずに100円均一の棚の前へ直行。
むむむ、前回店を訪れた時よりも少しソフトが減っているな。
前回買い逃したSS「ガングリフォン2」とか無くなってるし・・・。
(ちなみに100円のSSソフトも50本ぐらいある)
まあ無い物はしょうがないと早々に諦め、今日も100円棚の中から10本を選ぶ。



各100円

クロックワークス
ゲイルガンナー
デフコン5
スキーエアーミックス
キリングゾーン
ショックウェーブ
デザーテッドアイランド
パンツァードラグーン アゼル
アゼル −パンツァードラグーンRPG−
レシプロヒート5000


うわ、前回よりも更に微妙かも(笑)。でも一本100円はやっぱり安い!
「パンツァードラグーン」2作品はどう考えてもお買い得だし、
「デザーテッドアイランド」や「レシプロヒート5000」とかも何気に良さそうだし。
さて今度買いに行くのはいつにしよう。なんて。






5月17日

■ロムハウス(志木店)

埼玉県新座市の東武東上線志木駅のそばに「ロムハウス」(志木店)というゲームショップがある。
ここには月一ぐらいのペースで行かせてもらっているんだけど、
現役ハードはもちろんのこと、FCやSFC、PCE、PS、SS、GB系といった
レトロゲームまで手広く扱ってくれているのが嬉しい。
音楽CD等の販売もしており、それに混じってゲーム系サントラの品揃えもなかなかのもの。

そしてこの店なんだけど、店員の中にゲーム通がいるらしく、
GBAコーナーに、『 欧州版GBAソフト「コミックスゾーン」1万円買取 』と大きく書いてあったり、
(例え持っててもわざわざここに売りにこないだろう・・・)
DS「オレの戦闘機」にオススメPOPが貼られていたり(他のソフトにはほとんど貼っていない)、
XBOX360のデモで北米360の「トゥームレイダーレジェンド」を流していたり(普通N3とかじゃないの?)、
などなど普通のゲーム屋では見れない濃い一面を押し出していてゲーマー心をくすぐられる。
さらにその店員の趣味としか思えないほどのX-BOXソフトの品揃えが凄い。
秋葉原でもここまでそろっている店はないんじゃないかと思わせるほど。
北米版やアジア版などの人気作も扱っていたりと洋ゲーマーにも嬉しい限り。
大きなショーケースの中に並ぶ各ハードのプレミアソフト郡も見応えがある。

で、このロムハウスに一ヶ月ぶりぐらいに行ってみたところ、
なにやら店の奥に見慣れぬ中古PSソフトの棚が設置されている事に気付いた。
ん?なんだこの棚は?この黄色い値札は?どのソフトも値段は特に安くないし・・・。
ふと視線を落とすと何やら注意書きを発見。

「黄色い値札の商品は値札に関わらず全て100円です。」

な、なにー!これはヤバいぞ。中古PSソフトがゆうに300本ぐらいはあるじゃないか!
これだけの量があって全部100円とは!もう選びたい放題だ!!
興奮を抑えて早速ソフトを選びだす。

で、数分後、とある重大な事実が発覚。 どのソフトも微妙・・・。ほんと微妙すぎる。
300本近くソフトがあるというのに!全部100円だというのに!ゲームで散財したいのに!
それなのに自分でも驚くぐらい手が出ない。それぐらい微妙なのばっか。
どうりでこの100円の棚とは別に中古PSソフトの棚が別に設けられているわけだ。
まあそれでも1本100円は安いので、キリよく10本を選び抜いて購入してきた。



各100円

矢追純一のUFOを追え!!
ル コンチェルト
厄 友情談義
熱血★アスリーツ〜泣き虫コーチの日記〜
ぶっつぶし
チージィー
ライズオブザロボット2
ダークシード
ディスラプター
ショックウェーブ オペレーションジャンプゲート


ね、微妙でしょ(苦笑)。
俺のチョイスが微妙なんじゃない。対象ソフトが微妙なのだ。
まあそれでも人によってはお宝が眠っているかもしれないので
近所に住んでいる人はチェックしに行ってみるといいかもしれないです。


・ロムハウス志木店




5月14日

■ファミコンランド

ゲームショップ「ファミコンランド」にて4月29日〜5月7日(正確には5/8のAM10時まで)の期間で
レトロ携帯ゲーム機フェアが開催されていた。
期間中はGB/GBC/NGP/WSなどのレトロ携帯機のゲームソフトが50%OFFといった太っ腹なセールであった。
うちには4月28日の時点でメルマガが届いていたので、すぐにHPを覗きにいって品揃えをチェック。
4月29日に日付が変わってからサクっと注文を済ませた。
で、その品々が先日到着。



ドラゴンクエストV そして伝説へ / 1490円
ゼルダの伝説 夢をみる島DX   / 840円
ゼルダの伝説 ふしぎの木の実 時空の章 / 740円
ゼルダの伝説 ふしぎの木の実 大地の章 / 740円
DT ローズ オブ ゲノム  / 990円
ぐるぐるガラクターズ   / 240円
バイオハザード外伝   / 740円
ロックマンX2 ソウルイレイザー   / 990円
ネットでゲット ミニゲーム@100  / 740円
ブロックくずしGB   / 490円
マネーアイドルエクスチェンジャー  / 240円
ランパート       / 510円
GBメモリカセット(スーパーマリオDX入り) / 1240円
パイプドリーム     / 150円


あれもこれもと買い物カゴに入れていくうちに結構な値段になり、
どうせなら総額一万円以上にして送料無料にしてしまおうとまた一品買い物カゴに入れる。入れる。入れる。
どのソフトも相場より確実に安い値段なので、買い損ねていたソフトなどを中心に色々と買ってみた。
でもって合計10140円の出費。

ファミコンランドは2年ぐらい前にHPを知って以来、何度か利用させてもらっている。
覚えている限りで今まで買ったものを晒してみる。

2004年2月頃 (HPを初めて見つけたとき)
SFC ボールブレットガン 完品/3980円
SFC トム&ジェリー    完品/2980円
SFC バイオメタル     完品/980円
SFC マジカルポップン  完品/780円
SFC グールパトロール 完品/780円

2006年3月頃 (レトロゲームフェア(全商品30%OFF)のとき)
FC 特急指令ソルブレイン 完品/1000円
N64 らくがきっず       完品/1000円
GB ペケとポコのダルマンバスターズ  完品/680円
GBC エストポリス伝記 よみがえる伝説 完品/680円

改めて振り返ってみると結構おいしい思いさせてもらってるな。
今度はセールじゃない時にも買い物をしないと(汗

今回買い物をした人もそうじゃない人も、ファミコンランドは定期的に
「〜フェア」といったお得なセールを行ってくれるのでメルマガに登録しておくといいかも。


・ファミコンランド



■その他

 ・店頭のWiFiステーションにてDS「NEWスーパーマリオブラザーズ」と
  DS「右脳の達人 ガンバれっトレーナー」の体験版をプレイ。
  「NEWマリオ」はカベキックやヒップドロップなどの新アクションが増していて良い感じだった。買うかも。
  「ガンバれっト」は正直イマイチな感じ。やっぱりガンコンを使わないと射的の感覚が味わえない。
  他にも体感ゲームでは「まわすんだ〜!!」が移植される様子。こっちの方が遊んでみたいかも。

