Title

宮尾 克 みやお まさる homepage


宮尾 克 名古屋大学教授 大学院情報科学研究科 教育歴
職歴 学会活動
社会活動 最近の著書
最近の論文 多言語翻訳
にがおえ



宮尾 克 名古屋大学教授 大学院情報科学研究科
イメージ1
宮尾 克
研究分野:ユーザビリティ、3D立体映像、学校保健学、公衆衛生学、産業医学、モバイル人間工学、ヒューマンインタフェース、多言語翻訳システム、医療情報学、社会医学、災害情報学、医学統計学


教育歴
昭和45年 4月 名古屋大学医学部医学科入学
昭和52年 3月     同      卒業
昭和52年 5月 医師免許取得(医籍登録番号 第236226号)
昭和53年 4月 名古屋大学大学院医学研究科社会医学系博士課程進学
昭和57年 3月     同    単位取得満期退学
昭和60年 5月 医学博士(医博第582号,名古屋大学)


職歴
昭和52年4月 名古屋大学研修医(昭和52年3月まで) 
昭和57年4月 名古屋大学医学部助手 
昭和62年3月 名古屋大学医学部講師(公衆衛生学)
昭和62年7月 カリフォルニア大学バークリー校に留学 Visiting Scholar (UC Berkeley) (昭和63年2月まで) 
平成4年10月 名古屋大学医学部助教授(公衆衛生学) 
平成8年4月 名古屋大学大学院多元数理科学研究科教授 (公衆衛生学、医学統計学,平成14年3月まで)  
平成12年4月 名古屋大学理学部教授(併任)(数理統計学)
平成14年4月 名古屋大学情報連携基盤センター教授
平成21年4月 名古屋大学大学院情報科学研究科教授〔現在に至る〕


学会活動
昭和58年 日本産業衛生学会会員(現在まで:代議員)
昭和58年1 日本公衆衛生学会会員(現在まで:評議員)
昭和59年 日本衛生学会会員(現在まで:評議員・編集委員)
昭和60年 日本社会医学会会員(現在まで)当初は「社会医学研究会」の名称(平成10年〜現在まで:理事・事務局長)
昭和62年1 日本学校保健学会会員(現在まで)(平成23年:理事・事務局長、第58回年次学会長)
昭和63年 日本肥満学会会員(現在まで)
昭和63年 日本人間工学会会員(現在まで:評議員)
平成4年 日本視覚学会会員(現在まで)
平成12年 日本バーチャルリアリティー学会会員(現在まで)
平成15年 災害情報学会会員(現在まで)
平成17年 日本医療情報学会会員(現在まで)
平成19年 NPO法人モバイル学会 副会長(現在まで)


社会活動
昭和63年 愛知県建設部五条川左岸流域下水道浄化センター公害防止委員(現在まで)
平成4年 中央労働災害防止協会快適職場環境に関する検討委員(平成4年7月まで)
平成5年 愛知労働基準協会 快適職場推進協議会委員(現在まで)
平成5年 中央労働災害防止協会快適職場環境評価システム検討委員(平成7年3月まで)
平成7年 中央労働災害防止協会 快適職場環境マネジメントシステム検討委員(平成9年3月まで)
平成9年 中央労働災害防止協会 VDT作業の労働衛生管理に関する検討委員(平成11年3月まで)
平成9年 NEDO 次世代メディア生体影響総合評価システム委員(平成10年3月まで)
平成12年 日本介助犬アカデミー会員(平成14年5月〜現在まで:評議員)
平成12年 中央労働災害防止協会 ミレニアムプロジェクト・高年齢労働者のVDT作業検討委員(平成14年3月まで)
平成12年 厚生労働省労働基準局 VDT作業に係る労働衛生管理に関する検討会委員(平成13年2月まで)当初は労働省
平成13年 愛知県環境部環境対策審議会委員(平成22年度末まで)
平成18年 豊田安全衛生マネージメント株式会社 JISHA方式OSHMS認証審査委員(労働安全衛生マネージメントシステム)(現在まで)
平成20年 全国労働衛生団体連合会 メンタルヘルス検討委員会委員(平成22年度末まで)
平成21年 中央労働災害防止協会 平成21年度中小企業労働災害防止対策検討委員会委員


最近の著書
眼の疲労 「疲労の医学」所収.宮尾克、pp76-99, 日本評論社, 2010.

Chapter 64: Consideration of indices to evaluate age-related muscle performance by using surface electromyography. In "Advances in computational Biology", Hamid R Arabnia Ed. Takada H, Shiozawa T, Miyao M, Matsuura Y, Takada M. pp.585-591. Springer. 2010.

「現代のコンピューター労働と健康」宮尾克単著 pp1-144, かもがわ出版, 2008.

