abouttoplogなちまりゴトreportはてなアンテナI know.アンテナ?D
参戦記録
2003年
1月25日 Hello! Project 2003 Winter 〜楽しんじゃってます〜 横浜アリーナ C1列84番
2月14日   「赤いフリージア」発売記念ミニライブ&握手会 Zepp Tokyo  
3月29日   「理由」発売記念イベント&握手会 JRセントラルタワーズ・タワーズガーデン  
4月26日 藤本美貴ファーストライブツアー2003春 〜MIKI@〜 Zepp Tokyo D290番
4月26日 藤本美貴ファーストライブツアー2003春 〜MIKI@〜 Zepp Tokyo A895番
5月5日 モーニング娘。CONCERT TOUR 2003 春 "NON STOP!" さいたまスーパーアリーナ 238扉17列808番
5月5日 モーニング娘。CONCERT TOUR 2003 春 "NON STOP!" さいたまスーパーアリーナ 236扉19列753番
6月1日 後藤真希ファーストコンサートツアー2003春〜ゴー!マッキングGOLD〜 神奈川県立県民ホール 2階10列56番
6月1日 後藤真希ファーストコンサートツアー2003春〜ゴー!マッキングGOLD〜 神奈川県立県民ホール 3階9列21番
7月5日   松浦亜弥コンサートツアー2003春〜松リングPINK〜 東京国際フォーラム ホールA 1階47列79番
7月6日   「Our Song」発売記念イベント&握手会 Zepp Tokyo  
7月26日 Hello! Project 2003夏〜よっしゃ!ビックリサマー!!〜 国立代々木競技場第一体育館 南スタンドHブロック2列12番
8月17日 メロン記念日ライブツアー2003 SUMMER〜夏メロン〜 赤坂BLITZ A368番
8月18日   「22歳の私」発売記念イベント よみうりランドオープンシアターEAST Bブロック15列168番
8月28日   「抱いてよ!PLEASE GO ON」発売記念〜MAKI☆SUMMER FESTA☆2003〜 よみうりランドオープンシアターEAST Aブロック3列11番
9月14日 後藤真希 コンサートツアー2003秋〜セクシー!マッキングGOLD〜 東京厚生年金会館 大ホール 1階8列12番
10月5日 モーニング娘。 CONCERT 2003〜15人でNON STOP!〜 横浜アリーナ C2列84番 レポ
10月5日 モーニング娘。 CONCERT 2003〜15人でNON STOP!〜 横浜アリーナ A11列43番
10月18日 後藤真希 コンサートツアー2003秋〜セクシー!マッキングGOLD〜 さいたま市文化センター 大ホール 1階16列42番 レポ
10月18日 後藤真希 コンサートツアー2003秋〜セクシー!マッキングGOLD〜 さいたま市文化センター 大ホール 1階17列7番
11月1日   「FIRST KISS」発売記念握手会 ラフォーレミュージアム六本木 669番 レポ
11月3日 松浦亜弥 コンサートツアー2003秋〜あややヒットパレード!〜 東京厚生年金会館 1階8列25番 レポ
11月22日   Hello! Project SPORTS FESTIVAL 2003〜ニッポンの女の子は音楽と体育です!!〜 東京ドーム B35ブロック43列209番 結果
12月16日   「かわいい彼」発売記念ミニライブ&握手会 Zepp Tokyo B437番

2004年
1月5日 Hello! Project 2004 Winter〜C'MON!ダンスワールド〜 中野サンプラザ 1階6列26番 レポ
1月14日 Hello! Project 内 新ヴォーカルグループ誕生記念 記者発表会 中野サンプラザ 1階23列38番 レポ
1月24日 Hello! Project 2004 Winter〜C'MON!ダンスワールド〜 横浜アリーナ アリーナB22列18番
1月24日 Hello! Project 2004 Winter〜C'MON!ダンスワールド〜 横浜アリーナ センター51列16番 レポ
1月25日 Hello! Project 2004 Winter〜C'MON!ダンスワールド〜 横浜アリーナ 立見C316番
1月25日 Hello! Project 2004 Winter〜C'MON!ダンスワールド〜 横浜アリーナ 西スタンド10列29番 レポ
2月7日 ハロー!プロジェクト・キッズ FCツアー2004 ラフォーレミュージアム六本木 641番 レポ
2月8日 「エーゲ海に抱かれて」発売記念握手会 渋谷公会堂 1階7列39番 レポ
2月14日 2003〜2004年モーニング娘。さくら組初公演〜さくら咲く〜 羽生市産業文化ホール 大ホール 立見後列23番
2月14日 2003〜2004年モーニング娘。さくら組初公演〜さくら咲く〜 羽生市産業文化ホール 大ホール 立見後列40番 レポ
3月20日 2003〜2004年モーニング娘。おとめ組初公演〜おとめチック〜 大宮ソニックシティ 1階4列23番 レポ
3月21日 メロン記念日ライブツアー2004春〜もぅ ホレちゃうぞ!〜 Zepp Tokyo B-391番 レポ
3月21日 メロン記念日ライブツアー2004春〜もぅ ホレちゃうぞ!〜 Zepp Tokyo B-1209番 レポ
4月1日 「あなたなしでは生きてゆけない」デビュー記念イベント Zepp Tokyo A-405番 レポ
5月1日 モーニング娘。コンサートツアー2004春〜The BEST of Japan〜 さいたまスーパーアリーナ 200レベル215扉7列292番
5月1日 モーニング娘。コンサートツアー2004春〜The BEST of Japan〜 さいたまスーパーアリーナ 200レベル235扉21列733番
5月2日 モーニング娘。コンサートツアー2004春〜The BEST of Japan〜 さいたまスーパーアリーナ 200レベル236扉26列776番
5月2日 モーニング娘。コンサートツアー2004春〜The BEST of Japan〜 さいたまスーパーアリーナ アリーナ南5列19番 レポ
5月15日 後藤真希コンサートツアー2004春 〜真金色に塗っちゃえ!〜 神奈川県民ホール 1階13列11番 レポ
6月6日 松浦亜弥コンサートツアー2004春 〜私と私とあなた〜 NHKホール 2階C14列38番 レポ
6月14日   メロン記念日スペシャルライブ2004〜ボーナス!〜 中野サンプラザ 2階1列49番 レポ
6月28日   安倍なつみファーストコンサートツアー2004〜あなた色〜 パシフィコ横浜国立大ホール 1階44列62番 レポ
8月1日 Hello!Project 2004 SUMMER 〜夏のド〜ン!〜 国立代々木競技場第一体育館 アリーナB-5ブロック60番
8月1日 Hello!Project 2004 SUMMER 〜夏のド〜ン!〜 国立代々木競技場第一体育館 2階スタンド南Hブロック6列15番 レポ
8月13日 2004年夏ファーストコンサートツアー〜Wスタンバイ!ダブルユー&ベリーズ工房!〜 大宮ソニックシティ 2階12列10番 レポ
8月15日 メロン記念日ライブツアー2004 夏 Zepp Tokyo
8月31日 「ハピネス〜幸福歓迎!〜」発売記念イベント よみうりランドオープンシアターEAST Aブロック13列34番
9月4日 安倍なつみファーストコンサートツアー2004〜あなた色プレミアム〜 グリーンホール相模大野 2階6列34番 レポ
9月25日 松浦亜弥コンサートツアー2004秋 〜松☆クリスタル 代々木スペシャル〜 代々木第一体育館 1階スタンド北Eブロック15列8番
10月3日 モーニング娘。コンサートツアー 『The BEST of Japan 夏〜秋'04』 横浜アリーナ 北スタンド10列2番
10月17日 B 松浦亜弥・ファンの集い スタジオコースト 193番
11月3日 後藤真希コンサートツアー2004秋 〜あゝ真希の調べ〜 中野サンプラザ 2階7列47番
11月3日 後藤真希コンサートツアー2004秋 〜あゝ真希の調べ〜 中野サンプラザ 2階8番13番
11月6日 安倍なつみファーストコンサートツアー2004〜あなた色プレミアム〜 パシフィコ横浜 1階16列45番
11月21日 「恋の呪縛」発売記念握手会 LaQuaガーデンステージ 1426番

    

モーニング娘。 CONCERT 2003〜15人でNON STOP!〜 at 横浜アリーナ

・なんとなく前半の方が疲れた
・好きな先輩は踊る人が多い
・さゆみんの海に向かって叫ぶ言葉は「シャボン玉〜」にしてほしかった
・ハニーパイは踊りたかった
・ミニモニ。の新曲は好きだがミニモニ。が歌う必然性を示してほしい
・モーコーのときのヲタには鬼気迫るものがある
・ミラナイはやっぱり歌ってほしかった
・「でっかい〜」→「ここいる」のコンボがかなり好き
・「でっかい〜」のときに全員が横に一列に並ぶ様は圧巻
・娘。新曲は少しインパクトに欠けるか
・なっちのアンコールのMCは軽く泣きそうになった
・娘コン2連戦よりもごっちんコン1戦の方が疲れた気がする
・今さらながらやっぱりミキティの人気は絶大
・さゆみんが「だいたひかる」とかぶって見えた(もちろん見た目ではない)
・大きな箱だとアンコールが揃いにくくて残念
・クリアファイルはぼったくり


後藤真希 コンサートツアー2003秋〜セクシー!マッキングGOLD〜 at さいたま市文化センター

・オープニングの登場シーン
前回の厚年のときは自分がいる方から出てきてくれたのに気付くのが遅れる大失態をしてしまったので今回はリベンジでした。昼は厚年のときと同じ方から出てきたのでバッチリ見れました。ですが、夜は同じ方から出てくると思っていたのに中央から出てきて見事に裏切られました(汗)
・晴れた日のマリーン
きっとこの曲を歌っているときに雨が止んだに違いない。ぐっふぃ〜りんお〜らい♪
・特等席
ふにゃ〜。とろけますた。この曲を特等席で見たら確実に氏にます。
・MC
ここのMCでは大谷さんが目立たないような気がする。村田さんに撃ち抜かれました。
・MI DA RA 摩天楼
僕はこの曲のPPPHはなしの方向でいきたい。
・This is 運命
問答無用で壊れます。
・うわさのSEXY GUY
運命→セクガイのコンボはヤバイ。ライブで聞くようになってものすごい好きになった曲です。
・SHALL WE LOVE?
この曲はじっくり見てます。ダンスカッコイイし歌も聞き入りたい感じなので。しかも前の2曲で疲れてるし。
・くちづけのその後
ごっちんVer.のほうが好きかもしれない。
・抱いてよ!PLEASE GO ON
ヤバイよこの曲はっ!楽しくてしょうがない。いくぜ!EVERY BODY!のところではいくぜ!ごっち〜ん!って叫んでました。この曲のストロボが使われてるところでOADをやるとかっこよく見える(w
・スクランブル
締めにふさわしい。幸せな気持ちで終われます。
・どこのMCだったか忘れたシリーズ(爆)
セクガイのコスプレの人に話しかける事件発生!(確か昼のラストMCだったと思う)
加護ちゃん、愛ちゃんと遊園地とカラオケに行った話。カラオケでTHE LAST NIGHTを歌ったそうでちょっと歌ってくれました。ごっちんにもこういう曲がほしい。聞いたら泣きそうですけど。
夜公演で10歳ぐらいの女の子二人が2列目ぐらいにいたみたいだけど大丈夫だったのかな。昼でのことがあったのでごっちん話しかけてあげてほしいなって思ってました。


「FIRST KISS」発売記念握手会

9:30ぐらいに会場到着!すでに長い列が。2列ぐらいで並んでいたのでやたらと縦に長い列でどこまで行ってもなかなか最後尾が見えなくて焦りました。人数的には今まで行ったイベントと比べて多いという感じではなかったみたいですが視覚的にはものすごい数がいたように感じました。待ち時間がやたらと長くてチケットの交換ができたのが12時過ぎでした。チケットには12:30開演って書いてありましたけど始まったのは13時ぐらい。ちなみに整理番号は669番でした。
イベントの方はまず登場して挨拶をしたのですがヲタがうるさくてよく聞えませんでした。ちょっとマイクの音量が小さかった気もしました。
その後「FIRST KISS」を歌いました。PPPHが思いっきり入ってました。必要ないと思うんだけどなあ。しかも揃ってなくて歌ってる方がペース乱されそうでした。聞き入りたい曲なのに・・・
歌の後はたしかアンケートに答えるコーナーだったと思います。あまり覚えていないので覚えているものだけ順不同で。
「ペットを飼いたいと思っているのですが犬と猫どっちがいいでしょうか?」って質問に(そんな質問ここですることか?w)れいなが猫、キッズ二人が犬と答えてキッズ二人を相手に猫の方がいいと力説するれいながかわいかった。れいなは猫を飼っているそうです。
「動物にたとえると?」の質問ではれいなが愛理ちゃんはリスやハムスター、雅ちゃんはライオン(wに似てると答えてました。れいなが雅ちゃんを見たときには恐いと思ったそうです。ミキティに「れいなはカエルに似てる」って言われて「かわいくないじゃないですか」と言うと「キャラクターのかわいいカエルだよ」と言われたそうです。
「給食の好きなメニューは?」の質問に対して愛理ちゃんはいろいろ言ってましたが難しくて(w覚えてません。司会の方が「中華っぽいのが多いですね」って言ってたんでそういうやつです。雅ちゃんはデザートが好きで、たしかアイスが好きとか言ってれいなが「そんなの出ないよ」とプチジェネレーションギャップ。何か今時の小学校はすごいものが出るなあって思ってこちらは思いっきりジェネレーションギャップ。そりゃあ愛理ちゃんの倍生きてるわけだしギャップもあるよな。
「キッズの二人はれいなちゃんがお姉ちゃんだったらどうですか?」の質問に二人は明るい家族になりそうって答えて司会の方が「逆にれいなさんは二人が妹だったらどうですか?」と聞くとれいなは「うるさそう」と答えて笑えました。三人でワイワイ騒ぐときがあるそうでそのときのイメージからそう思ったらしい。
ちなみに僕が書いた質問は「あぁ!というユニット名を聞いたときの感想は?」と「モーニング娘。の『がんばっていきまっしょい!』みたいな本番前のかけ声はありますか?」の二つでした。
アンケートの後は抽選会。色紙が5人、めざまし時計が3人でした。このときもヲタは大盛り上がり。当たった人の名前でPPPHやってました。そうでもしないと退屈でどうしようもなかったですからね。めざまし時計の声は「○○さ〜ん、朝ですよ起きてください。あぁ!のデビューシングルFIRST KISSを聞いてがんばってください。(中略)あぁ〜〜〜!!!」みたいな感じでした。多分全然違うと思います。合ってるのは最初の「○○さ〜ん」と最後の「あぁ〜〜〜!!!」って叫ぶトコぐらいです。「○○さ〜ん」のトコは「○○」って呼び捨ての方が個人的にはいいなあと思ってました。めざましが当たった人の中に629番の方がいて「おしい、2が6なら」って思ってました
その後もう一度FIRST KISSを歌って握手会だったので正夢は歌ってません。握手会はものすごい高速ではなく一言二言会話できそうでしたが僕は例によって何も喋れませんでした。僕は握手に弱すぎます。みんな手がちっちゃかったです。みんなかわいかったです(←何だよその感想は!)小学生と握手という感じよりもアーティストの一人との握手という感じでしたよ。あれだけかっこよく歌われたあとでそこらにいるような小学生といっしょの感覚であるはずがないですから。
(総括)すごい待ったなあ。まあ、待つのにはだいぶ慣れてきたからいいんですけどね。今回は確認とかで大変だったと思いますしね。もう少しゆとりを持ってスケジュールを立てても良かったかもしれない。そんなことよりうるさいヲタですよ。なんであんなに騒ぐかなあ。喋ってるときも騒いでてこっちは必死に聞こうとしてるのに聞えないっつーの!僕の後ろにいた奴がうるさかったからもう堪らん。「れいな!れいな!れいな!」って連呼する奴でれいなが喋ってるときも連呼しててアフォかと!おまえは絶対れいな推しじゃねえよ!騒ぐ場がなかった奴がこのイベントを利用して騒ぎに来たって感じがした。FCイベだからFCに入ってる人だけなわけでこういう人たちがFCの一部にいるってことが悲しくなった。あれだけ素晴らしいステージをしてくれてるのに・・・暗くなって終わるのは嫌なので最後に一言。
あぁ!のみんな素晴らしい歌をありがとう


松浦亜弥 コンサートツアー2003秋〜あややヒットパレード!〜 at 東京厚生年金会館

・ドッキドキ!LOVEメール〜トロピカ〜ル恋して〜る
ノリ方を完璧に覚えていなくてすごいぎこちない感じになってた(wたぶん近くにいた人は「こいつヘボい」って思ってたと思います。でも楽しかった。

・THE LAST NIGHT
サイリウムを振ることもなく聴き入ってました。この曲はホントに生で聴きたかったので達成できてよかった。

・The 美学
フリマネをしたいけどできないので頑張って覚えようとマネをしていたらまたもぎこちないノリに(w

・MC
ここの夏パーティー前後のMCが長い。ちょっとのってきた流れを切るような感じがした。まだ疲れてないのでそんなに休憩もいらないし。
たしかここのMCだと思うんですけどコンサート終了後のゴミの話になって亜弥コンに来る人はゴミを持ち帰ってほとんど落ちてなくて嬉しいって言ってました。昼公演後に清掃のおばちゃんにすぐにはゴミ拾いに入らないでと頼んでおいて確認したらゴミ拾ってる人がいて「おばちゃん、入らないでって言ったのに」と思ったらファンの方が拾ってたんですよ〜って話をしてました。持ち帰るのが普通だとは思いましたけどまっつーが喜んでるからいいか。
夏パーティーの後の「チュッ!」のコーナーでは大人なチュッの仕方で稲葉さんがやるときにヲタが「無理しないで〜」と叫ぶと「ありがと〜。無理せんようにするわ。」みたいなことを言ってました。結構ウケた。無理するなって・・・

・チュッ!夏パーティー
短かったからあまり記憶にない

・ナビが壊れた王子様(LOVE CHANCE)
MCのところのフリ講座はなかったですけどほとんどの人がフリマネしてたような気がします。僕もできました。正しいフリだったかは知りません。ライブで見れて評価がかなり上がりました。

・I know
この曲大好き!OH!YEAH!