 ・E3にてDS「スターフォックスDS」が発表。開発はQ-Games。コレ絶対買うっしょ!
  Q-Gamesの社長であるDylan Cuthbertは元アルゴノート社員でSFC版「スターフォックス」に深く関わっていた人物。
  もしかして完成していながらも発売中止になった幻の作品、SFC「スターフォックス2」がこの「スターフォックスDS」に
  オマケで収録されているかも!?な〜んてそんな夢みたいなことないか・・・。
  ちなみに7月27日に発売されるGBA「bit Generations(ビット ジェネレーションズ)」シリーズの一作品である
  「DIGIDRIVE(デジドライブ)」もQ-Games開発の作品。
  ビットジェネレーションズは今のところ「ドットストリーム」と「デジドライブ」を買う予定。

 ・PS3は値段とかはどうでもいいからリージョンフリーなのかどうかが早く知りたい。
  俺的には家にある北米PS2や北米PSのソフトがそのまま遊べるならPS3買っても良いんだけど。

 ・PSP「METAL SLUG ANTHOLOGY」すげー。1、2、X、3、4、5の計6タイトル収録。とうとうPSPを買う時がきたかねぇ。




5月7日

■リバティ某店

昨日、妻と都内を散歩している時に中古ゲーム屋のリバティを発見。
ほう、こんなところにリバティがあるとは知らなかったなと興味津々にさっそうと入店。
予定外の寄り道に妻は不機嫌気味だったけど(笑
早速店内を見回ってみたところ、

SFC「マイティーモーフィン パワーレンジャー」説付き 380円
FC「アドベンチャーズ オブ ロロU」完品美品 1680円
MD「メガパネル」完品 50円

おぉ!あるね、あるね。なかなかの掘り出し物が。
一通り見終わって数々のソフトを抱えホクホク顔でレジに向かう途中、
ふと呼び寄せられるかのように目に付いたソフトを手にとって見る。
ん?んんー!?なんだこの見慣れぬソフトは!?



海外PSソフト「TEMPEST X3」

PS「TEMPEST X3」はジャガーの「TEMPEST2000」にアレンジを加えた移植版で国内では当然未発売の作品。
(オマケで「TEMPEST2000」も収録されている)
「TEMPEST」シリーズは今まで手の届かないソフトだと思っていたがPS版があるとは知らなかった。
TEMPEST初心者の自分にとっても一番遊びやすいハードの作品なので運が良すぎる。

内容はベクタースキャン(ワイヤーフレーム)表示の3Dシューティング。
複数のレールによって構成されているステージ上で、
敵が画面奥から向かってくるのでそれをショットで撃破していくといったシンプルなもの。

帰宅後、押入れから北米版PS本体を出してきていざプレイ。



目が!目がーっ!!!(笑) 激しいテクノサウンドに乗せて超絶エフェクトが目に刺さってくる。
しばらく遊んでいると熱中しているにも関わらず頭がボーとしてきてゲームに没入している自分に気付く。
これがトランス状態ってヤツなのかはわからないけどこんな感覚を味わうゲームは初めてだ。
正直PS2「Rez」とか全然比べ物にならないな・・・。
こっちでトランスバイブレーターを付けて遊びたいぐらいだよ。とにかく面白すぎる。


結局買ったものは、

PS「TEMPEST X3」中古完品 980円
MD「メガパネル」中古完品 50円

の2点で、計1030円。 うむ、満足満足。
急いでいたので今度またゆっくり見に行くとしよう。




■アナザーワールド ハイレゾ版



あの名作アクションパズルゲームの「アナザーワールド(日本名:アウターワールド)」のハイレゾリューション版がリリース。
(情報元:もみあげ捻挫天国さん)

まだ体験版しかダウンロードしていないけどアウターワールド好きとしては新鮮な気持ちで遊べる。
最初はなんで今更?と思ったけど、今でも多くの人に愛されている作品なんだなと実感。




■その他

 ・GB「地球解放軍ジアース」の買取値がついに8000円に。その値段で買い取っていくらで売るつもりなんだ?
 ・ファミコンランドのレトロ携帯ゲーム機ソフト半額セールは今日まで。って、言うのが遅いかね(笑)?
 ・謎のソフトハウスニブリスのDS「ライド・オーバー・ザ・リバー(仮名)」が気になる。早く画面が見てみたいな。




5月5日

■ハイパーボーイ

我が家にハイパーボーイがやってきた!
ハイパーボーイとは1990年にコナミが発売したGB用周辺機器で、
GB本体をハメ込むことによってアーケードゲームのようなジョイスティックによる操作性と
ダイナミックなステレオサウンドが楽しめる製品。
拡大鏡により画面も1.5倍に表示され、しかも電球で画面を照らしてくれるので画面が見やすくなる。らしい。
電源として単一電池を2本必要とする。ちなみに定価5800円。


ハイパーボーイ。どのへんがハイパーなのか調べねば。 「ゲームマシン、進化論。」「プレイ感覚新次元!」
ほう、なかなか言うねぇ。

このハイパーボーイでGBの名作STG「地球解放軍ジアース」を遊ぶのが小さい頃からの夢だった(ウソ)。 電球で光が照らされて画面が結構見やすくなる。
でも今遊ぶには初代GBの液晶はちょっとキツい。

STGはやっぱりスティックでプレイしたいなってことで早速ジアースをプレイ。
いつものようにタイトル画面から「SET UP」を選んで難易度をハードに・・・
っておい、メニュー選択の時点で明確に分かる操作性の悪さ・・・というか重さに泣ける。
でも意外や意外に画面は見やすいかも。電球による光の照らし具合が効果的だ。
そして何より大音量のステレオ出力が凄い。ズンズンと本体に響いてくる。
今回、久々に初代GB本体に触れたが、改めて初代GBの音の良さを思い知らされた。

このハイパーボーイ、オークションで210円という激安価格で落札したんだが
箱がやたらデカいので送料が900円も掛かった。これは誤算だったなぁ・・・。
でも外箱は結構ダメージがあったにも関わらず中身が新品同様だったのが嬉しい。
本体はピッカピカで画面もキズなしだし、付属の電池も未使用だし(もう使えないと思うけど)。

コレ、実用するにはちょっと無理のある商品だけど、
ゲーマー的には非常にワクワクさせられるおバカアイテムだ。
ゲーマー友達が遊びに来る時にでも部屋にさりげなく置いておいて、
その反応を楽しむとするかね。




4月13日

■ゲームボーイアドバンスSP CLASSIC NES LIMITED EDITION

以前から欲しくてオークションなどもチェックしていたけどなかなか入手出来ずにいたGBA-SPのNESモデル。
それの中古完品(美品)を手ごろな値段で見つけることが出来た。ちなみに6980円。
新宿トレーダーで売っていたんだけど、いつもソフトばかり見ていて、
中古のハードまでは見てなかったから今まで気付かなかったな・・・。
で、もちろんこれを迷わず購入。