第1章 総論 「わかりやすいVDT健康診断Q&A」所収. pp.9-56. 宮尾克単著、宮尾克,山口恭平,原直人編集, 全国労働衛生団体連合会, 2007.

第4章 1.社会と健康 「テキスト健康科学」所収. 宮尾克、高柳泰世 pp.139-151. 南江堂, 2005.

放射線と電磁波 「人間工学ハンドブック」所収 pp694-703. 朝倉書店, 2003.

第11章 健康管理 「VDT作業の労働衛生実務 厚生労働省ガイドラインに基づくVDT作業指導者用テキスト」, 中央労働災害防止協会, 2003.

介助犬を社会が受け入れるための条件整備.「介助犬を知る」所収 宮尾克、後藤真澄 pp.274-283, 名古屋大学出版会, 2002.

第4章 健康管理 「VDT作業の労働衛生管理 その現状と問題点」所収 pp.95-123. 中央労働災害防止協会, 1999.

パソコン手首トンネル症候群 宮尾克単著, 法研, 1997.


最近の論文
Color sense test for job and learning ability. Takayanagi Y, Furuta M, Miyao M. Forma, in press, 2011.

Study of surface electromyography and its indices to evaluate muscular control. Takada H, Takada M, Matsuura Y, Miyao M, Shiozawa T. Forma, in press, 2011.

第80回日本衛生学会学術総会(仙台)でのミニシンポジウム 「胃電図と衛生学」に関連したミニ特集について. 高田宗樹, 宮尾克. 日本衛生学雑誌, 66(1):53, 2011.01.

Readability of Character Size for Car-Navigation Systems. Fujikake K, Hasegawa S, Omori M, Takada H, Miyao M. モバイル学会誌, 1(1)3-9, 2011.01.

教育用色覚検査としてのCMTの有用性. 高柳泰世,宮尾克,古田真司. 学校保健研究, 52(1): 63-70, 2010.04.

数字検出課題と地図読み上げ課題による液晶ディスプレイの評価. 藤掛和広, 長谷川聡, 大森正子, 田宗樹, 本多隆文, 宮尾克. 産業保健人間工学研究, 10(1):24-30, 2009.12.

Erratum: Hiroshima survivors exposed to very low doses of A-bomb primary radiation showed a high risk for cancers. Miyao M, Watanabe T, Honda R, Yamada Y. Environ Health Prev Med. 14(3):209, 2009.05.

ケータイ画面表示文字の視認性と加齢効果. 松沼正平,長谷川聡,梅崎太造,藤掛和広,大森正子,宮尾克. 日本福祉工学会誌, 11(1):20-25, 2009.05.

Answer to the comments by Eric J. Grant et al. in "Radiation unlikely to be responsible for high cancer rates among distal Hiroshima A-bomb". Miyao M, Watanabe T, Honda R, Yamada Y. Environ Health Prev Med. 14(4):250, 2009.07.

Answer to the comment by Yoshisada Shibata on "Hiroshima survivors exposed to very low doses of A-bomb primary radiation showed a high risk for cancers". Miyao M, Watanabe T, Honda R, Yamada Y. Environ Health Prev Med. 14(2):157-158, 2009.03.

Hiroshima Survivors Exposed to Very Low Doses of A-bomb Primary Radiation Showed a High Risk for Cancers. Watanabe T, Miyao M, Honda R and Yamada Y, Environmental Health and Preventive Medicine,13(5):264-270, 2008.09.

Effects of aging and display contrast on the legibility of characters on mobile phone screens. Hasegawa S, Miyao M, Matsunuma S, Fujikake K and Omori M. "iJIM http://www.ijim.org" 2(4):7-12, 2008.10.

Readability of characters on mobile phone liquid crystal displays. Hasegawa S, Fujikake K, Omori M, Miyao M. Int J Occu Safety Ergonomics (JOSE), 14(3):293-304, 2008.10.

Visual cognitive performance of elderly people: Effects on reading time of age, character size and visual distance. Omori M, Miyao M, Kanamori H, Atsumi B. Behaviour and Information Technology, 27(4):313-318, 2008.07.

The role of malocclusion in non-obese patients with obstructive sleep apnea syndrome. Miyao E, Noda A, Miyao M, Yasuma F, Inafuku I. Internal Medicine, inpress, 2008.

Evaluation of high-quality LCDs displaying moving pictures based on the form obtained from statokinesigrams and the dynamics. Fujikake K, Takada H, Omori M, Miyao M. Forma, 22:217-229, 2007.

Evaluation of high quality LCDs displaying moving pictures, on the basis of the form obtained from statokinesigrams. Fujikake K, Miyao M, Honda R, Omori M, Matsunuma S, Matsuura Y, Takada H. Forma, 22:199?206, 2007.