・GOOD BYE 夏男
地面に文字をかくトコで全員がしゃがんだら面白いのになあ。僕はしゃがんだのでどのくらいの人がしゃがんでいたのかは分かりませんが。あれはGoodって書いてるらしいのですがそこまで気を配れません。

・ね〜え?
あややが好きだからよ〜♪

・LOVE涙色
サビで全員が手を上げる様子が最高に好き。僕はこの曲でのL・O・V・Eはナシの方向で。ね〜え?の方はアリ。

・Yeah!めっちゃホリディ
通路側だったので思いっきりスラ〜ッシュ!

・桃色片思い
やっぱりヤバイね、この曲は。異常に楽しくって異常に疲れる。アンコールでテンション上がってるからもう壊れまくり。

・笑顔に涙〜THANK YOU! DEAR MY FRIENDS〜
締めはこの曲にかぎる。ごっちんのスクランブル同様すごい幸せな気分で終われる。

どこのMCだったかは忘れましたが東京に来て地下鉄があることにビックリしたそうで真っ暗でどこだか分からなくて不安で何度も降りたらしいです。下北沢に行きたいっていう話で稲葉さんに「全然下北に慣れてないじゃん」、「地下鉄もコツつかんでない」、「お気にの古着も見つけてない」と突っ込まれてました。それから「一人でコーヒー頼んでな」と言われると「まだコーヒー飲めないんです」って言ってました。このドキLOVEのやり取りは稲葉さんのテンポが良くてすごい良かったです。

全体としてはやっぱり楽しかった。MCがやたらと長いのを除けば曲カットも全く気にならなかったし体調が悪いというのも感じなかった。心配はいらないかな。個人的には振りをもっと覚えたいな。亜弥コンって他のハロプロのコンサートより圧倒的に踊ってる人が多くてすごい楽しそうでうらやましくなった。でも、踊るとことふつうのノリのところをどうやってつなぐかが難しい。


Hello! Project 2004 Winter〜C'MON!ダンスワールド〜 at 中野サンプラザ

まずグッズ売り場へ。なっちのメモリアルペンダントを買いました。完全に踊らされてます(w シリアルナンバーは1755でした。もうちょっと早ければ1723だったのに(ToT)もうすでに723とか810とか1111とか出てるわけですよね。引いた方をおめでとうございます。

会場の中も外も沈んだ雰囲気じゃなかったですね。サイト巡回してるとモーヲタやめようかぐらいまで書かれている方がいるので沈んだ雰囲気なんじゃないかと心配していましたけどよかったです。
席は6列(実質10列)の26番でど真ん中でした。最初のMCで卒業の話があるわけですが前もって知っているので落ち着いて聞けました。あれをいきなり言われたらパニクってその後楽しめなかったと思います。実際生で聞くとホントに卒業するんだとあらためて思いました。卒業しますっていうのには拍手を送れませんでした。まだ整理がついていないのでごめんね>辻ちゃん、加護ちゃん。二人で曲を出すっていうのはめちゃくちゃ拍手しました。自分の中ではこれが実際のところです。

ごっちん
ソロコンサートをそのまま持ち込んだような感じでした。プリゴーの演出も似ていたと思います。個人的にこの曲のPPPH(コールなし)はすごいカッコイイと思うんですよ。コール入れちゃうとダメなんですけどないといいです。カッコイイ系の曲には結構合うと思います。コールない方が絶対いいです。やっぱりPPPHはウザイと言う方もたくさんいると思いますけどね(^^;)とにかくいきなりごっちんでテンション上がりまくりです。

あぁ!〜かおりん
FIRST KISSのPPPHが少なくなってきて嬉しいです。BOOM×3はこのころからのヲタではないので振りが楽しそうだったけど全くついていけませんでした_| ̄|○ユキドンとかおりんの曲は落ち着いた曲なので後ろの子たちも見れました。辻ちゃんとマコは二人で楽しそうに大きく体を左右に振ってました。雅ちゃんと愛理ちゃんはやっぱり二人で話しをしてました。この時点で後ろに座っているキッズは二人だけだから必然的にそうなります。あとでアヤカが二人に話しかけているようでした。いいお姉さん。えりりんがよく分かりませんでしたが大爆笑してました。ここまでが僕から見て右側、続いて左側。里ちゃんとミキティがすごい仲良さそうでした。よっすぃ〜がかおりんのときかなり観察しているみたいだったのでどこかでまたモノマネやるに違いない。愛ちゃんが見入りすぎて手拍子を忘れてました。こんな感じで後方の人たちチェックでした。「さらさらの川」も「エーゲ海に抱かれて」もどちらもいい雰囲気の曲でした。

続いてのMCは体操。マット運動やるだけです(w メンバーはチャレンジした順にさゆみん、なっち、あさみ、村田さん、まっつー、ニィニィ。髪型の影響で最初まっつーが大谷さんに見えました(笑)並びの通りまっつーが持ち上げてニィニィがオチです。とりあえずなっちが後転が出来ることにビックリしました(失礼w)まっつーがね〜え?の振りをやって審判の稲葉さんが大絶賛してそのあとのニィニィが眉毛ビームとかやってオチと。ぶっちゃけどうでもいいと言えばどうでもいいコーナーです(w ゆっくり休むところです。

ZYX〜ミニモニ。〜裕ちゃん
大好きな曲が続いてテンションがさらに上がりました。白いTOKYOはホントにいい曲です。楽しい気分になるしダンスも最高。クレアバは楽曲大賞で1位に入れてよかったと聞く度に思います。やっぱり自分にとっての2003年のベストソングです。裕ちゃんは大人のステージでした。なんか雰囲気に圧倒されてあまり曲は覚えてません(^^;)

メロン
あまり記憶がないんですけど・・・MI DA RA摩天楼のPPPHはやっぱりないなと思ったのとかわいい彼はライブで聞くと楽しくてしょうがないってことぐらいです。

なっち
このときだけは卒業ムードが漂います。会場中が聞き入っています。僕も手を胸に当てて(サッカーの代表が国家を聞くときのポーズで)聞いてました。しんみり。

ここでのMCはジャンケン。チーム戦でチーム内で同じものを出した人数によって点数が入るというものです。中澤チーム(中澤、飯田、加護、紺野、あともう一人がどうしても思い出せない)VS後藤チーム(後藤、矢口、辻、小川、ミカ)でした。ダンスで勝負したら確実に後藤チームだなと勝手に思いました。ごっちんと矢口さんが並ぶとやたらと矢口さんが小さく見えて小ささを再確認。コメントを求められた辻ちゃんが聞き取れなかったけどなんか間違ったこと言ったみたいで矢口さんに突っ込まれてました。これが見られなくなると思うとと考えたのは公演終了後でした。結果は後藤チーム勝利。ここもどうでもいいコーナー。MCは最初以外どうでもいいです。見て萌えて休めばいいのです。

まっつー
新曲はもともと良い感じだったけど生で見るとさらに印象UP。ラスナイはサイリウムも下ろして聞き入ります。夏男はいつものようにウザイぐらいのノリで(w この曲とかシャボン玉とか哀愁を叫ぶ系(ヘボい表現w)の曲はやたらと気合が入ります。

娘。
全員の自己紹介がマジでいいです。当たり前だけどみんな可愛くって輝いてて持ち味出しててやっぱりモーニング娘。は最強。特に5,6期がそれぞれいい味出してました。えりりんはこれからエリザベスと呼んであげてください(w僕は呼びませんけど(爆)「愛あれば〜」は音源だけで聞くと泣ける感じだったけど見ると思っていた以上に明るい曲で幸せな気分になりました。僕は大好きですこの曲。ウィアラは堂本剛の正直しんどい。努力(ジャンプ)未来(ジャンプ)A BEAUTIFUL STAR(ジャンプ)って全部思いっきり飛ぶのはかなりハードです。この部分にくれば×4で全部で12回全力で飛ぶことになるわけで体力の残り少ない後半では死にかけます。でも、飛んだときに周りの人を見下ろす感じになるのが楽しくて止められません。

でっかい宇宙に愛がある
この曲は歌う人数が増えれば増えるほど輝きを増す不思議な曲です。幸福感もあってラストにふさわしい曲です。

まとめ
全体の感想としては「めちゃくちゃ楽しかった」ですね。卒業のことをなんかつかめるかなとも思っていたのですが楽しくてそこまで考えが回りませんでした。近いせいもあったと思うんですけどみんな可愛くってしょうがなかったです。やっぱりハロプロ最高だなと。今年も付いていきますよ。FCの継続もしてきましたし。


Hello! Project 内 新ヴォーカルグループ誕生記念 記者発表会

17:45ぐらいに到着してすぐに引き換えを済ませしばらくすると整列が始まったので並んで会場入り。チケットをもぎってもらうときにカメラで撮影をしていて見事に撮られました。晒されないか心配です。席は23列38番でした。サイドの方の席とカメラの後ろの席には人を入れてませんでした。

まず司会の方が登場しつんくさんを紹介しつんくさんからグループ名「Berryz工房」が発表されました。つんくさんの話が少しあって舞台が暗転しメンバーが登場しGo Girlを踊る(全く歌ってません)。衣装はみんな同じようなもので色違いみたいでした。でも、同じ色の子もいました。この時点ではまだ誰がメンバーか言っていなかったので僕は必死に見てました(周りはいつものノリです)。僕が判ったのは清水、嗣永、菅谷、夏焼の4人でした。23列から肉眼で確認したにしてはがんばりました。特に桃子はダンスを大きくやっていて目を引きました。桃子のダンスを見てるとものすごくダンスを下手にした矢口さんみたいでした(笑)全員に言えることですがあまりリズムが掴めていなくて先走ってしまうことが多かったように思います。まあ、ほとんど桃子ばかり見てたんですけどね(w

Go Girlが終わり自己紹介のコーナーへ。ここで先ほどの4人はあっていることを確認してなかなかやるじゃん自分みたいに思いました(笑)残りの4人は石村、熊井、須藤、徳永であることがやっと判りました。並びは僕から見て右から清水、石村、熊井、須藤、菅谷、夏焼、徳永、嗣永の順でした。この並びは結構考えられていたと思います。しゃべれる清水、嗣永を両サイドにおいて左右から順にうまく話せるようにしていたと思います。梨沙子の好きなものは「かぼちゃのスープ」で嫌いなものは「かぼちゃ」だそうです。意味が分かりません(笑)

この後、写真撮影のコーナーへ。どのくらいのメディアが来ていたかはよく分かりませんでした。最初はつんくさんを中心にしてその後つんくさんが抜けて8人での撮影でした。ヲタガッツキすぎです(汗)僕の後ろの方からも「ヲタ必死だな」の声が(笑)

メンバーは一旦はけてキッズの歴史を振り返るVTR。オーディションのときの映像が流れたんですがあの頃と比べるとみんな格段に可愛くなっていることに今さら気づきました。ここでつんくさんのオフィシャルにも載っているグループ名の由来の説明のVTRも流れました。

VTRが終わって再び暗転しステージ奥から再登場。セットはケーキでした。そして、ラブマを踊りました。衣装はここいるっぽかったです。この衣装チェンジが曲者でした。先ほどの衣装は色分けされていてそれで誰か判ったんですがまた誰か判らなくなりました。ここでも桃子をロックオン(キショ)

つんくさんのコメントがあってここで3ヶ月連続シングルリリースと夏にアルバムを出す予定という話を聞きました。これが一番沸いたと思います。僕も思わず「つんく大丈夫かぁ?」と声に出してしまいました。デビューシングルのタイトル「CAN'T LIVE WITHOUT YOU!」もここで発表だったかそれとも最初に出たときだったか記憶が定かではありません。

そして、メディアの質問コーナーへ。このコーナーがホント笑えました。全然話が噛みあいませんでした。つんくさん大変だなと思いました。記者の人もショボイ質問しかしなくて返しも小学生だからたいしたこと返せなくてグダグダでした。つんくさんのフォローも全然フォローになってなくてさらにグダグダに。なんか記者会見のコントを見ているようでした(w ここで目立ったのは梨沙子ですね。ああ見えてもやっぱり小3だから全然コメントが出てこなくて可愛かった(照)しゃべっても敬語が使えないからタメ口で女王様みたいでした。きっとMの人にはたまらなかったに違いない(爆)困ると雅ちゃんの方を見て二人で見つめ合っちゃってよかったです。キッズのカップリングです。質問で「メンバーの選考理由は?」というのがあったんですけどそれに対しつんくさんは「選考はいつも企業秘密です」みたいなことを言ってましたけど何となく考えてなさそうな印象でした(汗)

こんな感じの約1時間でした。正直に言って超グダグダです。出だしから司会の人は噛むしつんくさんもキッズの扱いに慣れてないし記者の人もつられてグダグダだし(汗)そのグダグダ具合が最高に笑えたんですけどね。つんくさんはメンバーの名前を覚えていないような気がしました。メンバーの名前を呼ぶたびに手に持ってるカンペ見てましたから。何はともあれこれから先が楽しみです。


Hello! Project 2004 Winter〜C'MON!ダンスワールド〜 at 横浜アリーナ

おとめ組〜Go Girl
このへんは中野で見たときと変わりない印象。おとめの「Hey Everytime I'm So Proud Of You」の振りにだいぶ慣れてきました(笑)さくらは踊ってる人はサイリウムの動きでよく分かって笑えます。Go Girlは踊りまくりです。適当ですけど(w ひたすら楽しい曲で生で聞いた方が断然印象がいいです。

ごっちん
セクガイとプリゴーの順番がまた入れ替わって元に戻っていたのはなぜなんでしょうか。セクガイの「DRYに抱きしめて」のところで腕を回す振りをやってる人が少ないです。ごっちんコンだとたくさんの人がやってるんですけどね。原色GALのノリがいまだに確立できてません。なんとかしないと。

あぁ!〜かおりん
FIRST KISSの「あのキスで」の振りは結構お気に入り。やってる人は少ないですけど。アイリーンはホントにすごいです。あんなにたくさんの人を前にして堂々とした姿。風格すら漂ってます。奇跡の圭織ダンスは何度見ても笑えます(失礼)特に最後の振りは真似したくてもできません。

ザ・体操
あいかわらずグダグダ(w 微妙に変更されてるところもありました。ニィニィが花出したり大きなレッドカード出したり。完全に休憩時間。

ZYX〜かわいい彼
白いTOKYO〜クレアバのコンボは最高!僕の中では今回のコンサートで一番のハイライトです。白いTOKYO踊りたいんですけどね。今から覚えても使えなさそうなんですよね。「最近」で腕をまわすとこはやったんですけど。摩天楼のPPPHは何度聞いてもナシですね。やるならちゃんとやってくれ!中途半端はペースが乱れます。

インスピジャンケンぴょん
このコーナーって台本あるんですか?僕の見た4公演ともごっちんチームが勝ったんですよ。裕ちゃんの悔しがり方とか見るとガチだと思うんですけど・・・ホントにチームワークが悪いのか(^^;)負けたときに裕ちゃん以外の娘がガックリしてるのがいつも違って楽しめました。裕ちゃんもわざと気づかない振りしてて良かったです。あれはもうちょっと浸透させて8時だよ全員集合みたいに「裕ちゃん後ろ!」って言いたかったところです。ちなみに僕は1度言いました(笑)

まっつー
奇跡の香りダンス。はカッコよくて好きです。24昼でラスナイでまっつー恒例(違)の歌詞飛ばしキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!飛ばしたというより間違えたんですけどね。「あれ?自分が間違えて覚えてたかな?」と思ったらまっつーが間違えてました。夏男でしゃがむのはウザイですか?(笑)

娘。
明るい曲の中でシャボン玉がアクセントになってるような気がします。ウィアラはどうしても跳んじゃいますね。大好きなんでね。

でっかい
良い!