ファミコンカラーより断然格好いい。 NESに載せたらお父さんと子供みたいで微笑ましい。


でも中身はノーマルSPと一緒なのでBLSPと比べるとやっぱり画面が暗い。






それならばってことで・・・


両方とも分解


液晶と基盤を載せ換えて「バックライトSP NESモデル」の完成。
そう、これがやりたかった。


レザーケースも良いんだが・・・ アルミケースとも似合うな。


気に入ったので大事にしまっておきたいところだけど、使わないと意味が無いので
もったいぶらずにこれでGBやGBC、GBAのソフトをガンガン遊ぶとしよう。


※本体の分解は自己責任で行ってください。



■ネコソギトルネード

店頭に設置されているニンテンドーWiFiステーションで初めてダウンロードを体験してみた。
ダウンロードしたのは4月13日(木)〜4月26日(水)の間だけ落とせる「ネコソギトルネード」。
任天堂ゲームセミナー受講生制作の作品で、町のあらゆる物を掴んでは投げまくる縦STG。
これが期間限定にするにはもったいないぐらいよく出来ている。
このままダウンロード期間が終了して消えていくには惜しい作品なので
商品化をして欲しいところだが、今後発売する予定はないとの事。
(クラブニンテンドーマガジン 第25号より)
任天堂ゲームセミナー受講生制作の作品集みたいな感じで
複数のソフトをまとめて1本にして出してくれたら嬉しいんだけどねぇ・・・。







■最近買ったもの

最近ネット上で見つけたショップにて色々とお買い物。


(左上から)
タイニータンク / 1500円
ファイティングフォース2 / 1500円
ハーフライフ2 / 3300円
スーパードロップゾーン / 1800円
レベルスター:タクティカルコマンド / 1500円
ダニーファントム:ザアルティメットエネミー / 1800円


安いからつい色々と買ってしまった・・・。
その中でもあまり期待していなかった北米GBA「スーパードロップゾーン」が良い感じだ。
元々はシグノシス開発の作品で海外では良く知られている結構古い作品らしい。
自機は宇宙飛行士で移動スピードは結構速め。しかも動きには慣性がついておりクセのある操作感。





ステージは左右がループ状になっており、そこに散らばっているカプセル(?)を基地に届ければ
その分だけステージクリア時にボーナス点ゲット。
ステージ上にいるザコ達を全滅させることでボスの登場。各ボスは変なデザインのものが多い。
制限付きのシールドや武器&ボムの使い方も重要。音やグラフィックも独特でオリジナリティがある。

このゲーム、シンプルな内容かつテンポの良さでサクサクと何度も遊べてしまう。
国産の良く出来たSTGもいいけど、こうゆう海外のレトロ感溢れるSTGもたまにはいいかも。この値段なら(笑




4月11日

■カードヒーロー + バトラーキット7

先日ソフマップで発見して購入(1980円)してみたんだが、
こんなのが当時ローソン専売で売られていたとは知らなかったなぁ。
定価は5000円で中身はカードヒーローのソフトの他に特製グッズが7つ付属している。



1:ゲームボーイ用携帯きんちゃく袋
2:通信ケーブル用携帯収納ポケット
3:対戦記念及び対戦心得手帳「バトラー手帳」
4:対戦記念用ボールペン
5:会員バッジ(マルヒゲヤ会員)
6:挑戦状
7:敗北証明書&敗北証明ステッカー

特にきんちゃくがしっかりした作りでいい感じだ。使いはしないが(笑)。
どのグッズにもしっかりとマルヒゲヤのマークが入っているあたりがファンには嬉しい。

にしても、そろそろDSあたりで「カードヒーロー2」出してくれないもんかねぇ・・・。
タッチペンを使えば遊びやすそうだし、2画面で情報も見やすい。Wifi対戦も盛り上がりそう。
あとカードの交換も手軽そうだし、店頭のニンテンドーWi-Fiステーションで
オリジナルカードの配布とかもいかにもありそうな話し。
前作の人気を考えると今DSで出せば間違いなく100万本は狙えると思うんだけど。
とりあえず無性にカードヒーローが遊びたくなったのでGBC版を遊び直してみようかね。



4月8日

■株式会社デュアル

先日購入して楽しんでいるGB「アフターバースト」をネットで色々と調べていたところ、
開発を担当した株式会社デュアルのHPに辿りついた。
そして開発業歴のページで様々な作品を手掛けている事を知る。
ふむふむ、PCE「パラノイア」もここだったのかー。あの奇妙な世界観は好きだった。
他にもPCEでは「超時空要塞マクロス2032」や「LDIS」などのSTGも手掛けているようだ。
なるほど、STGをきちんと作れる技術を持ったメーカーなんだな。

って、ん?!「 GB  テールスピン  シューティング 」?・・・お、おお!俺が去年買った海外GBのアレか!
てっきりカプコン製かと思っていたけどここが作っていたとは。
2005年9月29日の散財日記にも書いたんだけどGB「テールスピン」はちょっと変わった横STG。
特徴はゲーム中にAボタンを押すと機体がクルっと180度ターンして背面飛行になり、
もう一度Aボタンを押すと元の状態に戻る。
要するにノーマル飛行(右スクロール)と背面飛行(逆スクロール)を随時切り替えれるシステム。
この背面飛行は取り逃したアイテムを取りに戻ったり、敵の攻撃をかわしたり、後方からの敵を攻撃する時などと多用する。
また移動中の上昇、下降時には機体が斜めになり、それを生かした斜め撃ちも重要なテクニックの1つ。
演出面では縦スクロールする面や巨大戦艦面もあったりでプレイヤーを飽きさせない。
BGMもテンポの良いものが多く、ボス戦のBGMも対決といった感じで盛り上がる。
難易度は可愛いキャラに反して何気にムズい。各ボスも一ひねりある攻撃をしてきたりで熱い。

でもコレ、俺は大好きなのに以前オフ会に持っていった時はあまりウケが良くなかったんだよな・・・。
次回のオフ会でまた持っていって「面白い」と言うまで皆に強引にやらすとしよう(笑)。




ちなみに同じくデュアル開発のGB「ポン太とヒナ子の珍道中 友情編」のレビューが遊戯電線に最近アップされたので、
内容が気になる人はぜひ読んでみよう。NTZさんも言うようにFC「エイトアイズ」っぽい横スクロールアクションです。



4月7日

■Asterix & Obelix XXL


先日IGN.comで動画を見て「これは凄い!」と一目惚れして、
すぐに注文してしまった欧州GBA「Asterix & Obelix XXL」。
でも家に届いた品は「Asterix & Obelix PAF!」と「Asterix & Obelix XXL」の
2in1のカップリングソフトだった・・・。





