バンサバーイの表紙
ホームページトップページ バンサバーイのご案内。 バンサバーイのコース料金。 バンサバーイへのアクセス
バンサバーイのタイマッサージ教室。 バンサバーイのよくある質問。 バンサバーイのリンク。 バンサバーイのブログ。

タイマッサージの歴史






シヴァゴ写真







シヴァゴ
 タイマッサージの起こりは紀元前500年頃のインドまでさかのぼります。仏陀の筆頭医師であったシヴァゴ(注)がタイマッサージの創始者と言われています。
  
 彼の治療法はアーユルベーダ医学とヨガの伝統を基にし、ハーブの栽培、処方も行っていました。この医療法が紀元前2,3世紀頃に仏教僧達によってタイに 伝えられました。それがタイ伝統医学そしてタイマッサージの原型となっています。

 と、一般的には言われてますが、タイの歴史は1200年頃のスコータイ王朝から始まります。つまり、それ以前は人も住んでいなかった場所であり、真偽の程は定かではありません。

 ま、真偽はどうであれ、それ故、シヴァゴは今でもタイでは医学の父と呼ばれ、タイマッサージの創始者と言われ、崇拝の対象となっています。多くのマッサージ学校では授業の前にシヴァゴに捧げるオナモと呼ばれるマントラを唱えますし、マッサージを始める時にはシヴァゴにワイで感謝の気持ちを捧げます。                          
  以来、タイの伝統医学は仏教の発展と共に進化しました。当時から人々が治療に通う場所が寺院でした。
 多くの医学書や仏教の経典は旧王朝のアユタヤに保存されていましたが1767年ビルマ軍の侵略によって、記録はほとんど無くなりました。          

 1800年代になって薬草の作り方や治療法などが全国から集められ、再編集されました。また。バンコクのワットポーというお寺で医学知識やマッサージのお教えが石碑に刻まれ壁に貼り付けられました。石碑には人体のエネルギー経路(後述のセンライン)などが描かれています。                        
 
 近代に入り西洋医学が導入され優遇されると伝統医学は廃れていくようになりました。しかし第二次世界大戦後に伝統医学の価値を再認識し、擁護する動きが高まりました。そしてタイマッサージを治療技術として法的に認めるようになってきました。 そして今では各地の大学の医学部でも講習が行われているようです。         

  
   (注)シヴァゴ
  
タイマッサージ界では一般的にシバゴもしくはシワカ、或いはシーウォックとも呼ばれています
  しかし当店のお客様でインド哲学専門家のK氏によるとサンスクリット語で書かれている文献での
    正しい発音はジーヴァカ。                  
 
また、ジーヴァカは日本の仏教界では耆婆(ぎば)と呼ばれ知らない人は居ないくらいに有名な医師で、様々な仏典に登場してるそうです。
 

タイマサージのセン理論

センライン  タイマッサージではプラナーと呼ばれる生命エネルギーが体の中を流れる通り道をセンと呼びます。                                                               

 体の具合が悪い状態は生命エネルギーの供給が妨害され不足した状態だと考 えられています。タイマッサージではこのセンに刺激を与えエネルギーの流れ正常にして人間本来の持つ自然治癒力を向上させ、体調を整えます。     


 中国や日本のマッサージはツボを重視しますがタイマッサージではツボはそれほど意識しません(症状軽減の場合は別です)。ツボよりもセンを意識するマッサージです。                       

 そのセンを刺激する方法として押す、揉む、たたく、引っ張る等の技法を用います。当然ツボはそのセン上に有る場合も多々有りますが、ツボのように確定され  たポイントを刺激するわけではなく、センのライン上でしたらどのポイントを刺激しても良いわけです。つまり点ではなく線のマッサージと言えます。                                         

 人間の体内には72000本のセンが有ると言われています。もちろん解剖しても見ることは出来ないもので科学的に解明されているわけでは有りません。また、センは血管であったり神経であったり、体内を流れる風の通り道であるとも言われています。                                                                                