中野のレポを見ないで書いてみましたけどほとんど変わってません。当然といえば当然ですが。


Hello! Project 2004 Winter〜C'MON!ダンスワールド〜 安倍なつみ卒業

さくらとかGo Girlからすでに泣きそうでした。「これが最後。次に歌うときにはもういない。」と考えると寂しくて。

ジャンケンとか体操とかがカットになって休む時間が減って結構焦りました。今回はゆったりした曲が多いのでなんとかなりましたがこれが激しい曲だったら最後まで持ちませんでした。なっちのラストだからといって全力を出してる他の娘たちに失礼ですから僕も全力でやり切りました。

そしていよいよというか、来てほしくないというか。複雑な気持ちのなっち登場の時間に。なっちコールが始まったしばらくは白く染まらなくて失敗かなあと思っていたら急に真っ白になりました。分単位じゃなくて秒単位で変わっていきました。僕はスタンドの最後列で見ていたので全体が見渡せてすごい綺麗でした。何だかんだ言っても単純に綺麗で伝わりやすいですから僕は賛成ですよ。過去に2回成功していることで成功して当たり前みたいになってますが企画してもふつうはできるものではないと思いますしね。僕は泣きながらコールしてました。声を出すのは恥ずかしくて出来ないという人もいるでしょうからその人の分まで叫んでやるんだという気持ちでした。

いつものアンコールより長め(そう感じただけ?)のコールの後なっちがメインステージに登場。昼まではセンターステージに登場していたのでビックリしました。なっちは白く染まっている会場を見てビックリしてて「白い・・・」と思わず一言。「白いYOKOHAMA」を歌うといいと思いますよ(笑)メインステージからセンターステージに向かう間もますます大きくなるなっちコール。そして、センターステージに着きゆっくり周りを見渡すなっち。それに応じてなっちの向いている方の人がサイリウムを振るからウェーブみたいになってました。なっちからの話のあと「22歳の私」へ。

センターステージで歌うとサイリウムの向いている方向が一点に集まっていてすごかったです。メインステージだったらここまで一点集まってなかったと思います。雪の降る演出は素晴らしかったです。(雪が真っ直ぐ落ちないのは左右で熱さに差が出て風が吹いてるからという無駄なボケを考えたことは内緒w)僕はサイリウムは振らず胸に手をあて心に刻み付けるように聞きました。

歌い終わり再びメインステージへ戻るときに大きななっちコールが起きたことは言うまでもない。昼までは娘。が待っていたんですが夜はなっちが着いてから娘。が花束を持ったかおりんを先頭に入ってきました。まず、残念ながら欠席となったこんこんの気持ちをかおりんが伝えました。その場にいられないこんこんのことを思うと悲しくて悔しくて収まりかけた涙もまたドッと出てきました。デビューするときも怪我したしなっちの卒業も出られなくて辛いことが多いです。なっちの「神様は乗り越えられる人にしか試練を与えない」という言葉どおりこんこんだからこそ与えられた試練かもしれませんがさすがに可哀相すぎて神様を恨みますよ。こんこんに与えた熱をなぜ僕に与えなかったんだ!喜んで代わりになるのに!僕は1ヶ月とか入院してもいいから!

6期はえりっぺが一番泣いてました。れいなはしっかりしてます。最初だったこともあってか全員の中でもちゃんと言葉にできていたと思います。ミキティはさすがに堂々としてました。思い出が少ないのではなくしっかり自分の中で消化できていたんじゃないかなと思います。

続いて5期。ニィニィのときの声援が一番大きかったような気がします。ヲタはニィニィがなちヲタだと知ってますからね。君がなっちに憧れたように今度は君がそういう存在になるんだよ。愛ちゃんは泣き崩れた圭ちゃんのときと比べて成長してました。5期では最年長ですし娘。のエースとなるべき娘だから頼もしかったです。

4期。加護ちゃんの「ずっと言えなかったけど・・・・憧れの人でした」はすごい印象に残ってます。簡単な言葉だけどなんか深いんですよね。よっすぃ〜が泣いているのが衝撃でした。うたばんでもエロ目が好きとか言っちゃう娘が泣くなんてそれだけものすごいことなんだとあらためて実感。何と言っても辻ちゃんですよ。立つことすらままならないぐらいに悲しいことってどう想像してみても僕には見つかりません。それぐらいなっちのことを愛していたと思うと僕の気持ちはちっぽけなものですよ。声に出さなくても充分すぎるぐらいにその気持ちは伝わってきました。辻ちゃんをこんなにも泣かせてまで卒業ってしなきゃいけないのかと考えてしまいました。あの光景を思い浮かべるとまた涙が。過呼吸も重なってスタッフに運ばれていく姿を見ていると胸が締め付けられる思いでした。おかげで、梨華ちゃんの言葉は全く覚えてません。ごめんね、梨華ちゃん。

矢口さん。天下のなちまりの時間ですよ。ですが・・・・・例のごとく言葉は覚えてません(^^;)ただ、抱き合っている時間が永遠に続いてほしいと願っていました。

最後はかおりん。僕はかおりんが泣いてくれたのがすごい嬉しかったです。どの番組に出ても感情を殺してコメントする姿を見ているのは辛かったですから。あれでも抑えていた部分はあったと思いますけど感情を出してくれたのがホントに嬉しかったです。いつもはリーダーという立場上いろいろなことを我慢しなければなりませんが同期のなっちが卒業するときぐらい我慢はしてほしくなかったですから。

メンバーのコメントは僕も泣いていたのであまり覚えてません。泣いてなくてもみんな泣いてて何言ってるか分からなかったような気がします。

そして、モーニング娘。として最後の曲「ふるさと」。演出でそれまではメインステージの後ろしか点いていなかった電球が最後は会場中の電球が点灯され美しかったです。ぶっちゃけ昼に入ったときに吊るしてあることは分かっていたので点けるんだろうなと思っていましたけどね(笑)それでも、実際に点灯されたのを見ると感動しました。モーニング娘。というふるさとを旅立つなっちへ単純ですが最高の歌だったと思います。

このあと、またみんなが出てくるまでどんなことを言ったか全く覚えていません。

再び全員の登場。このとき裕ちゃんが泣いていたのが印象的でした。一番手のかかった娘が卒業するわけですから感慨深いものがあったでしょうね。
そして、「でっかい宇宙に愛がある」。この曲が最後だったことに関しては賛否両論あると思いますけど僕は最後に明るい曲を持ってきてくれたのは助かりました。ふるさとで終わってしまっていたら泣きすぎて帰れませんでしたから(素汗)ラジオを聞くと矢口さんは大変だったようですがこっちもなんとか笑顔で送り出そうと必死だったので分かりませんでした。曲が終わり退場へ。最後のなっちコール。なんとか今できる精一杯の笑顔で送り出せたんじゃないかと思います。

あまり余韻もなくすぐに客出しのGo Girl。これも意見が分かれそうですが明るい曲で良かったんじゃないかと思います。モーコーとかだったら逆に歌えよって思ってしまったかもしれませんので。僕は、これを次見るときはなっちはいないんだなあと感傷に浸っていたのでどうでもよかったです。余韻は少しでいいから残してほしかった気がします。
とにかく愛を込めて声援が送れたのできっと届いてるはず!


ハロー!プロジェクト・キッズ FCツアー2004 at ラフォーレミュージアム六本木

会場には12時20分ぐらいに到着。しかし、すでに整理券の配布が始まっていました。僕もすぐに列に並び20分ぐらいでスムーズに整理券を受け取ることができました。整理番号は641番。自分の前に640人もいることにビックリするとともにヲタの必死さに苦笑。整理番号は1000番ぐらいまで出ていたんじゃないかと思います。

あぁ!のときみたいに整理券をもらうのに時間かかるかなと思っていたので無駄に時間が出来てしまいました(^^;)あぁ!のときを教訓に改善されていたのはいいところですね。とりあえず飯を買いにテレ東方面へ向かいコンビニでおにぎりを買いました。ここの会場でやるのはテレ東に近いから?と思ってみたりしました。少し戻ってベンチでおにぎりを食べながらアンケートを書きました。5つぐらい質問を書いたんですが当然読まれませんでした。このとき見知らぬヲタさんにペン貸してもらえますかと話しかれられました(笑)

会場時間が近づいてきたので再び会場へ。ここで知り合いのヲタさんたちを発見したので話をして待ちました。一番整理番号の遅い方に合わせて入ることに。この会場は後ろの方だとどこでも全然見えないので問題なしです。そして、順番が来て会場入り。とりあえず人多すぎでした。白いTOKYO、行くZYX、FIRST KISSが流れていて早くも盛り上がる会場。特にステージから見て右側の方が盛り上がってました。僕たちはステージから見て左の真ん中ぐらいに陣取りました。しばらく待って少し時間を押してのスタートだったと思います。

ステージが暗転しキッズ登場。ジャンプして見るとフォーメーションからGo Girlと判明。当然会場は大盛り上がり。やはり全然見えませんでした(^^;)ヒートアップしすぎて前方は大モッシュ状態で大変なことになっていたようで曲終わりに司会の方に「下がってください」と言われるんですが全然下がらず「静かにしてください」と言われる始末。「どっちが小学生やねん!」と思わず突っ込みたくなりました。あまりに落ち着かないので一旦キッズは退場。「このままだと中止になりますよ」という言葉にやっと終息。柵が備え付けではないので押されて1メートルぐらい前に柵が移動してしまったそうです。娘。コンをオールスタンディングでやったら確実に死人がでます(^^;)

再びキッズたちが登場し一人一人の自己紹介へ。正直ほとんど覚えてません(^^;)あぁ!のときもそうだったんですけど音がちっちゃい気がするんですよね。騒いでなくても聞きづらいです。そこは改善してほしいところです。覚えていることを少し。村上が「愛(あい)をみなさんへ」みたいなことを言ってプレゼントを渡すようなしぐさをして「壊れやすいので気をつけてください」って言ってました。熊井はあいかわらずなわとびがどうとか言ってました(笑)茉麻はベリーズのときのようにヲタの声援を心ない感じで流してました(爆笑)彼女にはMなヲタが付きそうです(w 徳さんと熊さんというニックネームは定着したみたいです。カリスマニックネームを捨てたな(w 僕から見て右端にいた梅田はめちゃくちゃ愛想が良くて手を振るヲタに手を振って応えてました。いちいち対応してたら大変になるぞと思いましたがいい娘なんだなと感心しました。話に聞くとヲタとジャンケンしてたらしいです。桃子は今日もハキハキとしゃべっていて慣れてるなと思いました。どこで身に付けたんだろうか?梨沙子は今日もうまくしゃべれてませんでした。まだ9歳ですからしょうがないですけど愛理は ちゃんとしゃべてれたんですよね。だから無理ということはないかもしれません。あのたどたどしさも萌えにつながりますけどね。

ここでキッズは1度退場しVTRのコーナーへ。ベリ−ズの発表会のときの映像とそのときも流したベリーズの紹介の映像が流れました。前半の映像はインタビューの声とか聞き取りにくいし後半は1度見ているので全然面白くなかったです。雅の好きな言葉「LOVE&友達」ってのは何回見ても笑えます。「LOVE&PEACE」じゃないってことはPEACEは嫌いで争い事大好きなのかという妙な結論に達してしまいます(w

VTRコーナー明けに「あなたなしでは生きてゆけない」キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!会場からも「おおおーーー!!!」という歓声が。ぶっちゃけあまり歌も聞えなかったしダンスも見えなかったんですけど曲はダンスナンバーっぽい感じでした。「よろしく!センパイ」でやっているダンスでたまに隙間から見えるダンスは面白いんじゃないかと思いました。こりゃダメだという感じは全くなかったです。とりあえず、ちゃんとした音と映像で見てみたいところです。あぁ!のときのように変なPPPHとかは入ってなくてよかったです。

曲が終わりしばらく司会の方がつないで質問コーナーへ。司会の方はつなぐ時間が予定より長くて大変だって言ってました(笑)1つ目は「好きな給食は?」。誰が答えたかは覚えていないんですが1人目が「あげぱん」、2人目が「うどん」だったと思います。2つ目は「好きな教科と嫌いな教科は?」。村上が好きな教科は体育、嫌いな教科は社会と答えて、梨沙子が好きな教科は国語(漢字が好きらしいw)で嫌いな教科は社会と答えてました。社会嫌われてます(w 3つ目が「一番最初に話した先輩は?」。桃子がハロモニ。(オーディションかな?)だと安倍さん、それ以外では石川さんと答えてました。もう1人も安倍さんと答えてました。あとトイレで加護ちゃん(?記憶が曖昧)と話したと言ってました。そのままポラロイドプレゼントのコーナーへ。3人へ当たるということでしたが3人とも400番より前で全然当たるかもという期待感もなく終了。最初にひいたのが2月5日誕生日の誰か(ユニットに属していない娘で何気に初めて教えられたんじゃないかと。こんなとこで誕生日分かっちゃったよ!)、2番目が今日誕生日の舞波、3番目は忘れました。

最後に握手。並びとか全然覚えてません。みんな可愛くてすごい見つめてきて照れまくりでした。ホントにありえないぐらい見つめてくるんですよ。こっちが視線を逸らしたくなるぐらいに。あれは絶対に罠です!(w

会場から出るときにトレカがもらえたんですがこれがまた大騒動に。みんな推しのカードを求めての大トレーディング大会!必死すぎて軽く怖かったです(笑)トレーディングと言ってるぐらいですから正しい使用法なんですがそれにしても必死すぎます。おかげで全然客が帰らなくてスタッフの人たちは大変そうでした。ちなみに僕は熊井を引きました。桃子を引きたかった・・・

全体としては楽しいイベントでした。とにかく握手はやばいですよ。これから行く方は気をつけてください。
おまけ。知り合いの人と話である仮説が出来ました。それは「やぐヲタはキッズでは桃子推し」になるというものです。3人(一応僕を含む)のやぐヲタが3人とも桃子推しだったんですよ。それから絶対にやぐヲタは桃子推しになるんだという話になりました。僕が楽宴で「桃子は矢口2世」って書いたのを覚えていてくれて同意してくれました(笑)やぐヲタには桃子が矢口さんに見えてしょうがないんですよ、きっと。やぐヲタにしか分からない感覚なのかもしれませんが。なんとか調査してみたいものです。他にもなんか法則がありそうです。


「エーゲ海に抱かれて」発売記念握手会

9時20分ぐらいに会場到着。300人ぐらいがすでに列を作っていました。予想よりも少ないかなという感じでした。市役所の影で陽が当たらなくて寒くて寒くて。「一人ぼっち」を聞きながら一人ぼっちで待っていました(ToT)今日と昨日で何回聞いたんだろうか(^^;)11時30分ぐらいに引き換え完了。寒い中並んだ甲斐あって7列をゲット。その後一応ハロショに行ってみるも案の定の大混雑。階段にまで並ぶ大盛況。儲かってます(笑)ある時間からいきなり増えてきて結局立見が出るほどの人が。しかし、2回まわしになるまでにはなりませんでした。