まあ、ソフト1本タダで付いてきたようなもんだし良しとするか。
早速電源を入れて遊ぼうと思ったところタイトル画面が出る前の
クレジットの表示でなにやら見慣れた名前が・・・







き、きたー!まさか、あの彼らの作品だったとは!
FERNANDO VELEZ氏とGUILLAUME DUBAIL氏の作品と言えば
最近ではGBA版の「DRIV3R(ドライバー3)」が記憶に新しい。
GBAでここまで出来るのか!と思わせるポリゴンによる3D描写に驚愕した作品だった。
また彼らの作品の中でも一番良く知られているのは国内でも販売されているGBA「V-RALLY3」かもしれない。
滑らかなスクロールと緻密なグラフィックが素晴らしく、GBAのくせにドライバー視点まで楽しめてしまうラリーゲームだ。
GBC「チキチキマシン猛レース」もGBCとは思えぬほどの滑らかな3Dスクロールを実現しており、
マリオカート風の各種アイテムを使った攻防が楽しい内容となっている。
海外GBA「STUNTMAN」の出来も非常に良い。これはうちの紹介ページを参照。
自分は所持していないが他にもGBC「TEST DRIVE:LE MANS」やいくつかの作品にも関わっているようだ。





まあとにかく、どの作品でも技術力の高さを見せつけるかのような
クオリティの高い内容に毎回驚かされっぱなしな二人組みなわけ。
で、今回の「Asterix & Obelix XXL」なんだけど・・・正直言ってこれも凄い。
つうかこの人達、アクションも作れるのね。
今回は珍しく3Dアクションなわけだけど、GBAでこうゆうゲームが遊べるとは思ってもいなかった。
とりあえずIGN.comの動画を見て欲しい。
今回の「Asterix & Obelix XXL」でもGBAでここまでやれるのか!と心底驚かされた。
ぶっちゃけ、これをDSで出しても面白くないんだよね。こうゆう作品をあえてGBAで出す事に意義がある。
この2人の手に掛かれば「スーパーマリオ64」とかもGBAに移植出来ちゃうんじゃないだろうか?
ってそんな妄想までさせてくれるほどの彼らなので、今度はDSでどんな作品を見せてくれるのかが楽しみだ。






4月5日

■コナミGBコレクション

GBソフトの中でも未だに根強い人気を誇っている「コナミGBコレクション」。
1つのソフトでジャンルが異なる4つの名作ゲームを楽しめるというお得なシリーズ作品だ。
ゲーム中古屋での相場も高値安定といった感じで完品ならば2千円前後はするんじゃないかと思う。
このシリーズ、VOL.1からVOL.4までの全4作品が出ているわけだけど、
自分は今まであまり興味が無くて見事にスルーしてしまっていた。
と言うのも高値安定でなかなか手が出しづらかったことや、
単品でクォースやコントラ、ネメシス1・2、ツインビーだ!などといった
主要作品を所持していることもあったからだ。

でも最近になって急にコナミGBコレクションでしか遊ぶことの出来ない
GB版の「イーアルカンフー」や、「けっきょく南極大冒険」が遊びたくなってしまった。
むむむ、これは買うしかないな。どうせだし一気に全部揃えちまおう。
それならオークションで4作品同時に出品している出品者を探すのが良さそうだ。
手っ取り早いし送料も一回分で済むし。
そんな感じで日々、オークションをチェックしていたところ、
ついに4作品を同時出品している出品者を発見。
でもまとめてではなく、バラで1個づつ別々に出品している。
よし、こうなったら多少高くなっても4つすべて落札してやるぜい!と気合を入れるも、
大して競らずに全て簡単に落札することができた。ちょっと拍子抜け。
落札金額は合計で約2400円。一本当たり600円とは激安だ。
その品物が本日到着。






VOL.2のみ箱無しなんだけどそのへんは妥協。本当は完品が良かったん・・・
え?何?パッケージが変だって?
あ、言い忘れていたけど落札したのは海外版のコナミGBコレクションね。
チェックしていたのはもちろん海外オークションのebay。
この海外版コナミGBコレクションが欲しくて日々チェックしてたってわけ。
ちなみに落札金額は日本円に換算すると確かに2400円なんだけど、
実際には代行手数料や送料などがプラスされるので合計で7600円の出費。
となると1本あたり1900円で買った計算に。
まあ、それでも国内版と一緒かちょっと高いぐらいかね?

国内版と海外版との違いは、海外版はゲームボーイ&カラー共通カートリッジになり、
内容がカラーで楽しめるところ。これは凄く嬉しい。


国内版で案内役として出てくる場違いな「ときメモキャラ」も海外版ではカットされていたりでグッジョブ。
言語はもちろん英語だけどどのゲームもお馴染みのものばかりなのでプレイ上では全く影響なし。
念願のイーアルカンフーを早速楽しんでいるよ。パポーパポー。







4月1日

■GBA-SP用アルミケース

以前海外のサイトで一度見掛けて以来ずっと気になっていたGBA-SP用のアルミケースを
最近になって海外サイトのショップで発見することができたので取り寄せてみた。
早速装着してみる・・・



おっ!結構いい感じだ。

元々はSP用に作られた製品だが
同サイズのBLSPでももちろん使用可能。

いかにも金属といった感じのソリッドな見た目がいい。

触るとヒンヤリと冷たいのも金属ならでは質感。
蓋を開けるとヒンジ部分のパーツが可変し、
蓋と干渉しないような独特な構造になっている。

電源スイッチや音量ボリューム、LRボタンなどは
少しだけ押しづらいが、ぜんぜん許容範囲内。
SP用レザーケースと同様に、蓋を開けるだけで
そのまま遊べるのが非常にスマート。

うむ。レザーケースも好きだけどこれも気に入ったぞ。

・・・ただ、ぶつけたりしたらアルミケースが
凹みそうでちょっと怖いな。

よし。このアルミケースを保護するケースを買ってくるとしよう。
っておい(笑)。



3月30日

■PANG!

結構前に注文してあった海外GB「Buster Bros」が到着。




これ、アーケード版「ポンピングワールド」(ミッチェル開発)のGB移植版。
内容は画面の中を跳ね回る玉を上方向に伸びるモリでひたすら割るだけ。
初めは大きな玉1つだがそれを割ると2個→4個→8個にまで増え、
すべてを割ることでステージクリアとなる。
非常にシンプルな内容だがそれゆえについつい何度も遊んでしまう魅力を持った作品だ。
アイテムの使い方や地形をどう生かすかなどのパズル的な要素もあって面白い。
よっしゃー!携帯機でいつでもどこでもPANGが遊べる!背景の富士山も綺麗だぜー!




