バオマーク1.jpgバオ動物病院 大阪 豊中/緑地公園 吹田/千里山 06-6337-1580 

                    かわいいパートナーの 健╱守・り・ま・す

IMG_7473.JPG

2019 新年のご挨拶 by Dr.BAO

新年の幕が開いて早1週になろうとしています。
皆様、どのような新年をお迎えのことでしょうか。

昨年は、日本各地で災害が起こり、2011の東日本の大地震からも各地で地震その他の災害が休まることはありませんでした。

先ほどのテレビのニュースでも、西日本豪雨で被害に遭った岡山県では工務店の大工さんが圧倒的に不足しているとのこと。
遅々として進まない光景を目の当たりにし、何故もっと日本全体で、それぞれの被災地の復興に向けてのバックアップができないのか、強く疑問に思いました。
オリンピックや万博も完全否定はしませんが、やるべき時にやるべき事をするべきではないか、そういう思いが沸々とします。

いつものように現政権批判から始まってしまいましたが、バオのやるべき事とは??
それは、ひとつひとつの症例に真摯に立ち向かい、ご家族とも十分なコミュニケーションをとりながら、患者である動物さんにとってベストな治療方法を作り上げていくこと。ですが、もうひとつ、これからのバオはちょうど病院承継の時期に入っていきます。
現在、Dr.BAO(院長 柴尾悟)は、一昨年の体調不調も乗り越えて、頭髪をかき乱しすぎて大量に失いつつ(苦笑)、頑張っておりますが、還暦を迎え、やはり患者様方に、安心してバオ動物病院をご利用いただくためにも、次世代へのスムーズな承継という問題が残っております。
以前から何度か登場しております、長男の話。
今年も正月に少し話し合いました。
現在長男は、兵庫の大きな動物病院の勤務医として働いております。
「いつ帰ってくるの?」
「せやなー、あと1、2年はまだ今の所でがんばるやろなー」
ということでした。
何年後かはハッキリしていませんが、バオに戻ってきてくれることは確約しています。
私がいつ倒れても、バオは続くという体制がとれつつあります。

2018年、バオをかわいがっていただき、まことにありがとうございました。

2019年も何卒よろしくお願い申し上げます。
本年も、バオは「あなたのかわいいパートナーの 健康╱守・り・ま・す」♡