MCは何をどこで言ったか忘れたのでまとめて。最初が「みんなのおかげでソロで歌えて嬉しい。ありがとう。」みたいな話。僕はこういう話に弱くて涙。こっちは好きでCD買ったりしてるだけだからそんなに感謝の言葉とかいらないよ〜と思って泣けてしまいます。名古屋でもしていたらしい「みんなでエーゲ海行くのが夢」とか「青いサイリウムはエーゲ海をイメージしてくれたんだよね」とかの話も。「モーニング娘。が初めてコンサートをここ渋谷公会堂に立てて嬉しい」という話は今回ならではでした。歓声に感極まって少ししゃべれなくなる場面もありました。それだけ熱い声援があったということなのでよかったと思います。話をしてるときもうるさい人は当然いましたが。
「エーゲ海に抱かれて」の奇跡の圭織ダンス。がなくなってしまったのは残念ですが歌に集中したいからという理由であれば大歓迎です。

全ての曲を歌い終わって握手を待つ時間が長い長い(^^;)1階の前からやるのかと思いきや2階からで_| ̄|○結局僕まで回ってくるのに1時間以上かかっていたと思います。「エーゲ海に抱かれて」が子守唄に。一生懸命握手しているかおりんには悪いですがあれは寝なきゃ待てません。いよいよ自分の番が近くなりドキドキ。間近で見るかおりんはやはり綺麗でした。そして、自分の番へ。
ボク<LOVE&PEACEで!(ピースサインを作りながら)
川‘〜‘)||<ピース!
やったー返してくれたーーー!テンション上がりまくりです。さすがにちょっと疲れていたようでしたが笑顔でピースって返してくれました。「LOVE&友達」でもよかったんですけどね(雅爆)いつものようにニヤニヤしながら退場(キショ)まだ僕の時点で1階席がほとんど全部残ってました。すでに4時ぐらいになってました。かおりんお疲れ様でしたm(_ _)m


2003〜2004年モーニング娘。さくら組初公演〜さくら咲く〜

とりあえず会場が遠かったです(^^;)僕の中では遠征ですね。交通費が行き帰りで3kもかかってますから。会場の最寄り駅である羽生駅に着いてもまだそこから徒歩で20分もかかりました。歩いていると田舎で全然コンビニがなくてホントにこんなとこにさくら組は来るのかと不安になりましたね(笑)会場について予約してあった立見のチケットを受け取り夜公演も残っているとのことだったので急遽参戦することに。それからコンビニを探して飯を買いました。コンビニ遠いんですよ。ホントに。再び会場に戻り大百科を読みながら飯を食ったわけなんですがここでダフ屋の人に話しかけられました。
ダフ<電車で一緒だったよね
ボク<そうですね。前にいましたよね。
ダフ<そうかぁ、モーニング娘。見に来たんだ。
ボク<そうですね。
ダフ<今日はどこから来たの?
ボク<横浜です。
ダフ<遠いねえ。じゃあ、今日は昼だけ見るの?
ボク<夜も見ますよ。せっかく遠くまで来たんで。でも、チケットは余ってませんよ。
ダフ<取るの大変だもんね。余ってないよね。
こんな感じでした(w 超フレンドリーでした(笑)電車乗ってるとき前にいた人がダフ屋っぽいなと思っていたら やっぱりそうでした。

開演前のアナウンスがいつもの「主催テレビ東京、テレビ東京ミュージック」ではなくて「主催羽生市地域振興センター」だったんですよ。結構レアじゃないですか。今回の公演は会場の会館20周年記念らしいです。きっと次に来るときは25周年とかになるんですよ(笑)

まず「さくら満開」からスタート。昼はとにかく見ることに集中。夜にはサビのところのフリマネ。このフリマネには扇子か4本ぐらいのサイリウムが必要なのでこれから行かれる方はぜひ持って行ってください。この曲は絶対画付きで見た方がいいです。和のテイストの綺麗なパフォーマンスがいいですね。
歌についてはあまり書くことがないんですよね(^^;)パート割りに関してもWあいに多くパートが回ってるぐらいしか書けないですしすごい変わったという曲もないですし。モーコーのなっちのパートは加護ちゃんへ。おとめのPVのところは思いっきり乗れるように勉強して行った方がいいかもしれません。このあと劇があるので休む時間がたくさん取れるので乗らないと余計に長い休みになってしまうので。全体としてほとんどMCを挿まずどんどん進んでいってなっちの卒コンのときみたいな感じでした。
個人的にはなぜか昼のときは全然体力が持たなくてジャンプも低くて不完全燃焼でした。何であんなにダメだったのかよく分かりません。ストレッチとかしなかったせいですかね。

ある意味今回のメイン・さくら組劇場「勇気をください」。面白かったです。よっすぃ〜と加護ちゃんはアドリブが多かったですね。ニィニィと愛ちゃんはちょっとそれに振り回され気味でした。こんこんとえりっぺはアドリブが入らないような場面にのみ登場する役でした。えりっぺが主役なんですけどとてもいい演技をしていました。きっと才能がありますね。矢口さんはさすがの芸人ぶり(違)でした。2度見たわけですがアドリブのおかげで2回とも楽しめました。それぞれのキャラがよく出ていて合っていました。ただ、愛ちゃんにはあまり見せ場がないかなという感じはします。彼女は演技とかコントとかより歌で勝負するタイプですから問題ないですね。アドリブがどんどん入れられそうなのでこれからツアーが終盤になると原型がなくなっていきそうです(笑)

アンコールでのさくらんピックは一回戦が大きな箸を使って玉をつかんで運ぶというものでした。僕は2度ともこんこんの応援になったんですが激弱でした(笑)並びはよっすぃ〜、愛ちゃん、こんこん、ニィニィ、えりっぺ、加護ちゃんで左からそれぞれステージに向かって左の客席の人が応援することになっています。前半の3人と後半の3人で勝負をするんですが僕の見たところの強さは「よっすぃ〜>ニィニィ>愛ちゃん>加護ちゃん>えりっぺ>こんこん」という感じで2度ともよっすぃ〜とニィニィが決勝にコマを進めました。
決勝はふうせん割り。2度ともニィニィが勝利しクイズの挑戦権を獲得。よっすぃ〜のふうせんもちゃんと膨らんでるのになぜか割れませんでした。夜はバッタリ倒れてました。
ラストのクイズは昼が「羽生駅に止まる電車は東武線と何?(1,ちちぶ、2,むすめぶ、3,オチなのに忘れました)」、夜は「矢口さんの作ったチョコはいくつ?(1,1個、2,30個、3,300個)」。もちろんニィニィは両方とも正解。

そのほかに思ったこと。昼の立見の前の席の人たちの身長がやたらと高かったです。全員180cmぐらいあってその後ろの立見の人はみんな僕と同じくらいで165cmぐらいで全然見えてなかったと思います。何かの嫌がらせかと思うぐらい背が高いんですよ。何だったんだろう?背の高い人は後ろの席にしてるというわけでもないはずなのに。立見の人は身長にもチケットにも恵まれなかったようです(笑)
もっとちゃんとアンコールしる!あれだけ狭い会場で揃わないってどういうことだよ!アンコールに全てをかけてるぐらいの勢いな僕としてはあのアンコールは不満です。アンコールって「楽しかったよ」というメッセージだし、した方が出てきてくれたとき「良かったぁ」って思えますよね。何でやらないのか全然分かりません。楽しくなかったなら帰ればいいのに。

(さくら組劇場・詳細篇)
加護ちゃん、愛ちゃんのコンビが登場。購買でパンを買おうとするも購買のおばちゃんがいない。そこで2人は「おばちゃ〜ん、おばちゃ〜ん」と叫びまくる。すると、おばちゃん役の矢口さんが「誰がおばちゃんよ(怒)」と登場。そして、加護ちゃんと愛ちゃんがお互いを紹介し二人で「あいちゃんず」。愛ちゃんが成績優秀な学級委員、加護ちゃんが幼なじみでいつも明るいというキャラ。あいちゃんずがおばちゃんをバカにする歌(おば、おば、おばちゃん♪)を歌いおばちゃんはノリツッコミ。
おばちゃんが怒りながら二人を追いかけると反対から来たよっすぃ〜(とニィニィ)とぶつかる。おばちゃんは「廊下走るからだよ!」と知らん顔。必要以上に痛がるよっすぃ〜「折れてたらどうするんだよ!」。加護ちゃんが謝るも「謝って済むなら警察は要らないんだよ!」とよっすぃ〜が返しケンカに。どうやらもともと二人は仲が悪いようだ。よっすぃ〜が「勉強ができてもそんなことも分からないんじゃダメだ」というところでは昼公演でその前のセリフを噛んだ加護ちゃんに対して「勉強ができても噛むんじゃダメだ」みたいによっすぃ〜が突っ込むと「ホントムカつく」とアドリブで返す加護ちゃん。めっちゃ可愛かったです(照)夜公演ではよっすぃ〜が「〜〜〜しゃあ」と噛んでしまって突っ込まれるが言い直すときもあえて「〜〜〜しゃあ」と言って笑いを取る。でも、照れてるよっすぃ〜が可愛いかったです。その後のセリフで昼のお返しとばかりに「ちゃんと勉強しないとあんなふう噛んじゃうもんね」とアドリブ。今回見た中で一番お気に入りのアドリブです。おばちゃんが止めるも全然聞かず。ここで先生役のこんこんが登場し「授業が始まりますよ」と注意するとひとまず終息し生徒役の4人が退場しおばちゃんと先生が残る。
先生が加護ちゃんとよっすぃ〜がケンカをすることを心配するとおばちゃんは「もともと仲良かったんだからほっとけばそのうち仲直りするでしょう」。もともとは仲良かったけど今はケンカしている設定ということが分かる。おばちゃんが「今日はスーパーで卵が安いらしいですよ」という話をして「卵には体にいいですよね」と言うと先生は「そうですよね。頭にもいいんですよね。」みたいなことを言って「へぇ〜、へぇ〜」と言いながらおばちゃんの頭を叩く。場所を右側から左側へ移動して「目玉焼きにはソースとしょうゆどっちをかけますか。(答える隙を与えず)ソースですか。ソーですね〜」と言ってまた「へぇ〜、へぇ〜」と言いながらおばちゃんの頭を叩く。もう一回やったあと先生がはける。夜の部では残ったおばちゃんが「あの人チョコ食べすぎ」となぜか暴露(笑)。
ここで舞台が暗くなり転校生役の亀ちゃんが3歩進んで2歩下がりながら登場(w 心配したおばちゃんが話しかけるも授業があるんでと走り去る。おばちゃんがいじめかと心配する。ここかどうかはあやしいですがおばちゃん1人になる場面で「あの保健の先生どこいったんだろ?あの、「あ」とか「べ」とか「な」という先生。昨日青山劇場でミュージカル見たんだけどあれ保健の先生だよな。頑張ってたから見に行ってください」という話が。夜ではその話にプラスして「あの先生「一人ぼっち」とかいうアルバム出してアイドルみたいなことやってるんだね。いいアルバムだからみんな買って下さい」みたいな話が。
おばちゃんがはけて授業の場面に。先生が入ってきて「みんないますね」と確認すると亀ちゃんがいないということが分かる。それとほぼ同時に亀ちゃんが教室に入ってくる。先生が「遅刻はいけません」と注意。席に向かうときに4人が亀ちゃんに「おはようございます」と挨拶するんですが夜はよっすぃ〜がマイクにぎりぎり入るぐらいの小さい声で「Good Morning」と挨拶。なにげにツボでした(笑)授業は英語で「beautiful」の発音の練習。先生が「ビューティフォー」と言った後、生徒たちは「ビューティフル」と言うと「ノー!ノー!ビューティフォー」と直させる先生。なぜか調子の出てきた紺野先生は「ミスコンノイズビューティフォー」とか「何だかんだ言ってミスコンノイズビューティフォー」とか一人の世界に。最初は生徒が返すのを待っていた先生ですが最後には返すのも待たず「ミスコンノイズビューティフォー」と言い始める。そして、「紺野先生は完璧です!」と言い出す始末(笑)生徒もリピートするがドランクドラゴンの「日本遊戯研究部」のネタのような単調な言い方で面白い。僕は聞いてるときにどっかで聞いたことあるなと考えていたらドランクドラゴンかと思い出しま した(w
授業が終わり亀ちゃんに話しかけるよっすぃ〜。どこに住んでるのとか。「にゃにゃにゃにゃ〜」と言うニィニィが可愛かったです。(←全然どんな状況か行ってないと分かりません)あまり楽しそうではない亀ちゃんを見て加護ちゃんがやめなよとまたケンカになりそうに。よっすぃ〜が亀ちゃんを遊びに誘うが用事があると言って断りはける。よっすぃ〜は「亀ちゃん」と呼ぶんですが加護ちゃんはダサいと言って「えりっぺ」の方がいいと言って仲の悪さが出てます。ここで「エリザベス!」と叫ぶヲタウザイ。
場面は変わり一人で座り込む亀ちゃんに心配して声をかけるおばちゃん。よっすぃ〜と加護ちゃんがなぜ仲が悪いのかを聞かれて語りだすおばちゃん。矢口さん最大の見せ場である長いセリフ。最初は立ってカンペを持ちながらで、途中で座布団にぴょんと飛び乗って(この姿が激キャワ)落語調で語りだす。僕の見た2公演はともに完璧に噛まずに言い切り会場からは大きな拍手が。夜公演では「今日も完璧です!」と返してました。激キャワでした。内容はもとは仲良かったんだけど加護ちゃん誕生日にパーティーを開いて来ていたよっすぃ〜が加護ちゃんとおそろいの昔買ったくまのぬいぐるみをまだ加護ちゃんが持っていることをバカにしたことから仲が悪くなってしまったというものでした。さらにそのぬいぐるみには「願いを叶えるのだぴょ〜ん!」と言うと1度だけ願いが叶うという伝説があるとも。よっすぃ〜と加護ちゃんのやり取りを一人で声を変えて演じる矢口さんがとてもテンポが良くて会場中が引き込まれて静かになっていました。そのやり取りの中で「いいじゃん!」というセリフがあるんですがハロモニ劇場の女子高生役とかをやるときに言う「いいじゃん!」そのものですごい嬉し かったです。おばちゃんがはけて1人になった亀ちゃんは自分の拾ったくまのぬいぐるみがそのぬいぐるみなんじゃないかと。
舞台は再び購買前に戻る。パンを盗もうとするよっすぃ〜とニィニィ。通常はパンとツアーのうちわなんですが夜公演はよっすぃ〜がアドリブでパンとくまのチョコにしてニィニィはうまく返せずあたふた。盗もうとしているところを目撃するあいちゃんず。「何やってるの!」と注意する加護ちゃん。「何もやってねえよ」と白を切るよっすぃ〜。再び険悪になる二人。ここでおばちゃんが登場しとりあえず状況を聞くことに。ここで加護ちゃんはパンを盗もうとしてたと説明するわけですがアドリブのあった夜公演は「パンとくまのチョコ」とちゃんとアドリブを反映したセリフに変更してました。結局収拾はつかずよっすぃ〜が「ここで決着つけてもつけてもいいんだぜ!」と言い出し殴り合いかと思いきや昼公演ではかめはめ波対決みたいになってました。夜はさらにやりたい放題でもう何をやってるか分かりませんでした(笑)
このケンカを見ていた亀ちゃんは何とか止めなきゃと思い、くまのぬいぐるみに「勇気を下さい。お願いだぴょ〜ん!」と願いをかける。このときの「ぴょ〜ん!」ってやってるときの亀ちゃんが激キャワ!そして、勇気を振り絞ってケンカを止めに入る。自分は転校ばかりしていて友達ができなくてもう作らなくていいと思ってたけど仲の良い友達がほしいのにできないからもともと仲良かったなら元のように仲直りしてみたいに訴えかけると心を打たれたよっすぃ〜と加護ちゃんはお互いに謝り仲直り。これにて終了。


2003〜2004年モーニング娘。おとめ組初公演〜おとめチック〜

会場に向かうために埼京線に乗ったんですが隣に座った人がヲタでした(笑)さくらのときはダフ屋の前に座ったし(w 浦和のあたりで雪が降ってきてビックリでした。秋田でも降ってないのに・・・でも、すぐ止んでしまったので「白いOMIYA」にはなりませんでした。途中でSSAの横を通ったときに最初に浮かんだのが「今度の娘。コンはセンターステージなんだよな」で次に浮かんだのが「ベリ工はここでPV撮ったんだよな」でした。逆じゃなくてよかったです(w