なんて浮かれてたら、PSPで「スーパーパンコレクション」出る予定あるのね・・・。
正式には「カプコンパズルワールド」(GameSpot)。気になる内容はというと
「スーパーパンコレクション」と「スーパーパズルファイターUX」のカップリング。
言うまでも無くPSP版の方が出来が良いに決まってるから、GB版ではしゃいだ俺は負け組みか。
いいさ、いいさ、どうせ俺はPSP持ってないから代わりに
GBA「スーパーパズルファイターU」と、このGB「Buster Bros」を持ち歩いて我慢するもんね。


ちなみに他のハードではPCEで「ポンピングワールド」、SFCで「スーパーパン」、
PSで「スーパーパンコレクション」が発売されている。あと携帯アプリにも移植されてるみたい。
また、PCEの「凄ノ王伝説」や「遊々人生」のミニゲームでこのシリーズの元になった
「キャノンボール」というゲームを遊ぶことが出来る。本編より夢中になった人も多いのでは?
まだ遊んだことが無い人はとりあえずどれでも良いんで遊んでみてくださいな。




3月25日

■新カオス館

移転したカオス館が本日オープンとのことで様子を見てきた。



新店舗の場所は以前トレーダーが入っていたビル。(詳しくはカオス館HPを参照)
ゲームハリウッドやトレーダーがすぐそばにあるので非常に移動しやすくなって便利になった。
で、新カオス館なんだけど、オープン記念で何かセールでもやるかなと思っていたんだけど、
特に激安な品物とかはなくて残念。海外GBAのコーナーぐらいしか詳しく見ていないけど。

特に買う物も無かったので店を出てそのまま向かいのトレーダーのビルへ。
こちらは恒例の鬼特価のセール中だったけど、こちらでも特にめぼしい物がなく店を後にした。
その後はいつも巡回している店を回ったりしてちょこちょこと買い物。

また、時間に余裕があったので中野の「まんだらけギャラクシー」にも足を伸ばしてみた。ちなみに初めて行ったよ。
まずはショーケースの中のとんでもないプレミア価格の品々がお出迎え。思わず失笑。
早速入店して店内をチェック。うむ、ソフトの品揃えは秋葉以上かもしれない。陳列も丁寧で非常に見やすい。
プレミアソフト以外のソフトも少し割高感はあるものの買えるだけましと言ったところか。
欲しいソフトがいくつもあったのでまた行きたいと思っている。

と言うことで今日1日で買ったものはと言うと、


_ (左上から)
ポケットキング / 280円
カーブノア / 480円
ゴーゴー・タンク / 480円
ガイアマスターDUEL / 280円
ダフィー・ダック / 2300円
コマンドマスター / 280円
ソウルゲッター / 280円
コトバトル / 280円
パズルボーイ / 480円
パズルボーイU / 680円

下の記事でも書いたけど、ここんとこGBとGBCソフトばかり買っている。
数年前に一度自分の中で初代GBソフトブームがあって、その時に初代GBに関しては気になるものを大体揃えた。
箱説付き・裸ソフトの両方含めて約100本ぐらいあるかな。
そして今回の第二次GBブームの到来。今度はGBCソフトも対象に含まれているので新しい発見が多い。
思わぬ良作に出合った時は小躍りしつつも、まだまだ勉強不足だなと痛感させられる。

もっと色々と情報収集して、安く売っているうちに良作達をサルベージしておこうと思う。



3月19日

■買い物

出掛けた先で偶然ゲームショップを見つけたのでいざ突撃。


パズル デ ショーブヨ!ウータマちゃん / 680円

グランデュエル〜深きダンジョンの秘宝〜 / 280円

リトルマジック / 980円

ゴジラくん 怪獣大行進 / 480円

「ウータマちゃん」:パズルゲーム。キャラがキモイがちゃんと遊べる。レビュー(芸魔の館さん)
「グランデュエル」:カードバトルRPG。まだ少ししか遊んでないがとりあえずグラフィックが凄い。
「リトルマジック」:パズルゲーム。以前から探していた一品。倉庫番の亜流だけど面白い。レビュー(こちらも芸魔の館さん)
「ゴジラくん」:アクションパズル。コンパイル製作とは知らずに購入。軽快な音楽が素晴らしい。


今回はとても満足のいく買い物だった。特に「リトルマジック」が嬉しい。
にしてもBLSPのおかげで最近はGB&GBC&GBAのゲームばかり遊んでいる。
GBやGBCのゲームは「内容(アイデア)で勝負!」といった感じのものが多くて、今遊んでもワクワクさせられる。

GBAはニンドリの付録だった「GBA完全ソフトカタログ」を片手に、出荷本数が少なめの中から気になるソフトを購入中。
この先しばらくはこんな調子だと思う。




3月18日

■DS用ケース

ふと手に取ったマイDS本体を眺めてみると細かいキズが結構ある事に気付いた。
液晶画面や本体のキズは結構気にするタイプなので軽くヘコんだ。
普段DSは外に持ち歩くことはないんだけど、こないだのオフ会に行ったときに
そのままバッグに入れて持ち歩いていたのが原因かもしれない。反省。
そんなわけでDS本体用のケースでも買ってみようかと思った。

早速仕事帰りにソフマップで物色。
色々とあるにはあるんだけど子供っぽいカラフルなデザインの商品ばかりでう〜む・・・。
そんな中、一番目立たないところにひっそりと陳列されている品を発見。
サイバーガジェット製のレザーケース「Art-003 LEATHER CASE(DS用)
これが特価980円で売っていたので購入してみた。(通常価格2500円ぐらいの品)


__

本革を使用しているので安っぽさはなく、しっかりとした作りが好感触。
シンプルなデザインなので飽きもなさそう。革独特の質感もいい。
うんうん、まさに大人用DSケースといった感じで気に入った。
また、DSのカードを3枚収納できるカードホルダーが付属しているんだけど、
初めはカードが入れれないほどのキツキツのサイズで作られている。
まあ徐々に馴染んでくるから問題ないんだけど、こんなの邪魔臭くて使う気は全く無い。

2500円だとちょっと高く感じるかもしれないけど、
980円で買えればかなり満足できるケースだと感じた。



2月26日

■オフ会

昨日、2月25日(土)に秋葉原にてオフ会を開催しました。
参加していただいた方は、
9999さん、COSさん、MKYさん、けーすけさん、ジンさん、
玉木さん、とんぬらさん、machさん、ryoさんの計9名(順不同)。
こんなに大勢の方に参加して貰うのは初めてなので少々緊張しました。

14時に秋葉原駅にて待ち合わせ。私NAM-5が携帯を家に忘れてくるというありえない失態があったものの
その被害を受けたのはとんぬらさんだけだったので、まあ特に大きな問題はなし(笑
皆さんが集合したところでゲームショップの探索を開始。今回は、
トキワムセン → トレーダー2(移転してデカくなった) → ゲームハリウッド → スーパーポテト
→ 紙風船 → ゲームバンク → トレーダー本店 → カオス館 → ソフマップ → 古本市場
といった流れで各ショップを巡りました。
皆さんゲーム好きな方ばかりなので我こそが先と言わんばかりに
必死に品物をチェックしていたのが印象的でした(笑)。
その中でもスパーポテトでは以前(2月12日の記事参照)自分が購入した中古完品のGB「地球解放軍ジアース」780円を
求めてGB売り場が一時騒然となりましたがもちろん在庫はありませんでした。
またメッセサンオーカオス館では狭いフロアをオフ会のメンバーで埋め尽くし、移転前の良い思い出となりました。

