バオマーク1.jpgバオ動物病院 大阪 豊中/緑地公園 吹田/千里山 06-6337-1580 

                    かわいいパートナーの 健╱守・り・ま・す

2008-06-12 14.51.17.jpg

バオ動物病院、開設して30年経ちました。

バオ動物病院が産声を上げたのは、1986年8月2日。
そのままの場所で30年、やってまいりました。
というか、やってこれました。
それもひとえに、この道のはじめを教えていただいた大学の先生方、クラスの仲間達、修業先の師匠、開業してからのバオの患者様方、業者の方々、歴代のスタッフの皆様、そして家族のみんな、すべての方々のおかげに他なりません。
平に平に、ただただ、お礼申し上げます。誠にありがとうございました。
病院が盛り上がると、近くの土地を買って、大きくする、というのが我々業界のサクセスストーリーでした。が、バオはそのままの場所、そのままの広さでやってまいりました。
ただ、途中、病院の中二階を作ったり、分院を作ったり。。
バブルの終わり頃に始まった物語は、その後のこりバブルもあり、だんだんスタッフ数も増え、あの狭い空間にMAX15人くらい居たと思います。で、分院も出来た。
分院が分院として機能していたのは何年くらいだったろう。
だんだんスタッフ数が減っていく。
でもなんとか病院が回っていた。
でも、さらにだんだん。。
スタッフ募集をかけるが、気がついたら、なかなか人材が集まらないようになっていた。
で、とうとう獣医師は自分1人になる。
でも、なんとかがんばった。
ほんとに久しぶりに先生が来た。うれしかった。
だけど、結局1人が長かったので、昔のような分業ができず、いろいろあって退職した。
なんか恥ずかしい歴史。
最近は、次女、妻も仕事に加わって、家内工業的な色合いが濃くなっている。
常時スタッフ募集はかけています。
でも、なかなかいい人が来ない現状。
バオの現状はそのような感じ。
診療は来ていただいた方々が知っておられるように、それなりにがんばっています。

日本。これからどうなっていくんでしょうね。
今までいろいろ杞憂していたことが、ひとつひとつ現実になっていってる。
ABCの政治はいつまで続くの?長くない?
でもこれも日本の過半数がそれを望んでいる結果。
そうかー。大半の人はこんな日本を望んでいたのかー。
人の心がとても先進国とは言えない国。
お金なんて、評価基準じゃないと思いますよ。
人の心のレベルがその国のレベル。
世界全体が今はどんどんそれが低くなっているから、比較しても仕方ない。
昔はどうとかでもない。
街に出ればすぐわかる。
車を運転すればすぐわかる。
出かける時の楽しい気持ちが増幅して帰宅することがありますか?
ほとんど、せっかくの気持ちが帰宅時にはげんなり疲れていませんか?

気の合う人達だけと暮らすことができても、気の合わない人と接しないで生活することは不可能ですよね。
どこかで折り合いをつけながら生活せざるを得ない。

明るい未来を描けますか?

私のような50代後半の男じゃなく、洋々たる将来のある若者はどうなのだろうと思う。

私Dr.BAOも先の戦争は知りません。
父は南方の戦線に出兵していました。戦争の話はあまりしませんでしたが、時々、ふと戦場での話をすることがありました。
間接的には戦争を知ることになりました。

でも、今の若者は親からも直接戦争体験を聞くこともなく、祖父祖母からも聞くこともなかったでしょう。
イメージとしての戦争。
イメージとしての差別。
想像するチカラ。
その想像力に期待したい。

長男は来春6年の獣医学教育を修了し、国試に合格して、獣医師になる予定です。
すぐバオ動物病院には参加しません。
息子なりにどこかで修行してから、戻って来ます。
しばらく一緒に仕事をして、私Dr.BAOはその後、中医学専門になろうかなとか。。座って出来るし笑。

大きな地震が来るかもしれません。
テロが起きるかもしれません。
経済もどうなるかわかりません。
年金なんてそのうち泡のように消えるかもしれません。

そんな日本。でも、何かを拠り所としなければ、人間は生きていけませんよね。
私Dr.BAOは、結局は人の心。それを拠り所にしたいです。
人の心が人の心を明るくする。豊かにする。幸せにする。
国というより、人がこの星の上で生きていく上で、心が一番大切なのではないでしょうか。
ひとを思う心。ひとを大切に思う心。すべての命を大切に思う心。
それを信じてタヒぬまでココで、精進していく覚悟です。

2016年8月2日
バオ動物病院を始めて30年経って、思ったことをつれづれなるままに。

これを読んでいただいた方皆様に、幸多からんことを祈念いたしまして、拙い文章を終わろうと思います。

2016.08.02 バオ動物病院院長デスクのPowerBookProのキーボードから指を離します。 Dr.BAOこと柴尾 悟