会場の大宮ソニックシティは今まで行った会場の中でもかなりオシャレな印象です。今回は今年1年分の運を使ったようで1階4列通路側というミラクルな席でした。しかも、カメラが入っていて1列目がなかったので実質3列でした。席に着いてみると近い近い!感想は「こりゃ、やっべーなー」でした。案の定激近激ヤバでした。おかげであまり内容を覚えてません(^^;)公演中も何度もヤバイ!ヤバイ!と独り言を言ってました(w

友情〜ここいる
さくらの「さくら満開〜ここいる」のコンボに比べて圧倒的にしんどいです。体が温まっていないうちからこのコンボは疲れます。コンサートの入りとしてはおとめの方がガツンと入れていいのかなという気はします。友情は慣れてないと大変だと思います。おとめコンを1ヶ月前に見ていたら乗れなくて_| ̄|○ってなっていたんじゃないですかね。一度も見てなかったけどCDは充分聞き込めていたので問題なく乗れました。

MC
れいなが「雪の中集まってくれてありがとう」みたいなこと言ってましたけど僕が着いたときには全然降ってなかったよ。梨華ちゃんは「今日は運がいい日なの」みたいなこと言ってたような。ミキティはいつも普通すぎ。何か「これだ!」っていう挨拶を考えてほしいです。かおりんは「髪型変えて若くなったって言われます」と言ってました。僕の大好きな前髪作るバージョンです。絶対あれの方がかわいく見えると思うんだけどなあ。

ゲラッパラッパー〜BE ALL RIGHT
「何もナイゼナイゼ」で後ろでぴょんぴょん跳ねてる振りなんてあったかなと思ってSALT5のPVを見るとやってました_| ̄|○全然ちゃんと見ていなかったことが明らかになりました(^^;)楽しそうだったので一緒に跳んでみました。個人的には壊れない愛が〜よりも好きだし乗りやすいのでこっちの方がいいです。最初からとばしてるのでここで「ふるさと」が入るのは非常に助かります。ここで一旦落ち着いて次の恋レボからまたアクセル全開。サマナイおとめ組Ver.はやっぱりお気に入り。友情のカップリングのやつも聞きまくってます。最前の人が思いっきりOADやってました(w あれを娘。たちはどう見てるんでしょう。BE ALL RIGHTは大好きなんだけど何故か乗れない自分。現場で苦手とする曲です。(←見る側に苦手とかないだろ!w)

さくら満開PV
噂に聞いていたL・O・V・Eは耳をふさぐことで回避。これが入る前にさくらコンに行けてよかった。そんなに必死に入れなくても・・・「L・O・V・E」はポップな曲じゃないと合わないでしょ。テンポも向いてないし。

おとめ組劇場
制服ハァ━━━━ ;´Д` ━━━━ン!!!!
生足ハァ━━━━ ;´Д` ━━━━ン!!!!
近すぎて全体の様子が全然つかめなかったのでこんな感想です(w ののたん面白すぎです。あの人は他の人がセリフを言ってるときもいつもなんか面白いことやってて気になって本編に集中できません!琴を弾くマネをしているのがツボでした。目の前でやってたのでかおりんのセリフが全く聞けなかったです。ミキティも大爆笑してました。あんなことばっかりやってて自分のセリフを忘れないのはすごい!梨華ちゃんの「谷間の世代と言われてきましたけど」というボケに「直宏〜!」って叫べなかったのは自分的には痛恨のミス(w 叫んでも分かってくれなそうですけど少なくとも分かる人は笑ってくれると思ったんですけどタイミングがつかめませんでした。猫れいなはキャワキャワ。さゆの役をやって話がしたいです。れいなの役をやって話しかけられるでも可。でも、どちらかというとさゆの役をやって座ってるれいなに下から見つめられたいです。れいなは最初の方でスカートを持ち上げるところで持ち上げすぎ!下の衣装まで見えちゃったYo!(照)台本ではボケキャラのマコもち ゃんと面白かったです(妙な表現w)1度しか見ていないのでどこまで台本なのか分かりませんが役を全うして笑いを取っているようでした。マコが倒れているシーンでは僕のところからはスピーカーに上半身が隠れてお腹から下しか見えてなくて思いっ切り腹が見えてるのには大爆笑でした。かおりんが胸に付けていたハートに『恋』と書かれたワッペン(?)は遠くから見たら絶対分かりません。内容はあまりよく分かりませんでしたがとにかくめちゃくちゃ笑えました。ののたんは奇跡でした。笑いすぎて笑い泣きしてました。これだけを何度も見たいぐらいです。笑い上戸のミキティでなくても大爆笑です。ミキティは演技よりも辻ちゃんを見て笑っている姿が印象に残ってますね(w 間近で鑑賞するのはやめてください(笑)ミュージカルを喜劇にしてほしいという思いは強くなるばかり。

ダンスサイト〜愛の園
恋ダンはもっと盛り上がる印象があるんですけど意外と盛り上がっていなかったような気がします。僕はノリノリだったんですけど・・・この曲は古いってことですか?(^^;)今でも大盛り上がりのラブマはやっぱりすごいと思いました。シャボン玉はいつものようにぶっ壊れ。たぶん近くの人はウザイです。申し訳。この曲とGo Girl聞くとすごい現場って感じがします。Do it! Nowで小休止。ピース〜Go Girl〜愛の園の3連荘はあらためて言うまでもなく熱い。ピースの「奇跡見たい〜」のところをジャンプミス!_| ̄|○ピースのあとGo Girlって知らなかったからGo Girlのイントロになったときはヤバイ!と思いました(^^;)体力が続きません。Go Girlはもう現場ではなくてはならない曲になってます。ひたすら楽しい。在宅派の人とこの曲に対する思いに大きな違いがありそうです。愛の園はやっぱり名曲です。この曲とかラブマみたいにBメロの前に「ヲイヲイヲイヲイ」って入れるのが大好き。すごい盛り上がってきた!って感じがするんで。

おとめんピック
僕はマコの応援でした。1戦目はさゆ、マコ、ミキティ。マコが最後の1個を入れれば勝てるというところでその球を落としてその隙にミキティが勝利をかっさらう。マコ_| ̄|○僕も_| ̄|○さくらコンも含めて僕が応援した娘は1度も決勝進出してないよ。マコが最後の球を落としたのは僕のせいですか?(^^;)2戦目が梨華ちゃん、辻ちゃん、れいな。梨華ちゃん圧勝。最後はれいなが4個入れるまで待って5個目を入れて余裕を見せる。風船わりで梨華ちゃんが勝利するも最終問題の「palaceを日本語にすると?(A.お城、B.社交場、C.宮殿)」でAを選び撃沈。ミキティがCと答え正解。

I WISH
短い!さくらのときも思ったけどやっぱり短い。この曲に入りきれない感じで残念。

退場するときに梨華ちゃんが「ハッピー!」、辻ちゃんが「アイーン」をやってみんなで返しました。かおりんは「みんな愛してるよ〜」と言って退場。

今までで一番前で見たわけですがいろんな意味でヤバイ!とにかくヤバイ!ヤバすぎて訳が分からなくなってます。「このまま死にたい!」とか妙な事を思ってました。これが最期って最高ですよ。
さくらと比べられるかなと思ってたんですが席が違いすぎて比較できません。4列と最後列の立見じゃ全然違いますもん。
とにかく楽しかったです。


メロン記念日ライブツアー2004春〜もぅ ホレちゃうぞ!〜

昼はステージに向かって右端、夜は左端で見ました。真ん中あたりで結構スペースもあって落ち着いて見れました。たまに扉が開いて外の冷たい空気が入ってきて気持ち良くて絶好の位置でした。昼は半ヲタ(非ヲタでもヲタでもないぐらい)の友人と一緒に見てました。「全然見えないかもしれないよ」とは言っておいたんですが予想よりも見えてよかったようです。

かわいい彼〜スキップ!
かわいい彼〜ガールズパワーはメロンコンらしい盛り上がり系の曲からのスタートでいきなりヒートアップ。かわいい彼は最初聞いたときはヘボい曲だな〜と思っていたんですがライブで聞くとすごい楽しくて良い曲に思えてきます。ガールズパワーは安定して楽しい。この曲は絶対入れてほしい曲の一つ。続いては注目の新曲。「カバーかよ(´・ω・`)」と思っていましたがめちゃくちゃよかったです。あれはもうメロンの曲になってる気がしました。ダンスも面白かったしこれは久々にキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!って感じです。今の段階でかなり良い出来だったのでこれからもっと良くなりそうで楽しみです。スキップ!のタイトルコールは会場全体で言うのが当然みたいなフリをするのはやめてくれ(笑)初めて見るから次何歌うか分からなかったよ(^^;)確かにみんなで「スキップ!」って叫んだ後「ハイ!ハイハイハイ!」って入るのはすごく楽しんでやってほしいんですけど分かるフリをして下さい。

VTR−告白記念日−
これは今までのやつも見てないと分かりづらくないか(^^;)マサオ先輩が赤フリを歌った後柴ちゃんが「お好みどころか声が裏がえっとるやんけ〜」というツッコミをするんですが昼見たときには意味が分からなくて夜見たときにやっと意味が分かりました(w 「お好み焼きをひっくり返すのとかけてたのか〜」と何かを発見したかのような喜びようでした(オレはバカだw)

ANNIVERSARY〜二人のパラダイス
VTRの最後の方のセリフでANNIVERSARYに入るのは分かった。スキップに入るときもこれぐらい分かりやすいフリをしてくれないと。ANNIVERSARYへのフリも微妙に分かりづらい気もしますが・・・二人のパラダイスは初めて見ましたけどほんわかした楽しい感じでした。

初雪〜SEXY NIGHT
初雪は生で聞くとホントいいっすわ。ボーカルグループとしてのメロンを見られる曲です。4人の声がとても心地が良かったです。大谷さんの声は「壊れない愛がほしいの」に合ってました。7AIRで歌っていたのはちゃんと考えられていたんだなと納得。SEXY NIGHTはもう二度と歌われれないと思っていたので嬉しかったです。僕は何気にこの曲大好きなんですよね。評判悪いけど(^^;)斉藤さんがメインの方を歌うのも聞いてみたいところです。だってセクシー担当ですよね。

VTR−昼:アイロンがけ、夜:玉子焼き−
とりあえずどっちも村田さんが面白い。当たり前といえば当たり前なんですけどね。アイロンがけでは1度アイロンをかけたところを足で踏んだりアイロン台のカドを使ったり。玉子焼きでは卵を割るときに殻を入れてしまう定番のボケとか何度やっても焦げてやり直したため完成したものが他の3人と比べてすごく薄っぺらくなったりとか。柴ちゃんは殻が入ってもそのまま作ってた(怖)柴ちゃんに作ってもらった玉子焼きは注意して食べないと。玉子焼きは村田さん以外の3人は上手にできていて会場からは歓声が上がっていました。一方アイロンがけはうまくできてるんだかできてないんだか分かり難くて反応しづらかったです。あれはぱっと見て分かりやすい企画にするべきだったと思います。

電話待っています〜赤フリ
熱すぎ!特に運命〜遠慮〜さぁ恋は熱すぎ!死ぬから!超渋もこの3曲は続いてたしこれからもこれでやっていくんですか?(^^;)昼は途中まで友人と見ていたんですが運命が始まった途端に僕のスイッチがオンに!完全に放置して真ん中の方へダッシュ!終った後「ノリノリすぎ(w」と言われました。「あれは5割ぐらいしか出してないから」と言っておきました。夜は力を出し切りました。
盛り上がってるからっていろいろ飛ばしすぎ。危ないから。一番端にいたのに水かかったし。サイリウムは何十本も飛んでた。夜公演はダイブして外に出される奴もいたし。柴ちゃんは目の前でダイブしてる奴を見て笑ってたけど。最前を10連戦している友人の友人は「東京は何でもありで酷い」「始まる前からモッシュなんて初めて」「水がかかるって感じじゃなくて狙ってかけられてる感じでめちゃくちゃぬれた」「自分の前のステージには水溜りができてた。それを拭かないスタッフもちょっとおかしい」とか言ってました。あんな楽しいライブだったのに彼の口から出てくることはマナーの悪さに関するものばかりで今回の酷さによっぽど萎えているんだろうなとかんじ ました。あんな公演を見たら普通は退くよ。マナー良く盛り上がろうよ。ホントに。

アンコール Wa!かっちょEなッ!〜香水
アンコール揃わなさすぎ。こんなに合わないアンコールはなかなかない。どれに合わせていいんだか全然分からなくてできなかった_| ̄|○笛持ってきてる人はちゃんと吹いてくださいよ。途中で声の方に合わせてリズム変えると逆に混乱するからずっと一定のリズムで吹いてほしいです。そうすればみんなが笛に合わせやすいから。
Wa!かっちょEなッ!で誰か(村田さんかな?)がリストバンド投げてました。あれを拾った奴は家宝にするべし!香水がラストっていうのはどうなの?!と思っていました夜の大合唱を聞くといいのかもと思い直しました。最終公演だけはENDLESS YOUTHをやってくれると信じてたのでちょっぴり残念でしたが。
アンコールのMCでは大谷さんが北海道でライブができてよかったという話をしてそこでできなかった代わりに東京でみんなで「どぉ〜!」と叫びました(w 北海道だから「どぉ〜!」なんでしょうけどマヌケです(笑)斉藤さんは超渋は腰を痛めていて大変だったという話をして腰痛をかかえながら最後まで走りぬいた斉藤さんに会場からは瞳コールがおきました。僕は最後しか見てないのに泣いてました。斉藤さんのMCにはとにかく感動しました。
みんなお疲れ様!メロン最高!

マナーの悪さとかいろいろ気になる点はありましたがやっぱりメロンのライブは楽しいなというのが一番の感想です(二番目は大谷さんの髪型がすげぇ!)。CDの売り上げとかでは他のグループ・ソロに及ばないことが多いですがライブパフォーマンスに関してはピカイチです。このパフォーマンスをできるだけ多くの人に見てもらうことがファンの拡大につながると思います。そう考えると問題なのがヲタのマナーになってしまうんですよね。足を引っ張ることだけはしてほしくないです。ダイブとかモッシュとかはオールスタンディングを避けることで何とかなるのでそのへんは考えてほしいです。


「あなたなしでは生きてゆけない」デビュー記念イベント

14時ぐらいに到着。500人ぐらいがすでに列を作っている。ennbaiさんと連絡を取り軽くご挨拶。その後は綺麗なさくらとキショいヲタ(自分含むw)に囲まれながら来る途中で買ったワールドサッカーダイジェストを読んで待つ。50ページほど読んだところで列が動き始める。早くに並んだおかげで(その分並んでる時間は長いんですけど)すぐに引き換え完了。A-405番を引く。ランダムと言いつついつものように番号順。というわけで僕の前には400人ぐらいが並んでいたようだ。再びennbaiさんと合流し生協の顔見せで会う予定の方々を探す。だんだん人が増えていくのがRPGぽかった(笑)あまりお話できなくてすいませんでした>今日お会いした方々。みょださんもいらっしゃったようなので名刺もらっとけばよかったなあと少し後悔。
観覧車の下あたりで広場の人だかりを眺めているとトレカとシールをもらえる場所に気づく。全然アナウンスしてくれないから分からなかった(^^;)キッズのFCツアーの半券持ってくればシールもらえるって聞いてたのにと最後まで気づかなかった人も多そうです。ちゃんとやってくれよ。FCツアーのときにあったトレカの大交換会も見られなかったのでFCの会員証があればトレカがもらえるというのも広まっていなかったのかもしれません。ちなみにトレカは梨沙子を引きました。そんな人の誘導ができていないまま開場時間に。ここで事件が!!!整理番号20〜30ぐらいのヲタが会場外モッシュ!係りの人が止めようと叫ぶが収まらない。嫌気が差した係員が一言
何で前に来るんだよ〜!
会場外大爆笑&拍手。あんなにガッツかれたら言いたくもなりますよ。そのときその場にいた人の気持ちは「大の大人が・・・」。この時点で開場してから20分ぐらい経っていましたが1人も入れてませんでした。何とか落ち着けてその後はスムーズに入場。
いつぐらいに入ろうか迷っていたけどふつうに番号どおりのところで入ることに。さすがにまだ400人しか入っていないのでガラガラ。ステージに向かって左側、前から2番目のバーの前に陣取る。開演すればモッシュで前が空いて見やすく、握手に移るときも真っ先に出られる最高のポジション。