17時になったところで飲み屋に入店。酒を飲みながらゲームの話で盛り上がりました。
皆さんそれぞれが濃い一面を持った方々ばかりなので非常に面白い話ばかりを聞けて楽しめました。
ゲームも少し対戦しました。DS「ブリーチ」、DS「応援団」とやりましたがいずれも玉木さんが強かったように思います。
次回のオフ会にはGBA「スーパーマリオアドバンス」シリーズやGBA「マリオ&ルイージRPG」に収録されている
「マリオブラザーズ」の4人対戦をしてみたいので上記ソフトを持っている人はぜひ持ってきてください。

23時頃になりお開きにすることに。え!?もうそんな時間?と思えるほどあっと言う間の楽しいひと時を過ごせました。
大人数でのオフ会に慣れていないせいもあり、当初は少し不安に思うところがありましたが
そんな心配はどこにやらといった感じで、今迄で一番盛り上がったオフ会となり大成功に終わりました。
参加していただいた皆さん、今回は本当に有難うございました。
また機会があればぜひご参加願います。

今回の購入物:
GBA「スペースヘキサイト メーテルレジェンドEX」(COSさんのオススメ) / 810円



■ゲームショップ1983

急用がありオフ会の直前に一泊二日で北海道に行って来ました。
その際、少し空き時間があったので今何かと話題の?ゲームショップ1983さんを訪ねてみました。


ブログに載っている住所をメモして行ってみたんだけど
お店は大きい道路沿いにあって分かりやすい場所にあった。

看板が光り輝いて遠くからでも認識しやすい。
極寒の地で見つけたその光はまるで砂漠のオアシスのよう。

ちなみにお店の前に積まれた除雪された雪は
1.5m近い高さがある。
おお!これが噂の学校机とイスによる店頭試遊機か。

その日は氷点下3℃だったんだけどそんな状況下でも
問題なく稼動しているファミコンに拍手。

ちょっと遊んでみようかなと思ったけど
かじかんだ手ではろくにプレイもできないし、
それよりも問題なのは何気に人通りが激しい事。

ここでプレイするには、

・人通りの目を気にしない「心」
・かじかんだ手でも上手くプレイする「技」
・氷点下の外気の中でも耐えれる「体」

の「心・技・体」の三位一体が必要。俺には到底無理。
店員の方の了承を得て店内の様子を撮らせて貰った。

店内は整理整頓されていて、
ゲームのディスプレイも非常に丁寧で綺麗。
ジャンル別や50音順などで
ゲームを探しやすいように色々と工夫されている。
ゲームを好きな人が経営しているんだな、というのが
ヒシヒシと伝わってきた。

また想像していたよりも店内は広く、非常に見応えがあった。
ただし、GB系のソフトがやや少なめに感じた。

これから力を入れていって欲しいなと思うところ。

また北海道に行く機会があれば立ち寄りたいなと思わせる
温かみのあるゲームショップでした。

で、ゲームショップ1983さんで購入したものはというと、

GBA
アオ・ゾーラと仲間たち 夢の冒険 / 1983円

GBA
エアフォースデルタU / 580円

ゲームショップ1983名物の1983円で売っていたGBA「アオ・ゾーラと仲間たち 夢の冒険」中古完品と
以前から探していたGBA「エアフォースデルタU」中古裸の2つのソフトを購入。
どちらも自分があまり他の店で見かけないソフトだったので非常に満足のいく買い物となった。




2月22日

■欧州GBA「Alien Hominid」

うちにもやっと届いたよ・・・。




カオス館が思ったよりも早く入荷してくれちゃったおかげで
今回の海外からの取り寄せは完全に失敗だったなぁ。
代金も込み込みで8200円も掛かって、カオス館よりも3000円も高いし。

まあでも、ZOOショップのオリジナル特典付きってのがせめてもの救いか。
(ZOOショップ:「Alien Hominid」のオフィシャルショップ)



限定50着のAlien Hominid特製Tシャツ付き

先着50名様にお値段そのままでTシャツが付いてくるという太っ腹サービス
うむうむ、3000円でこのTシャツが付いてきたと思えば安いものだ。(高ぇよ

早速遊んでみたがこれは上手く移植できているなぁと感心。
様々な種類の銃を上下左右にバリバリと撃ちまくる!
敵をナイフでズバっと真っ二つに斬る!
敵の背中に飛び乗ってガブリ!と頭から喰らう!
地面に潜って敵を地中に引きずり込む!
敵の攻撃をバック転や前転でサラリとかわす!
車に乗って笑いながら敵をはね飛ばす!
可愛いく無邪気に暴れまくるエイリアンが素敵すぎる。
敵の死にパターンもユーモラスなものが多くアニメちっくで面白い。
難易度も上手く調整できており据置機版よりも遊びやすくなっている。
携帯機という事を考慮してか各面クリア後にセーブをしてくれるのも有難い。
これがあればもう北米PS2版いらないじゃん。とは言いすぎか。
アクションゲーマーにはぜひ遊んでもらいたいな。




2月19日

■秋葉原

先日玉木さんに遊ばせてもらって凄く気に入ってしまった海外GBA「マックスペイン」が
ナイスタイミングでゲーハリに再入荷していたのを発見。(2月14日時点で)
早速会社帰りに秋葉原に寄って購入してきた。
で、そのまま帰るのもなんだしと思い、お気に入りの店だけをチョロっと巡回。サクっと散財。


_ GBC5本セット / 400円
海外GBA
マックスペイン / 3980円
サイバーUSB充電ケーブル / 130円
ディズニースポーツ:モトクロス / 3980円
グラディウスジェネレーション / 2000円

画像右上の固まり(GBC5本)なんだけど一応ジャンク商品らしい。ちなみにトレーダーで購入。
内容は「ビートマニアGB2 ガッチャミックス」「カードヒーロー」「ポケモンカードGB」、
「ポケモンカードGB2」「攻めCOMダンジョンドルルルアーガ」の5本。
一本あたり80円って・・・(笑)。しかもみんな良作ばかりじゃないか。
ジャンクとは言っても全部箱説付きだし、もちろんどれも問題なく遊べた。
カードヒーローは特典のカード(マナトット)までちゃんと未開封で付属してるし。
よしよし、これはお買い得だったぞ。特にガッチャミックスが気に入ったよ。




■Shooting Force 死ぬ気で追いかけろ

3月2日にスパイクから発売されるPSP「パースートフォース 大追跡」が気になる。
カーアクション物は今まで色々なタイプが出ているけど、
ドライバーが走行中に違う車に飛び移って強奪できるシステムは初めてなんじゃないかな。
で、この「パースートフォース」の公式サイトに「Shooting Force 死ぬ気で追いかけろ」っていう
ミニゲームがあるんだけどこれが結構面白い。「パースートフォース」をモチーフとした縦スクロールSTGで、
本作同様に自機(車)を乗り換えていくことで攻撃方法や移動スピードが変化していく。
攻撃してくる敵車の編隊もバラエティ豊かで、武装ヘリ(ボス)の弾幕も熱かったりと結構本格的な作り。
自分、こうゆうカーシューティング物に弱いんだよなぁ。バトルフォーミュラとかガンデックのSTG面とか好きだし。
この「Shooting Force 死ぬ気で追いかけろ」をもっと作り込んで一つの作品として販売して欲しいなぁ・・・。
って、無理だろうけど(笑)。