タイマッサージのスタイル



バウファーイの写真
 膝へのバウファーイ



頭へのバウファーイ
頭のバウファーイ



アンマタロット
アンマタロット



トークセン
トークセン



チネイザン
 チネイザン
 タイ式マッサージを語る時に基本的に二つに分類する事が出来ます。

まず、   宮廷のマッサージか庶民のマッサージ
という分け方
そして   
治療系マッサージかリラクゼーションマッサージと言う分け方になります                    

 宮廷のマッサージは技術、マナーが非常に重要視されます。タイ式マッサージでは普通に行われる肘や足裏を使う事は出来ないし手や指先だけの施術となるようですし、うつ伏せの施術も無いとか。もちろん宮廷に出入りできるわけもなく詳し事は分かりませんが、まあ普通の人は受ける事は出来ないでしょう。                  

 庶民のマッサージは遠い昔から見よう見まねで受け継がれてきたマッサージで特別な決まりごとや形式は有りません。                                                  

 皆さんがタイや日本で受けておられるタイマッサージは庶民のマッサージでありリラクゼーションとしてのタイマッサージです。世界一気持ちの良いマッサージと言われ、癒し効果は抜群です。                                                            

 それとは別に治療系のタイマッサージがあります。                  
教科書通りに足先から始まるマッサージではなく悪い箇所を治すためのマッサージです。それ故に痛みを伴う事もあります。NO pain NO gain と言われる所以であります。
 
 また道具を使う伝統療法もあります。ボーンナイフやトーク・セン、火を使うバウ・ファイ、棒を使うアンマタロット等があります。
 
ボーンナイフとは動物の牙の骨をナイフ代わりにして、患部に内在する毒素を削り取る方法です 施術後は悪い箇所は内出血のように腫れあがり、施術はかなりの痛みを伴います。

 
トークセンは木槌を使います。センに沿って木槌を叩いて行き、そのリズミカルな振動と心地良さに癒されます。指が届かない深部まで振動でほぐしていくと言われています。

 
バウファーイはタイ式のお灸といえます。しょうがと薬草をお酒につけたものを、患部に乗せて火をつけ温めます。 

 最近では、お腹の施術に特化したチネイザン(気内蔵療法)も名前が知られるようになって来ました。   

バンコク式、チェンマイ式と分けられる人もおられますがはあまり意味を成しません。
 何故なら、どちらチャロイサックと呼ばれるカテゴリーに属しておりますから。

 ※参考  タイ文部省認定プッサパータイマッサージスクールのHPより
 タイ式マッサージには、中部式とチェンマイ式、南部式と北部式とかあると聞いていますが、プッサーパースクールではどんなスタイルで教えていますか?
ストレッチが多いとチェンマイ式、セン押しが多いと南部式とか呼ばれる場合がありますが、それら全てを含んだものがタイ式マッサージであり、 タイ方医学の一部であるタイ式マッサージは1種類しかないというのが、私どものそして文部省・厚生省の見解です。しかし、あえて2種類をあげるとしたら、次の2つの分類法が考えられます

   分類法A.
 1 リラックスまたは一般的な健康維持のためのマッサージ (癒しに重点)
 2 症状軽減(治療)マッサージ 

   分類法B.
 1 昔王宮内で王様に行われていたマッサージの流れを汲むもの 
 2−1 町で庶民に、一般的な疲れ取りや健康のために行われていた
     マッサージ

 2−2 町で庶民に、特定の症状軽減(治療)のために行われていた
     マッサージ 


 なおB−1は、昔から弟子入りした弟子に師匠が個人的に教え、学校では教えられていません

ホームページトップページ バンサバーイの店案内。 バンサバーイのコース料金。 バンサバーイへのアクセス。
バンサバーイのタイマッサージ教室。 バンサバーイのよくある質問。 バンサバーイのリンク。 バンサバーイのブログ。
大阪タイ古式マッサージ