文化放送のK太郎さんが司会でスタート。まずは「あなたなしでは生きてゆけない」。梨沙子はあいかわらずダメダメ。ダンスを間違えないように必死なせいか全く笑顔がない。しかもダンスもショボい。隣に桃子が来たときは一層ショボく見える。笑顔で歌っていたのは清水、嗣永、徳永。リーダー格の清水、嗣永はさすが。徳永はMCのときも終始笑顔で好感度UP。

抽選会があったり「あなたなしでは生きてゆけない」をもう1度歌ったりして質問コーナー(順番は曖昧)。覚えている範囲で。
・初ラジオがスタートしましたがどうですか?
清水「(略)・・・皆さん聞いてください!」
・(エイプリルフールにちなんで)今までについた嘘は?
菅谷「弟が探し物をしているときに知りもしないのに適当に答えた」
徳永「つまみ食いをして『食べたでしょ?』と聞かれて『食べてない』と答えた」
・タイムマシンがあったら過去と未来どっちへ行きたい?
夏焼「未来。五年後ぐらい。歌とダンスがうまくなっててほしい。」
嗣永「未来。20歳ぐらい。そのころもBerryz工房のみんなと楽しくやっていたい。」
このぐらいが自分の記憶では限度です。
エイプリルフールのウソで梨沙子には「私のおじいちゃんはテレビ東京の社長で〜す!」とか言ってほしかった(爆)
_| ̄|○<雅の5年後はまだ16歳だよ
_| ̄|○<桃子が20歳になるのは8年後だよ
はけるときに梨沙子が忘れてて回りの娘たちに腕を引かれてはけていくのが可愛かった。

そして、どこかで見たことあるような衣装で出てきたと思ったら
「ファイティングポーズはダテじゃない!」キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!
梨沙子と徳永がチョーカーみたいのつけてました。あとはほとんど同じ衣装っぽかったです。曲は爽やかで初夏をイメージさせる感じでした。1stに比べると歳相応の曲です。なかなかいい印象を僕は受けました。曲をメインで聞いていたのであまりダンスは覚えていないのですが1stより動きが多くて面白かったような気がします。

「あなたなしでは生きてゆけない」と「ファイティングポーズはダテじゃない!」(2曲ともタイトルが長いYo!)がリピートされる中待つと握手の時間に。握手で印象に残ったのは(体温が)熱かった石村、めちゃくちゃ弱くて握手というより触れただけのような梨沙子、やたらと強く握る桃子でした。
_| ̄|○<途中からにやけちゃってキショくなってしまった
      お兄さんはふだんはキショくないからね!>みんな(必死!)


モーニング娘。コンサートツアー2004春〜The BEST of Japan〜

浪漫〜ひょっこり

  • 浪漫の爆発はビビる(^^;)
  • アリーナ席はいろんな意味でテンパることに気づく。ステージの近さ、左右の花道に分かれたときにどっちを見るか(ど真ん中だったためどちらが近いかというのも無いのでホントに困る)など。(2日夜)
  • ひょこりのスタートは初めてだと一瞬反応が遅れる。
  • Go Girlのダンスをするこっちと「オイ!オイ!」と煽る娘。たちに微妙なずれ。Go Girlはやっぱりちゃんと踊ってほしい。
  • MC

  • サイリウムを星に例えるのはなかなかいいがテンポがゆったりしすぎ。1度目から結構だるくなった。アドリブが全く入らないのが痛い。
  • サイリウムを球場でのビールを売るみたいに売っていたのはこのMCのため?!
  • Do it! Now〜AS FOR ONE DAY

  • この2曲を続けてやるのはどうなのか。曲調的には続けてやった方がいいだろうし、乗る側としてはウィアラとかの後だと嬉しい。書いてて気づいたがノリノリの曲の後だと息が切れ切れでダメだった・・・自分のことしか考えてない自分に凹む。
  • AS FOR〜のメロディが大好きな自分にとってはヲイ!ヲイ!でそのメロディが分断されるのが嫌。
  • AS FOR〜のサビのダンス(足を閉じたり開いたりするやつ)はえりえりがすごかった。
  • この2曲のつなぎでDo it! Nowの後加護ちゃんだけが櫓にのこって歌い出すのがカッコよかった。
  • MC(ゴロッキクイズ)

  • 紺ちゃんマラソン。櫓の周りを綺麗すぎるフォームで2周。(1日のどちらか)
  • ゴッキーズだけが残る。そこに気づくマコGood Job!5期の絆。(2日夜)
  • 愛ちゃんの表情が真剣すぎ。退場するときの哀しそうな顔も含めて。
  • さいたま4回で1度も最後まで残れないえりえり。退場するときの哀しそうな顔は哀さん以上。
  • 紺ちゃん座り込み。よほど自信があったらしくなぜか座り込む。かなり謎。(2日夜)
  • 紺ちゃんを呼ぶマコ。迷う紺ちゃんを「こっちおいで」と誘うが聞えなかった模様。ん〜残念。(1日のどちらか)
  • れいなのリアクションは素晴らしい。生き残ったときは飛び跳ねて喜ぶ。なんかこっちまで嬉しくなった。ちょっとやりすぎかなと思うぐらいのリアクションをする娘が大好きなので好感度ぐ〜んとUP!
  • ニィニィとえりえりを見間違う司会の矢口さん。メンバーが間違えるんだから遠くから見てるこっちが間違えてもしょうがない(1日昼)
  • ↑の影響で夜にはえりえりが髪型を変えてくる。(1日夜)
  • 正解を見るときどうしてもビジョンを見るので後姿が拝める。紺ちゃんのお尻が Very Pretty!
  • 格サブステージ付近での盛り上がりの違いが面白い。地域密着アイドル。
  • 異常に息があってて「トロ」「もっきん」コールをする南西サブステージ付近の人たち。誰か指導者でもいたのか?(2日夜)
  • 「加護ちゃんのしてみたい髪型」という問題に対して誰も来そうにない「モヒカン」に空気読んで来てくれるえりえりは良い娘。(1日昼)
  • とりあえずBest of 3っていう意味がわからん。
  • 恋のバカンス〜笑顔のデート

  • 恋のバカンスは「オイ!オイ!」煽る曲じゃないと思う。
  • エーゲ海に抱かれてのメロディもとても気に入っているのでAS FOR〜同様「ヲイ!ヲイ!」がウザイ。ダンスがなくなってしまったのも残念。
  • ハニーパイ楽しい。
  • 最後ぐらいココナッツの歌を歌わせてほしかった。
  • ラキチャ楽しい。
  • ジャンケンぴょん初めて聞いたのにもう聞けない・・・・・曲よりも矢口さんが袋から紅白手袋を出すシーンに涙。
  • MC(チャーミーズエンジェル)

  • よっすぃ〜の顔芸。
  • 梨華ちゃんのぶりっ子でのセリフにマジ引きのミキティ。確実にあれは演技ではない。
  • 決めポーズはハニーパイ(1日夜)とブギトレ(2日夜)が断然面白い。両方とも奇跡の圭織ダンスが炸裂!梨華ちゃんがヘボイのをやる→ミキティが正しいのをやってみせる→ヲタかおりんコール→奇跡の圭織ダンス→よっすぃ〜が3人一緒にやるように指示。これが共通の流れ。アドリブができる人たちだからこそできた笑い。
  • ゴロッキクイズとこれで全員をうまく使っている。ゴロッキクイズは問題を変えることで、こちらはアドリブを入れることでマンネリを防ぐ。なにげに一番印象深く感心したのがこの二つのMCだった。
  • さくら満開〜ミラナイ

  • 「さくら満開」ならぬ「L・O・V・E蔓延」。早くサビに行け!と毎回思ってしまう。
  • ミラナイやっとキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!ライブレボリューションのDVD見てこの曲を見れる日を待ち望んでいた甲斐があった。やっばい楽しい。ステージ全体に広がるのでアリーナではテンパりまくったけどその分一体感はピカイチ。曲の持つ会場を一体にする力とステージのうまい使い方で今回一番の一体感。
  • VTR

  • 今回一番のグダグダコーナー。その分休憩に最適!ミラナイでの盛り上がりを断ってしまうがその分ミラナイを思いっ切りのれる。どちらがいいんだろうか。
  • よっすぃ〜作のミキティの絵。キテるの意味が分からなかったが絵を見て納得(w しかし、今度は絵の意味がよくわからなくなった(ww
  • 紺ちゃんの中でシゲちゃんは頭から花が生えてもいいキャラ。
  • シゲちゃんの書いた紺ちゃんの絵もひどかったのでどっちもどっち。
  • かおりんの書いた加護ちゃんの絵が現在のかおりん自身にそっくり。
  • 画伯亀井絵里炸裂!あの絵で「カッコイイ」って書いてるとこにゾッとした(w えりえりの目にはあれがカッコイイと映っていると思うと正直「この娘は大丈夫か?」と心配してしまう。
  • 矢口さん作の「幸薄梨華ちゃん」は妙にリアリティがあると僕はおもった(笑)
  • メドレー

  • つなぎが難しい。1度だけしか見ない人は確実にのれない。
  • 近くにいた小学生の女の子は「愛車ローンで」で完全に動きが止まっていた。(2日昼)
  • 「愛車ローンで」のダンスが見たい!
  • ウィアラ〜愛あら

  • ウィアラ〜シャボン玉のコンボが殺人的。大ジャンプしまくった後にヘッドバンキングでフラフラ。1日夜にはホントに周りが揺れて見えた(^^;)
  • 本編ラストが愛あら〜なのはとてもいい。これからもやってほしいけどなっちのパートを辻ちゃんが継いでこの後誰に継げばいいのかわからない。
  • アンコール(ピース〜ここいる)

  • これといってコメントなし。
  • 客だしSE:愛あら
    これがなんかよかった。軽く口ずさんでいる人がいっぱいいて。鼻歌になったり思わず口ずさんでしまったりするのはこの曲が良いからだと思う。無意識的に出ちゃうものは人の素直な気持ちを表してる。この曲が流れることでとっても温かくて優しい気持ちに慣れる気がする。僕はこの曲が大好きです。


    後藤真希コンサートツアー2004春 〜真金色に塗っちゃえ!〜

    MC
    忘れた(^^;)

    VTR
    ステージの後ろのパネルにごっちんが色を塗る。あんなパネル最初からあったの?ごっちんロックオンすぎて全然気づかなかった(^^;)

    MC
    稲葉さんとのコントみたいなやつ。稲葉さんテンション高すぎ(笑)微妙にグダグダっぽかったけどいつもそうなのか?取調べで事情聴取したり名前とか書かせたり。名前かかせるところで「ごっちんだぜぇ ぷは」と書くごっちん。稲葉さんに読んでみて言われて読むごっちん。「ぷは」の表情が可愛かったらしいが全然見えない。そこで会場からはもう一回コール。そこでやるのはもちろん・・・稲葉さん!場内大ブーイング!(w みんなひどい(笑)ごっちんの番。今度は後ろのビジョンで顔のアップを映す。そりゃそうだ。全然見えなかったもん。( *´ Д `)<ぷは 照れてるごっちんキャワ!

    MC
    「世界の中心で、愛をさけぶ」を見に行ったという話。感動して泣いたらしい。でも、それ以上に感動したのは映画が終わっても感動した客が誰も席を立たなかったことだそう。矢口さんがスクールオブロックを見に行って拍手が起きたという話をしてましたがごっちんもいい環境で映画を見られたようで何より。

    MC
    忘れた(^^;)

    アンコール
    久しぶりに隣の人がアンコールをやった!しかも僕より声がデカイ。負けたよ。_| ̄|○

    総括
    楽しかったしごっちんもさらに成長してると思いますけど去年の秋コンが衝撃すぎて「まだまだごっちんはこんなもんじゃない!」と思ってしまいました。ある程度のレベルまで来てしまって今はそんなに大きく伸びる時期ではないかもしれません。ここを越えたらまたドーンと伸びるんじゃないかと。それが今年の秋になるかはたまた何年も先かそれは分かりません。そのときが来るのを楽しみに見守りたいと思います。
    ごっちんコンも去年1年やってごまヲタさんのノリにちょっと付いていけなくなってきました。皆さん何戦もされてるようなんで1ツアー1戦の僕とはノリが雲泥の差です。去年の春コンはみんな横一線、秋コンは僕自身が3戦ぐらいしたおかげでごまコンはホームって感じがしてましたが今日の感じでは亜弥コンと同じぐらいアウェイな感じでした。何か寂しい。
    今日は会場が暑くて体力奪われまくりでした。ごまヲタの熱気もあるかもしれませんが空調が弱かったような・・・羽生のさくらコン以来の暑さ。今年参戦の中で一番汗かきました。
    最後の挨拶で礼をするときに感謝の気持ちを込めて一緒に礼をすることにしてるんですが席が狭くて思いっ切り前の席に頭ぶつけました(^^;)
    前の人たちがヲタ芸人でした。ロマンスって全くステージ見てないってことが分かりました。「うざい」とかより「せっかくコンサ来てるのに勿体無いなあ」というのを強く感じました。ちょっと腕がぶつかったときにはちゃんと謝ってくれたんで悪い人じゃないと思うんで損してるってことに気づいてほしいです。ロマンスは気にしなければ自分の前の視野が開けるので意外といいかもしれないと思ったことはナイショです(笑)


    松浦亜弥コンサートツアー2004春 〜私と私とあなた〜

    今回は初めてサイリウムを持たずに参戦してみました。始まってみるとすごい手持ち無沙汰でビックリでした。僕がサイリウムを持っていくのは圭ちゃんの卒コンのときにバックスタンドから見たサイリウムの揺れる様子がとても綺麗で、ステージからこんな綺麗に見えるなら持っていきたいということが原点となって持っていってたんですがいつまにか持ってないと納まりが悪くなってました(^^;)そんなことを1曲目の奇跡の香りダンス。から感じてました。
    以下気になたところをピックアップ。

    オリジナル人生〜涙のわけ
    盛り上がる曲ではありませんが軽くリズムに乗っているだけで楽しかったです。今回はこういう曲が多くていいですね。盛り上がり系とはまた違った良さがあります。

    めちゃホリ
    隣りが通路だから思いっきりスラ〜ッシュってできると思ったら隣りが壁で思い切りできず_| ̄|○

    風信子
    「風信子」と入力するときは「かぜのぶこ」と入力してます(w 最後の「ありがとう あなたがくれたすべてに ありがとう」の繰り返し(6回ぐらい)がたまらない。ちょっと泣きそうでした。

    100KISS朗読
    「100回スキだと言ってほしい」の後で「1000回言うよ!」と叫ぶアフォがいましたがその後は会場がものすごい静かに集中して聞いていたのでさすがに空気読んで静かにしてました。できるなら最初から黙ってろ!あんだけ会場が静かになるのは朗読に引き込まれていたからだと思います。風信子とのコンボでマジで泣きそうに。

    MC
    最近家のいろんなとこが壊れるという話。
    ドラム式の洗濯機の潜在を入れるところをガンッと思いっきり閉めないと動かなくて相談したら「これはそういうものです」と言われたらしいです。そんなことは絶対ないとヲタから総ツッコミ。もっといい洗濯機を買ってください。
    トイレを開けたらホコリがブワーッと出てきたらしく原因を調べると天井の換気口から出てきていたとのこと。お母さんに相談すると「掃除機で吸っとけば大丈夫」。そこで掃除機で吸ってみて今のところ1週間ぐらいは大丈夫らしい。換気口からホコリがブワーッと落ちてくる家なんて欠陥住宅じゃねえのかと心配になりました。
    从‘ 。‘从 <汚さそうとか言われるけどキレイですよ、うちは。
           松浦はB型だけど几帳面なんです
    ヲタ<え〜?
    お前らまっつんーのことが好きなんじゃないのかい!(笑)なんともほほえましいやり取りでした。
    从‘ 。‘从 <おうちがキレイな人〜?
    ヲタ<(シーン)
    从‘ 。‘从 <少ないんだけど・・・
    そりゃ、男ばっかしだもんなあ(w
    从‘ 。‘从 <みんなキレイにしようね
    ヲタ<は〜い!
    お前らホントにきれいにしろよ(w