2月17日

■DS Lite


いつものように会社帰りにソフマップに寄ったところ、
店内に設置されているニンテンドーWi-Fiステーションの前で何やら作業をしていた。
横から覗いてみたところ固定設置されているDS本体をDS Liteに付け替える作業中のようだ。おおこれはラッキー。
待つこと3分ほどで作業が終了したのでDSLを早速触ってみた。

まず想像していたよりもDSL本体が小さくて驚いた。

持った時にDSよりも両手の距離の近さを感じる。

上手く言えないけど両手の中に納まるような感覚。

画面も改良されており明るくてクッキリとした表示。

本体が小さくなったおかげで液晶が大きくなったような錯覚も。

マイクはヒンジの中央部分に移動されて使いやすそう。

少し太く長くなったタッチペンも持ちやすくていい感じ。

ソフトは「瞬間パズループ」の体験版をプレイ。
ボタン表面はサラっとした加工がされている。

ABXYボタンの押し心地は自然かつソフト。

押した時にある程度の深さがありDSとは明らかに違う。

十字キーは少し小さくなったが操作性は向上。

操作性では定評のある初代GBAの十字キーに近い。

スタート・セレクトボタンは小さいながらもしっかりとしたクリック感。

LRボタンも同様にDSよりも押しやすくなっている。
艶があり非常に高級感のある外装。

DSマークは少し浮き上がっている。

画像では切れてしまったが充電中でもランプが確認しやすいのが良い。

化粧コンパクトにも見えなくも無いシンプルで洗礼されたデザインは

女性ユーザーを大いに意識している感じ。

GBA−SPのようなシンプルなデザインなので

サードパーティーから色々と専用ケースや

外付けのオプション品などが発売されそう。

【感想】
GBAソフトが約1cmはみ出るのが微妙だなーとあまり良い印象がなかったDSLだけど、実際に触ってみたら
本体の小ささや液晶画面の明るさ、そして何よりも各ボタンの押しやすさに惚れてしまった。ブリーチDSが遊びやすそう。
こんなの売れるに決まってるじゃんよ・・・。今DS持っている人は触ったら最期。絶対欲しくなるはず(笑)。




2月12日

■秋葉原にて


昨日(2月11日)、「Take It !!」の玉木さんによるオフ会に参加してきました。
玉木さんのオフ会(通称:ダンディズムオフ会)に参加したのはこれで二回目。
今回は他の常連の方たちの都合が悪かったようで参加者は自分ひとりでした。
要するに玉木さんと自分だけの2人だけのオフ会。
まあ、そのおかげ?で2人でゆっくりとゲームショップを回れたし飲み屋でも色々と語れました。

色んな店での収穫はというと、


上段(左から):

ANTI-GLARING LIGHT SET / 680円
SILICON SKIN / 480円
カードケース6D / 525円
mini-DS CARD HOLDER / 0円



下段(左から):

スパルタンX / 500円
地球解放軍ジアース / 819円
GBA用Y字ドライバー×2 / 504円×2

「ANTI-GLARING LIGHT SET」:ゲームバンクにて購入。これについては後述。

「SILICON SKIN」:カバーがぶ厚くてABボタンが押しづらいです。玉木さんに提供して比較してもらう事に決定。

「カードケース6D」:ゲームテック製のDSカードを6枚収納可能なケース。以前買って使いやすかったので二個目を購入。

「mini-DS CARD HOLDER」:玉木さんから貰った。DSのカードが2枚収納可能な任天堂ライセンス商品

「スパルタンX」:フレンズにて購入。げーまー的ダッシュさんの記事を読んで買戻し。サマーソルトキックが爽快。

「地球解放軍ジアース」:スーパーポテトにて購入。ジアースの完品を安い値段で発見。

「GBA用Y字ドライバー×2」:若松通商本店にて購入。手持ちのY字ドライバーがへたれてきたので購入。

左上の「ANTI-GLARING LIGHT SET」なんだけど、どうゆうモノかって言うと、
GBミクロに蓋を付ける事ができる商品。金・白・迷彩の3種類のカラーが同梱されている。
実際に装着してみるとこんな感じ。

_
フェイスプレート部分は透明。下が丸見えで恥ずかしい。フェイスプレートと蓋を繋ぐヒンジの部分もあまり出来が良くない。 蓋を閉じたところ。一体感はあるもののちょっと安っぽいのが残念。まあ値段も安いしね。

なんでこんなものを買ったかって言うと画像にもあるようにプレイやんと関係がある。
自分は毎日通勤時にこのプレイやんで音楽を聴いているんだけど不満点が1つあった。
それはカバンの中でスリープモードが勝手に解除されてしまうところ。
と言うのもプレイやんでは、十字キーやABボタンに触れてしまうとスリープモードが解除されてしまうから。
その結果、カバンの中で音量が勝手に上がったり曲が停止したりするんだけど、
満員電車の中では身動きがとれずに直すのも一苦労。カバンをゴソゴソ、動いてモゾモゾ。正直他の乗客に迷惑。
(なお後発のPLAY-YANmicroではその欠点が改良され、スタートボタンでスリープ解除になっている)
だからそのプレイやんの欠点を補うためにこの商品を買ってみたというわけ。
とりあえず勝手にスリープモードが解除されなくなったのは嬉しいんだけど、安っぽいのがちょっとなぁ。

SPやDS(折りたたみ式)で使うことを前提に開発されたプレイやんだからこの設計はしょうがないのかね。
とは言っても設定ファイルのバージョアップとかでどうにか対応出来ないもんだろうか?頼むよ、任天堂さん。
この為だけに新たにPLAY-YANmicroを買うのもなんか納得いかないよ。




2月5日

■GBA「Alien Hominid」

以前から楽しみにしていたGBA版「Alien Hominid」が
2月3日に欧州地域でめでたく発売された様子。
発売がズルズルと伸びるんじゃないかと勝手に予想していただけに
これは嬉しい誤算となった。もちろんぜひとも購入したいと思っている。

ゲーム内容はPS2版、GC版、XBOX版からの移植となっており、
飛ぶ!撃つ!斬る!といった感じの痛快な2Dアクション。
(初回プレイは死にまくりの難易度はもうちょっとどうにかして欲しいけど)
特にこの作品の売りは敵を頭からガブリと噛み殺したり、乗り物で轢き殺したり、
ズバっと体を真っ二つに斬ったりと、見た目の可愛いさとは裏腹にやる事がエグいところ。