    メドレー
    I KNOWでこれから「でっかくOH YEAH」ってやるとこなのにそこでトロ恋に入ってしまって消化不良な感じでした。慣れればスムーズに乗れるんでしょうけど完璧にOHぐらいは言っちゃいましたよ(笑)またI KNOWに戻ってやれるわけですがあのままの勢いでやった方がいいと思うんですけどね。

    ね〜え?〜LOVE涙色
    ね〜え?L・O・V・Eだけは完全に肯定してます。あのスピード感ならキショく感じることもないでしょうし曲にもピッタリですから。一方、涙色のL・O・V・Eはなしですね。そんな明るい曲じゃないですもん。まっつーも笑顔で歌うことが多いですがそれがちょっと不満です。ライブが楽しくて自然と笑顔になっちゃうのは分かるけどもっと曲に感情込めてもいいかなと。まっつーの曲の中で一番といって言いぐらい大好きな曲なんで厳しくなっちゃいます。

    私と私と私
    ツアーのタイトル曲で歌詞飛ばしキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!(w タイトル曲なのにやらないバージョンのセットリストがあるってのが信じられないんですが・・・

    絶対解ける問題
    今回一番楽しみにしていた曲でした。去年の秋コンで前半はやっていて楽しみにしていたのに途中からカットになってしまってものすごく残念な思いをしたので念願かなって聞けて嬉しかったです。楽しすぎてジャンプが途中から梨華ちゃんばりのハの字ジャンプになってました(キショw)ここで歌詞飛ばしアリ。

    初恋
    出だしの音が大きかったのはスタッフのミスかな。隠れた名曲のこの曲をやってくれるのは嬉しかったです。

    MC
    秋には代々木第一体育館でコンサートをやるという話で
    从‘ 。‘从 <みんな来てくれるな?
    ヲタ<オー!
    从‘ 。‘从 <ダメだよ〜いいとも〜でしょ
    やり直し
    从‘ 。‘从 <みんな来てくれるかな?
    ヲタ<いいとも〜!
    从‘ 。‘从 <今度タモリさんに自慢しとくね
    きっとMステで言ってくれるはず!楽しみにしてるよ。

    アンコール
    「あやや」って全部あ行だから意外と声が出しやすいことに今ごろ気づきました(笑)

    可能性の道
    みんなで一緒にフリをやるのが楽しい。

    (総括)
    去年の春・秋と参戦して今回で3戦目でしたが一番楽しかったです。すごく短く感じました。実際ゲストもいないので公演時間は減っているんですけど感覚としてはそれ以上に短く感じたと思います。それが楽しかったことの何よりの証拠です。単純に曲が好きってこともあるとは思いますが、ステージのまっつーが楽しそうだったのが一番の理由かなと思います。声とかダンスとかから調子の良さを推し量ることは僕にはできませんが、楽しそうに歌い踊る姿を見ていると調子がいいんだろうなという印象は受けました。
    あと、MCがめちゃくちゃうまくなってるのが印象的でした。ヲタを巧みにあしらいつつ松浦亜弥らしさのよく出たMCでした。聞いてて楽しくて全然飽きませんでした。
    歌やMC全体を通して「爽やか」というのがよかったです。ごっちんコンだとあまりに盛り上がりがすごすぎて子供たちや女性の方はちょっと付いていけないかなという感じですが、さすに世間に広く届いているまっつーだけあって誰でも気軽に楽しめる内容になってました。初めて行った人でも全く問題なく楽しめてまた来たいと思ってくれたと思います。
    ホントに楽しいコンサートでした!!!


    メロン記念日スペシャルライブ2004〜ボーナス!〜

    さあ、早速盛り上げて行こか〜!!
    CDをまだ買っていないためノリ切れず_| ̄|○ ラジオ音源でも聞いておけばよかったと後悔。各地で評判の通りノリノリの曲なので覚えておいて思い切りノリましょう。夏にもやってくれるといいのですが・・・

    This is 運命
    4曲目に早くも運命。ジャジャジャンジャジャジャン♪と流れると会場からは「おお〜」というか「ええ〜」というか微妙な歓声。僕も含めて会場のほとんどの人が「もう?」って思ったようです。さあ恋も2曲目にやっていたのでまさかここで来るとは誰も予測していなかったはずです。すぐに切り替えていつものノリへ。でも、まだ温まっていないせいか心なしかいつもより控えめな気がしました。

    ミニコント(村田、大谷)
    衣装替えのため二人のコントの後柴ちゃんと斉藤さんのコントになるのかなと思っていたので長いなあと感じてました。謎は次の歌で解決。

    甘いあなたの味(柴田)、スキップ!(斉藤)
    二人のコントが長かったのは次にソロコーナーがあるからでした。ここが今回のコンサートの売り。
    甘いあなたの味のKISS MEジャンプはふつうは推しのところだけ飛ぶものですが歌っているのは一人・・・さあ困った。ここで僕の決断は全部ジャンプ!(w セリフが全部柴ちゃんってのがものすごい新鮮。この曲の頃はまだ柴ちゃんがセンターって感じじゃないので歌う部分が増えて面白かったです。
    スキップ!はみんなでやってほしかったなと思いましたが、斉藤さんがものすご〜く楽しそうに歌い踊るのを見て一人もいいかなと即考えが変わりました。

    柴田、斉藤真剣勝負まったなし
    ゲームの内容は山手線ゲームで1回目のお題が「花の名前」で斉藤さん勝利、2回目のお題が「寿司のネタ」で柴ちゃん勝利。斉藤さんはスキップ!のときもそうでしたが異常にテンションが高かったです。リアクションが大きい大きい。柴ちゃんへの応援が大きかったとき軽く凹んでわけ分からんこと言ってたのが面白かったです。

    赤いフリージア(村田)、電話待っています(大谷)
    まさか赤いフリージアが来るとは!とビックリ。柴ちゃんの曲ってイメージが強くてちょっと違和感というか新鮮味というか・・・を感じました。
    電話待っていますもみんなで歌う曲だと思うんですけど・・・髪を切ったわ(切ったわ)とかのカッコの部分がないわけですよ。ヲタに頼ってるんですか?(w

    遠慮はなしよ!〜ガールズパワー・愛するパワー
    ここが一番盛り上がってたと思います。この2曲はライブには欠かせません。ガールズパワーがあるのとないのでは僕のテンションが違います。

    アンコール
    アンコールの声がなかなか出なくてちょっと不安になりました。だんだん会場全体から声が出てきてホッとしました。アンコールの大きさはふつうぐらいでした。その後会場外で「メロン最高!」とかでかい声でやっているのを聞いてそのぐらいの声でアンコールやってくれよとちょっと残念に思いました。だって、そのときの声の方がアンコールより圧倒的に大きかったんですもん。

    (総括)
    2階最前ということで立って見れないかと思いましたが大丈夫でした。高所恐怖症の人は絶対立って見れないと思いますが僕は高いところ大好きなんで飛びまくってました(笑)
    内容の方はソロコーナーが唯一いつもと違うところでそれ以外はいつもの感じでした。ソロコーナーがボーナスということで納得。3回のために大きく変えることは無理だと思うんでこれぐらいの変化のみというのは仕方ないところ。その変化が面白いチャレンジだったので楽しめました。ツアーでやれば一人一人がもっと自分のものにできるはずですがどうなるんでしょう。これからも見たいけどやってしまうとボーナスの意味がなくなってしまう。難しいですね。
    あと、あの音響は何なんだ?キーって音が鳴る(ハウリングって言うやつですか)のが多すぎ。あんなしょっちゅうキーキー鳴るなんて小学校の朝礼ぐらいですよ。その他にも歌が聞えないところがあったり・・・せっかくメロンがプロのステージングをしようとしてるのに足を引っ張るな!今まで行った中で一番ひどかったです。プロならちゃんとやってください。自分が行くわけではありませんが残り二日は改善してくれることを願います。


    安倍なつみファーストコンサートツアー2004〜あなた色〜

    最後列ということで周りはガラガラだろうなと思っていましたがその通りでした。全然人がいません。チケの写真をニヤニヤ見つめて(キショw)待っているとだんだんと客が入ってきて最終的には後方は7,8割の入りに。自分の左右の席は空席でスペース充分。とはいっても、なっちの曲でそんなに動く曲はないんですけどね。
    ステージ全部を使わずに左右には暗幕が掛けてあって使ってませんでした。そのせいか普段のホールクラスのコンサートよりもセットが小さく見えました。実際にはステージが大きいだけだと思います。左右の前の方はそのため使われていませんでした。

    MC
    6年前にオーディションを受けてなんちゃらという話(爆)

    ・・・ひとりぼっち・・・
    「白鳥大橋は〜」のところは生で聞くとより一層迫力があってしびれました。

    MC
    昨日のBSドリームライブで初めて娘。と共演したという話。会場に着くと辻ちゃんが駆け寄ってきてハグ。そのまま手をつないで娘。の楽屋へ行くと真っ先に矢口さんが来て「なっち死んだの?」と仔犬のワルツについて質問されたそうです。会っていきなりヘビーな質問(笑)だったと。その後一人でメイクとかをしていると加護ちゃんが来たり、矢口さんが語りに来たり(笑)、かおりんが通りすがりに「安倍さん出番で〜す」と言ったりということがあったらしいです。

    メドレー
    裕ちゃんと圭ちゃんが下から飛び出して登場。ああいうのやったのは久しぶりだろうな二人は。DHOMでラップに入るところで黄色いお空へいってしまってちょっとショボーン。それはともかくあの3人でサマナイやDHOMが見られたのが嬉しい。黄色いお空のダンスは大変そう(笑)

    MC
    裕ちゃん&圭ちゃんを含めた三人でのMC。これが楽しくて楽しくて。トークのお題は海外での思い出。なっちが「何か思い出ある?」と聞くと圭ちゃんが話し始めてなっちも圭ちゃんの方へ寄って行く。その間裕ちゃんはなっちに背を向けられたまま話に参加できず。裕ちゃんが「あれっ?おかしいなあ。」みたいな表情と仕草で会場大爆笑。なっちも裕ちゃんを置いてけぼりにしていたことにようやく気づくがいじける裕ちゃん(笑)慌てて裕ちゃんに話を振るが全く当時のことを覚えていない裕ちゃん(爆笑)「あたし行ったっけ?」と言い出す始末。圭ちゃんには「歳の差かな」と言われるし。そこで裕ちゃんが「この人最近歳のことばかり言うんですよ〜。事務所の偉い人が私たち(裕ちゃんと圭ちゃん)の結婚のこと心配してるんですけど『この人(裕ちゃん)だけですよ』とか言うんですよ〜。」という話。事務所は二人の結婚の心配とかしてんのか!(笑)話を戻してなっちが「タイ行った話しようよ」ということで話を進めていくとその話はタイじゃなくて台湾ということが発覚。二人に突っ込まれるなっち。「何とか話を戻そうとしたんですけどゴメンなさい、こんなんで。」 となっち。「あんたのせいだろ」と裕ちゃんと圭ちゃん。台湾のときに覚えた中国語の挨拶を三人で言ってみるも一人だけずれる裕ちゃん。「ふつうニーハオから言うやん!」とご立腹。その後も結局裕ちゃんの海外の思い出話は聞けず(笑)この人ホントにモーニング娘。だったんでしょうか?(w 続いて曲紹介へ。ここで二人ははけてしまうということで会場からは「え〜?」。それを聞いたなっちは1度スタンドマイクを後ろに戻して歌うのをやめるフリ。最後は「歌わせてください」と訴え曲へ。

    せんこう花火〜男友達
    なっちの曲で一位二位を争う好きな曲のコンボ。せんこう花火のときはステージのバックがオレンジ色に染まり、夕焼けぐらいから外に出て暗くなってきたらせんこう花火みたいな妄想が広がる。男友達の最後の方のフリがちょっと変わっていたような気がしました。自分の覚え間違いかもしれませんが。

    DO MY BEST〜Best Friend
    DO MY BESTを聞いてテンション上がりまくる。楽しくて楽しくて軽く涙ぐむ。圭ちゃんのBest Friendも声を充分に堪能できて感動。やっぱ圭ちゃんの声好きですね〜。もっと二人の歌を聞きたかったけれど今日はなっちコンだから仕方がない。

    あなた色
    これまた好きな曲なんで大盛り上がり。今回のセットリストでは一番盛り上がる曲ですね。いい。

    MC
    娘。のときは「アンコール!アンコール!」だったアンコールが「な〜っち!な〜っち!」になって嬉しいと。裏で聞いていて早く出なきゃとちょっと焦ったとのこと。

    腕組んで帰りたい
    ラストにふさわしい曲。途中で裕ちゃんと圭ちゃんが出てきて軽く驚くなっち。いつもそうじゃないの?ホントに楽しくてついに涙。途中でも何度か泣きそうで何とか我慢してきたけれど最後にやられました。最後は「また来てくれるよね!」と指きりげんまん。

    (総括)
    3人のトークはこのまま1時間ぐらい続いてもいいというぐらい面白かったし、なっちの歌も楽しそうに満面の笑みで歌っていてこっちまで楽しさが伝わってきたし、ゲストの二人の歌もそれぞれの味が出ていたし、とにかく最高でした。不満点があるとすればそれが続かずに終わってしまうことぐらい。最近のコンサートの中では一番短く感じたコンサートでした。それだけ充実感のあるものでした。


    Hello!Project 2004 SUMMER 〜夏のド〜ン!〜

    松浦亜弥
    安定。花道は奇跡の香りダンス。で使用。YOUR SONGは生で聞くとさらに印象がいい。代々木のような広い会場では声の伸びがより一層感じられます。歌後のMCで言っていたように約2ヵ月後にはこの会場を一人で埋めることになるのです。そのときにもこの曲は武器になるはずです。どういう風に自分の世界をあの広い会場に創り上げてくれるのか楽しみだなあと思いながら見てました。

    メロン
    さあ、早速盛り上げて いこか〜!はさすがにメロンコンに比べるとノリが悪い。「さあ 飛ぼうぜ(JUMP JUMP)」とかはジャンプした方が楽しいですから後から聞いときゃよかったと思う人が続出なんじゃないですかね。かく言う自分もメロンコンの時にはちゃんと聞いてなくて乗れず_| ̄|○だったわけですが(笑) ハロコンでカップリング使うのはどうかと思いますが、まあ2曲とも非常にらしい曲でいいんじゃないですか。花道はどっちで使ったか忘れました。そういえばメロンのときはひな壇の方見てなかったなあ。それだけメロンのパフォーマンスがよかったのかな。

    淋しい熱帯魚〜さらさらの川
    2人でやる曲を5人でやるってどうなの?!>淋しい熱帯魚 5人じゃ向き合ってやるあのフリのとき一人余るじゃん!考えてみるとそうなんですけどどうやってたか思い出せません。センターの人は正面向いてやってたのか?
    乙パス最高!タンポポの歌うこの曲は一度も聞いたことがなかったので、抵抗なく受け入れることができました。ホントあの4人でデビューさせたらいいと思いますよ。制服の衣装もよかったです。アイリーンは以前に比べて顔が大人っぽくなった!前はいかにも小学生って感じだったけどちょっとは。
    ドアの向こうでBellが鳴ってた 癒されます。でも、前の曲のほうが好きかな。
    かおりんがメインステージの前の方で歌った後、後ろの方からユキドン登場。何よりも「まえだユキドーン」というヲタのかけ声が印象に残りますた(^^;) 前はユキドーンだけだったのにいつのまに。本人はどう思っているのやら。歌はあいかわらずお上手です。だから、聞いてやれよ。

    絵日記コーナー
    夏焼が読んでいるのを隣りで覗き込む梨沙子(昼) 梨沙子雅はガチです。その梨沙子夜公演では自分が読むことになるも「夏」が読めず。あれっ?ってことは「夏焼」は何と読んでるんだい?このコーナーはキッズ以外のメンバーがまともに絵日記を書いて、キッズたちが誰が描いたかわからない大人な絵でオチという具合になっています。夜の梨沙子と対応していたのがミキティでオチに突っ込むときに
    川VvV从<その絵絶対菅谷ちゃんが描いてないと思います
    ボク.。oO(後輩潰しだよ(((( ;゜Д゜))) ガクガクブルブル 顔が恐いw)
    川VvV从<絵うまいし
    ボク.。oO(そりゃあミキティに比べれば誰でもw)
    しかもバスの綴りを「BUS」ではなく思いっ切り「BAS」と書いてました(笑) れいなやシゲちゃんに指摘された模様。ひょっとしてミキティってバカかと思った瞬間。

    安倍なつみ
    晴れ雨のちスキの途中で口ずさむ矢口さんをビジョンに!なちまりキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!! テンションアップ。にくい演出するなあ。そして今回のハロコンで一番見たかった「恋のテレフォン GOAL」振り付きで見るとさらにいい。ピロリンピロリンの足を蹴り上げるフリが最高。夜公演では早くもフリマネ。ピロリンゴールは花道で歌ってたのでひな壇の娘たちがピロリンピロリンのとこはどうやってたのかというのが今になって気になる。この人50歳ぐらいになってもピロリンピロリン言ってそうだななんて(笑) 昼の曲紹介が「恋のテレフォン ゴウル」でした。「ゴール」じゃなくて「ゴウル」。こっちの方が読み方として正しいんだけどなっちがいうとバカっぽい(w MCで「ピロリンピロリンを広めたい」とか言ってました。曲じゃなくて「ピロリンピロリン」を広めたいのかよ(w

    中澤裕子
    やたらとテンションの高い姐さんが笑えます(爆) 辻ちゃん加護ちゃんの卒業で気合入ってたんだろうか。そんなに煽るような曲じゃないと思うのですが煽る煽る(笑) ひな壇の娘たちが全員立ってたんですけど恐喝でもしたんですか?(w

    カン紺藤
    ホントにミキティの曲だ!(笑) 噂には聞いてましたけどミキティばっか歌ってましたよ。ただ振り付けが一人ではできないし、その振り付けに必然性がある気がするのでカン紺藤で歌うのはいいと思います。曲も振りもなかなかいい。

    ダブルユー
    2人はもう何十年もユニットを組んでいたかのようなコンビネーション。将来に不安なし。サウスポーを花道でなまずをメインステージで。なまずは2人の振り付けとひな壇の娘たちの振り付けが違ってました。二人の振りは複雑で少し見ただけでは覚えられそうもないので、ひな壇振りをメインで。なまずの振りはホント難しそうなんですけど子供たち相手に大丈夫なのか?見応えはあるけどもう少し簡単でもという気はしました。実は簡単だったかもしれないですけど。

    フットサル応援方法指導
    ホントにやるんですか?(爆)

    後藤真希
    やっぱカッコいいわ。その分、曲が負けてる感がものすごいする。ごっちんのポテンシャルを十二分に活かすような曲が出てこないとやるせない。手握をやるあたり曲のなさを認めてしまっている気が。原色GALを花道で。この曲って花道向き。

    お悩み相談所
    保飯矢石吉のお悩みに萩原岡井鈴木中島が答えるコーナー。矢口さんの「恐がりで一人で寝るのが恐いときがあるけどどうしたらいいか」に対しては「お母さんと一緒に寝ればいい」と「楽しいことをかんがえればいい」。するとよっすぃ〜が「恐いときにはわたしと一緒に寝ればいい」と。かっけー。圭ちゃんの「おばちゃんはいくつからだと思うか」に対しては「25歳ぐらいから」と「ハロプロにはおばさんはいません」。おばちゃんになってしまった裕ちゃん怒り爆発(笑) 楽屋で絞めてます。(((( ;゜Д゜))) ガクガクブルブル おばちゃんはいないという答えに必要以上に喜ぶ姐さん。そこまで喜ぶってことは自分でおばちゃんだと認めってしまっているんじゃ・・・ よっすぃ〜の「上目遣いのうまいやり方は?」に対して実践する中島と萩原。それをビジョンにアップで映し出す。冷静に見たら軽く犯罪のにほひが(笑) こんなことばっかりやってると客が逃げそうなんですが(^^;) 女優萩原舞は少しも上目遣いになってませんでした(w

    Berryz工房
    とりあえずノリが悪い!ピリリ(花道使用)でお囃子やったり踊ったりしたら浮きまくりだったYo!ハピネスも踊りたい感じ。Berryz工房の曲はどれも振りマネしたくなる。ダンスはデビューの頃に比べると格段にレベルアップしてる。カッコいいもん。だからみんなもっと見てあげようよ。昼のときは隣りにやたらと熱いBerryzヲタの女性二人がいて面白かったです。「梨沙子〜!」とか絶叫してました(笑)

    娘。
    かしましは何かめちゃくちゃ(笑) そのぐらいの方がいいのかもしれない。浪漫で娘。がはけた後、愛あらばのつなぎをキッズたちが。他にもたくさん出ているところがあってキッズたちは覚えることが多くて大変だっただろうなと感心。4期中心のI WISHはたまりません。恋レボが花道使用。

    めちゃホリ〜Go Girl
    全員でめちゃホリの画は一度見てみたかったので念願が叶う。わりとセンターで歌ってたけど「あやや〜!」ってコール入れにくい。全体的に亜弥コンでのめちゃホリとノリが違って困る。いつもやってることをやると全然やってる人がいなくて浮きまくり。
    なんてGo Girlは便利な曲なんだ!全員で歌っても少しも違和感がない。
    44人の女の子が歌い踊る画ってすげえと思った。

    (総括)
    自分的にハイライトはピロリンゴール〜DO MY BEST。ピロリンなっちとハイテンション裕ちゃんがバカっぽくて最高。
    キッズの濃度がどんどん上がってきているのにファンが付いていけていないのは問題点な気が。これから先もっと濃度は上がるだろうからキッズに対して嫌悪感のある人はこれから辛いだろうなあ。乙パスは嫌悪感のある人にとってはさらにキッズ離れを深めてしまう原因になってしまうだろうし、売る側にとってもそういう人がたくさん出てしまうのを何とかしないといけないところ。やっぱり時代の中心はキッズですよ(笑)
    全体としてはホント楽しくてそんなに悪い点が見つかりません。


    2004年夏ファーストコンサートツアー〜Wスタンバイ!ダブルユー&ベリーズ工房!〜

    オープニングムービー
    Berryzの紹介が2人ずつなのはよくないです。まだ全員覚え切っていない人も多いはずなのに2人ずつやっちゃったらちゃんと見られないじゃないですか!Berryz以上に人数の多い娘。でも1人ずつやるのにこんなとこで時間ケチらなくても。

    Berryz工房(あな生き〜ピリリ)
    とりあえず2階席からだと誰が誰だか全然分からない(^^;) 一段とちっちゃい娘がキャプテン。一段とデカイ娘が茉麻。桃子と雅は声を聞いてそのとき歌っている娘だということで判断。雅じゃない方の茶髪が梨沙子。残りの3人の区別がつかない。一人一人の自己紹介で赤いゴムで髪を縛っている2人のうち1人が桃子でもう1人がユリーネと判明。これで残り2人。仕方ないから何となく背の高くて足の長い方が千奈美ちゃんで、残り1人が舞波。これで見分けることに。舞波ゴメン。やっぱ消去法になっちゃったよ。衣装も見づらいので見分けが難しいが衣装の違いで一度判別したのを当てはめたりもした。でも、衣装チェンジでその対応を一からやり直し。見分けるだけでこんなに苦労したのは初めてだよ!娘。は動きでなんとな〜く誰か分かるが、Berryzはまだその段階までいっていない。もっとみんならしさを出してくれ!そうしないと落ち着いて見れないじゃないか!
    「蝉」のバックは夕焼け。いつか本物の夕焼けの中やってほしいなあ。
    まさかカップリング曲の「友情 純情 oh 青春」をやるとは思わなかった。この曲はやたらとジャンプしてた。特に桃子は。PPPHに合わせて1人だけジャンプしてた。さすがだね。楽しかったけどアルバム曲をやってほしかったというのが正直なところ。「小遣いUP大作戦」はどんな振り付けなのかとか、「TODAY IS MY BIRTHDAY」のダンスはめちゃくちゃカッコイイに違いないとかいろいろ思ってたのに。
    「友情 純情 oh 青春」までは隣の人が座って見る人だったので僕もタイガーで見てましたが、ピリリのイントロが流れるとムズムズしてきて「1,2,1,2,3,GO!」でジャ〜ンプ!(w 今までタイガーで見てた奴が突然飛ぶんですから隣の方はさぞビックリしたでしょう(笑) 大好きな曲を歌ってるのにタイガーでじっとして見るなんて僕にはできません。思いっ切り乗った方が楽しいじゃん!

    恋バカ〜サウスポー
    ダブルユーが出てくるとやはり空気が変わる。盛り上がりが全然違う。特にセンターの前5列ぐらいはBerryzの時はすごい静かだったのにいきなりテンション上がってた。あのへんはダブルユーヲタが集まってたな。
    「センチ・メタル・ボーイ」の「ツー・ツー・ツー・ツ・ト・ツ・ツー・ツ」がキャワ!

    寸劇
    水戸黄門風(w
    水戸黄門:キャプテン
    徳さん:徳永千奈美
    熊さん:熊井友理奈
    助けを求める人:加護亜依、辻希美
    「くま」の付くもの(熊、クマンバチ、クマザサ)って嫌だよね → 熊さんウソ泣き の繰り返し。ものすご〜い学芸会っぽかった(笑) もっと近くで見れば萌え萌えなはずなのに残念。

    ミニモニ。じゃんけんぴょん〜GET UP ラッパー!〜LOVEマシーン
    だから誰が誰か分からないんだって!でも楽しい。曲なんて歌われてナンボでしょ。だから、何でも楽しければアリ。問題はこの曲をやることでやってくれるアルバム曲が少なくこと。盛り上げるためだろうけど他にも聞きたい曲あるんだよ。新鮮味が売りの一つだと思うんで盛り上がらなくても新しい曲をやってほしい(この編成でやればこの3曲も新しいと言えば新しいが・・・) 続けてやっていく中で盛り上がる定番の曲になっていくんじゃないですかね。盛り上がる曲は人からもらってくるものじゃなくて自分たちが自分たちの特徴を取り入れて新たに創り上げるものであってほしいのです。

    WフリーMC
    2人で焼肉を食べに行った話。加護ちゃんが食べまくりの模様。辻ちゃんがもう終わりにしようと思っていたら加護ちゃんがさらに注文してビックリしたらしい。辻ちゃんが言うんだから相当ですよ。加護ちゃん気をつけて! そのお店には芸能人のサインが飾ってあって自分たちも頼まれるかなと思っていたら頼まれなくて寂しかったと。しかも、圭ちゃんと矢口さんのサインが飾ってあったにもかかわらず。せっかく2人がサインしようと思ってたのに頼まないなんてその店推せないな(w 矢保より断然2人の方が芸能人っぽいぞ!(爆)

    ちょこっとLOVE
    本編ラストがちょこラブって(笑) 最後ぐらい自分たちの曲やらせてあげてください。2人のマルマルマルマルマルは可愛いけどさあ。

    あぁ、いいな!
    やっぱり「なまず」イラネー!何故になまずがでてくるのか全然展開が分からん。それ以外は歌もフリも楽しい。

    (総括)
    短い!二組でやってるんだからもっと曲たくさんできるはず。アルバム曲全部やるぐらいの勢いでやってほしかった。いろいろ反発受けるぐらいなら過去の曲はやらずに、新たな曲をやったらいいじゃない。過去の曲に頼らなくても楽しめそうな曲はいっぱいあるし聞きたかったのに惜しい。
    ダブルユーはもう完全に二人の世界を作り上げてる。さすがの一言。自由なMCもほんわかムードで思わずニヤニヤしながら見てしまう。もう2人だけでツアーやっても全然問題ないでしょ。
    Berryz工房は一人一人が自分を売り込んで覚えてもらうことが課題。ホントに遠くから見てると誰が誰か全然分からないんです!区別がつかないというのは楽しむことの足枷になります。僕も最初は集中できませんでした。顔見れば完璧に見分けのつく僕でもこうなんですから知らない人は相当つまらないはずです。コンサートだけの問題ではなくまずはそこから始めないと。単独ツアーへの道のりはまだまだ遠い。


    安倍なつみファーストコンサートツアー2004〜あなた色プレミアム〜

    会場に入ってビックリしたのがステージの近さ。なっちもMCで何度か触れていたのですが客席との距離がかなり近かったです。チケットが来た時は「2階席だよ、(´・ω・`)ショボーン」って感じだったのですが、実際に見てみると2階でも充分な距離でした。この会場は推せます。パシフィコ横浜に行くぐらいならこっちの方が断然いいです。ちなみに後ろ5列ぐらいは使ってませんでした。

    ピロリンゴール
    踊りたくて踊りたくて仕方がない!!!一応隣りは空席でしたがそれでも全然充分なスペースではありません。一度ぐらい思い切りなっちと一緒に踊ってみたいなあ。

    恋にジェラシー申し上げます
    聞いてみたかったので聞けてよかった。

    MC〜台湾遠征〜
    台湾のテレビ局で「3・2・1・スタート」がなくていきなり撮影が始まったのがビックリしたとのこと。あとで、よく考えると横の方で「ん!(文字にするのが難しいw)」と言っていたのがスタートの合図だったらしいと気づいた。

    真夏の光線
    『Memory 青春の光』って『真夏の光線』が来るってイメージなのは僕だけでしょうか。最初はアカペラでスタート。3人のハーモニーにしびれました。

    MC〜小さい頃の夏休み〜
    MCが始まる時点で早くもミス。ここで上の衣装を脱ぐ予定が忘れていたのです。MCが半ばに差し掛かったところで袖のスタッフさんに注意されようやく気づいて脱ぎだす。「あんまりこっち見ないでよ(笑)」というなっちが愛くるしくてたまらない。ミスもプラスに変わっちゃいます。
    なっちは家族でキャンプに行っていたと言う話。夏休み明けには真っ黒に焼けて「ちび黒サンボ」と呼ばれていたとのこと。圭ちゃんは虫とか捕ってたらしいです。二人からは「圭ちゃん、意外と野性的だったんだ」。圭ちゃんが「朝起きると庭にクワガタがいて・・・」と言うとなっちが「食べちゃった?」とすかさずツッコミ。食べないから!(笑) あと、ハンコをもらうためにラジオ体操にも毎日欠かさず行っていたらしいです。裕ちゃんもお母さんにいかないとものすごい剣幕で怒られるので行っていたと。「今の裕ちゃんみたいだなあ(笑)」となっち。悪戯っ子っぽいなっちがキャワ!
    今日のMCは全体的にテンパり気味で何言ってるんだか、本人もよく分からなくなって「私、浮いてる?」と天使。アナタはいつも僕たちの周りを飛び回っては幸せを届けてくれてます。そういうことじゃない(w 最終的に裕ちゃんに「今日のMCは面白くなかったな(笑) 今日みたいな外れの日も当たりと思ってください。何度も来てくれれば大当たりの日もありますから。」と言われる始末。でも、原因不明のテンパりのおかげで内容はなくとも面白かったです。会場もかなり笑いが起きてましたし。

    …ひとりぼっち…
    前もそうでしたがこの曲を聞く姿勢がものすごくいい。歌っている間はシーンと静まり返り、間奏に入ると拍手。ホントにハロー関係のコンサートとは思えないぐらいの集中力。このままずっとこの状態が続いてほしいと切に願います。

    おもいで
    今回一番印象に残ったのが実は圭ちゃんの歌うこの曲。ライティングが赤や紫が主で妖艶な雰囲気を醸し出していました。圭ちゃんのダンスもセクシー(特に腰) 圭ちゃんの歌、ダンス、そしてステージの雰囲気。全てがマッチして素晴らしかったです。ステージ上から発せられるパワーに圧倒されて思わず涙が零れました。ヤスヲタの人はこの1曲のためだけにでも行くべきだと思います。

    トウモロコシと空と風
    泳ぐのが短く感じたのですが気のせいですか?前回は下のステージを使ったので上のステージを使った今回が短く感じたんじゃないかと納得。

    アンコール(腕組んで帰りたい〜ダディドゥデドダディ)
    アンコールしてる時間がすごく長かった印象を受けたので、連れに聞いてみたのですがそうでもないんじゃないとの答えでしたので普段が短すぎただけでしょう。これぐらい引っ張ってくれないと燃えないですよ。簡単に出てこられても感動が薄くなってしまうのでこれぐらい引っ張ってくれて感激です
    最後を締めくくるにはふさわしい曲を2曲連荘。「また絶対来るよ」と爽やかに誓いお別れ。