早速、カオス館とゲームハリウッドに電話で問い合わせてみたところ、
両店とも今のところ入荷予定はないらしい。残念・・・。
と言うかこのソフトの存在を初めて知ったという印象さえ感じた。
だからちょっと時間は掛かるかもしれないけど待っていればそのうち入荷するかもしれない。

う〜ん・・・カオス館やゲーハリに入荷されるのを待つか、
海外サイトから購入するか迷うところだ。




■GBA「トゥームレイダー:プロフェシー」



以前から欲しいなと思っていたGBA「トゥームレイダー:プロフェシー」の新品を
ヤフオクでそれなりの値段で落札することが出来た。
よし、これで海外GBC版2本と国内GBA版が揃ったぞ。
海外GBC版では2D横スクロール視点を採用していたが、
GBA版はクォータービュー視点を採用しておりこれが意外と悪くない。
二丁中拳銃を構えたままの回転ジャンプやジャンプのたびに発する「ハッ」って声も
ちゃんとララ(レイラ)だし、うん確かにちゃんとトゥームレイダーしてる。
でも・・・なんか違うな。思うにGBC版のような横スクロール視点の方が
トゥームのゲーム性に合っているんじゃないかなと思う。
GBA版スプリンターセルのようなリアルなグラフィックで滑らかにアクションをこなす
2D横スクロール視点を採用したGBA版も見てみたかった気がする。



■GBAソフトの収納方法

NTZさんのブログ「遊戯電線」(2月2日の記事)にてGBAソフトの収納方法を紹介していたので
ここでは私、NAM-5の収納方法をご紹介。


遊んでいないソフトや空箱はまとめて衣装ケースに詰め込んでいる。GBA専用にしてしまえばかなりの数が収納可能。ちなみに衣装ケースは蓋式のものよりも引き出し式のものが出し入れしやすくて便利。うちではPSソフトも同様の収納の仕方をしている。 良く遊ぶソフトはすぐに出せるように別のプラスチックケースに入れている。GBAソフトが計27個(9個×3段)ぴったりと収まるので気に入っている。でもこのケース、レンタルビデオ用のケースだと思うんだけどどこで入手したんだっけな・・・?

<追記>
PSソフトはこんな感じ。タイトルも見やすい。





1月28日

■スペースインベーダーEX




以前某所で「面白い」との情報を聞きつけ、やっと店で見つけたので購入してみた。ちなみに今まで色んなソフトを買ってきたけど、スペースインベーダーのソフトを買うのはこれが初めてだったりする。で、「まあ、グラフィックが綺麗になってアイテムが増えたぐらいでスペースインベーダーはスペースインベーダーっしょ?」程度の気持ちでプレイを開始したところその予想は見事に裏切られた。

このGBA版の特徴は15種類のスペシャルショットが使用できるところ。このスペシャルショットのおかげで敵を倒す爽快感とゲーム進行のテンポの良さが生まれており、スペースインベーダーらしかなる内容になっている。このスペシャルショットを使うには同じ種類の敵を連続で4匹倒してエネルギーバーを溜める必要がある。なお途中で違う種類の敵を倒すとエネルギーバーがリセットされてしまう。エネルギーバーが溜まった状態でBボタン(もしくはLボタン)を押せばスペシャルショットの発動。スペシャルショットの種類は15種類で、敵の種類も15種類。つまりそれぞれの敵によって使えるスペシャルショットが違うところが面白い。直線状の敵を全滅させる貫通弾や、着弾後に直角に曲がって横一列の敵全てを倒すバーストミサイル、扇状に広がる拡散砲、強力な極太レーザー、自機による体当たりなどとその効果は様々。

プレイを例えると、「あの赤い敵で赤・赤・赤・赤とチェーンを組んで・・・よし溜まった!スペシャルショット発動。よし次は青・青・青・・・」って・・・、なにこのシルバーガンっぽいシステム(笑)。スペシャルショットの発動は言うなれば「力の解放(斑鳩より)」か。まあ、強引に銀銃や斑鳩に例えることも無いんだけど、とにかく面白い物に仕上がっているのは確か。スペシャルショットを使って同じ敵を4匹倒すことが出来ればエネルギーバーがまた溜まり、発動→溜まる→発動→溜まる・・・といった具合に連続使用することも出来る。スペシャルショットの連続使用で1つの面が数秒で終わることも珍しくなく、その爽快感とテンポの良さが非常に気持ち良い。またそれを狙ったかのような絶妙な敵の配置の上手さも銀銃や斑鳩っぽさを感じさせる一因かなと。

銀銃っぽいシステムのパズル感覚のシューティングという点で開発スタッフのトレジャー作品に対するリスペクトはほぼ間違いないんじゃないかと思う。その証拠にスペースインベーダーEXの公式サイトのスクリーンショットには斑鳩のチャプター3のボス(鶉)に激似のボスが(笑)。という事で、もし手ごろな値段で売っていたらぜひ手にしてみて欲しいなと。 ちなみにこのソフトの開発を行ったのは海外のTorusGamesという会社。つまり海外版からの移植作品である。まあ移植って言ってもパッケージだけで変えて中身いじってないっぽいけど。




1月13日

■海外GBA「CTスペシャルフォース」シリーズ



昨年の12月にヤフオクで落札した「CTスペシャルフォース2」をクリアした。
うむ、キャラの動きやドット絵のグラフィックが頑張っており気に入ったぞ。
各所に見られる細かい仕事の1つ1つに開発者のこだわりを感じる。
これは1作目と3作目もやってみたいなと思い早速海外から取り寄せてみた。
ちなみにこの作品の「CT」ってのは「カウンターテロリスト」の略で、
タイトルは「対テロリスト特殊部隊」の意。
つまりプレイヤーは対テロ特殊部隊の隊員となり
巨大テロ組織の殲滅を行うのがこのシリーズの一連の目的。

で、早速届いた1作目と3作目をプレイしてみたんだけど、
1作目は正直あまり出来が良くないように感じた。
いかにもメタスラっぽいだけの荒削りなアクションゲームといった感じで
遊んでいてもストレスが溜まるだけ。正直残念な出来。
だからもしこのシリーズに興味が沸いた人がいたなら
ローリング(前転)や銃身の固定などの新アクションが追加され、
細かい部分での調整が出来ている2作目か3作目のどちらかがオススメ。

HALO降下による敵地潜入、スナイパーモードによる人質解放、
ヘリを使った民間人救出、武装ヘリによる縦STGなどといった
各種ミニゲームも気分を盛り上げるのに一役買っていて良いね。
今後もぜひ続編を出していって欲しいな。



1月7日

■新年のご挨拶


あけましておめでとうございます。
かなり遅れてしまいましたが本年も宜しくお願いいたします。

今更だけど去年買ったソフトの中からお気に入りのもの5本を発表。

●PS2「GLADIATOR -ROAD TO FREEDOM-」
●PS2「ワンダと巨像」
●GC「バイオハザード4」
●PS2「GOD of WAR」
●DS「押忍!闘え!応援団」

感想は省略。どれも面白かった。


TOPへ  気になるゲーム情報2004 気になるゲーム情報2005