Associations of periodontal damage and tooth loss with atherogenic factors among patients with type 2 diabetes mellitus. Furukawa T. Wakai K. Yamanouchi K. Oshida Y. Miyao M. Watanabe T. Sato Y. Internal Medicine, 46(17)1359-1364, 2007.

ノートパソコンの液晶ディスプレイの高さに関する人間工学的一考察. 斎藤真, 大西範和, 加藤象二郎, 宮尾克, 長江拓子, 池浦良淳, 水谷一樹. 日本経営工学会論文誌, 58:10-16, 2007.

Visual cognitive performance of elderly people: Effects on reading time of age, character size and visual distance. Omori M, Miyao M, Kanamori H, Atsumi B. Behaviour and Information Technology. in press.

Readability of characters on mobile phone liquid crystal displays. S Hasegawa, K Fujikake, M Omori, M Miyao. Int J Occu Safety Ergonomics. in press.

Oral appliance therapy for a child with sleep apnea syndrome due to palatine tonsil hypertrophy. Miyao E, Nakayama M, Noda A, Miyao M, Arasaki H. Sleep and Biological Rhysms, 5(4):288-290, 2007.

2重課題を用いた加齢による視覚情報処理能力の検討. 河本健一郎、山口知佐子、和気展二、宮尾克、大森正子、守本典子、和気洋美. 視覚の科学, 27(3):54-58, 2006.

[総説] 携帯電話における多言語表示−携帯電話の災害時利用− 長谷川聡・宮尾克. システム/制御/情報:システム制御情報学会誌, 50(6):232-237, 2006.

Aging effects on the visibility of graphic text on mobile phones. Hasegawa S., Matsunuma S, Omori M, Miyao M. Gerontechnology. 4(4):200-208, 2006.

高齢者の運転状況と認知症ドライバーに関する意識調査. 渡辺智之, 藤掛和広, 宮尾克, 小長谷陽子, 柴山漠人. 日本医事新報. 4295:81-84, 2006.

Applications of Double-Wayland Algorithm to Detect Anomalous Signals. Takada H., Morimoto,T., Tsunashima, H., Yamazaki, T., Hoshina, H., Miyao M. Forma. 21(2):159-167, 2006.

携帯電話における文字画像メールの利用とその視認性. 松沼正平,長谷川聡,大森正子,宮尾克. 人間工学. 42(5):313-319, 2006.

Multilingual disaster information delivery using graphic text for mobile phones. Hasegawa S, Sato K, Matsunuma S, Miyao M, Okamoto K. AI & Society. 19(3):265-278, 2005.

若年女性を対象とした睡眠時胃電図の解析,松浦康之,横山清子,高田宗樹,宮尾克. 信学技報 MBE 2005-6. 21-24, 2005.

地震災害における外国人の被害と災害情報提供.佐藤久美,岡本耕平,高橋公明,田中正造,山岡耕春,宮尾克. 社会医学研究. 22:21-28, 2004.

立体映像に対する水晶体調節の測定. 大森正子、宮尾克、長谷川聡、石原伸哉、石垣尚男、田原博史. Vision. 4:223-226, 2004.

高齢者にとって見やすい携帯情報端末・液晶モニタ. 藤掛和広, 向井希宏, 神作博, 三好正伸, 大森正子, 宮尾克. 人間工学. 40:218-227, 2004.

Characteristic changes of sway of center of gravity with advancing age. Takada H, Kitaoka Y, Iwase S, Shimizu Y, Watanabe T, Nakayama M, Miyao M, Mihashi K. Env Med. 47:85-89, 2004.

循環器疾患死亡除去によるコホート生命表への影響. 渡辺智之、水野裕、大森正子、福田博美、宮尾克、大沢功、佐藤祐造、長谷川敏彦. 厚生の指標. 50:14-18, 2003.

The Number of Autocatalytic Reactions in Systems of Oscillating Reaction. Takada H, Shimizu Y,Mitao M. Forma. 18:67-82, 2003.

An attempt at preventing asthenopia among VDT workers. Omori M, Watanabe T, Takai J, Takada H, Miyao M. Int J Occup Saf Ergon. 9:453-462, 2003.

重心動揺における幾何学的な指標の物理学的意味−アルコール摂取時の解析−. 高田宗樹,北岡良之,市川真澄,宮尾克. Equilibrium Res. 16:168-180, 2003.

Analysis of sex, age and disease factors contributing to prolonged life expectancy at birth, in cases of malignant neoplasms in Japan. Watanabe T, Omori M, Fukuda H, Takada H, Miyao M, Mizuno Y, Ohsawa I, Sato Y, Hasegawa T. J Epidemiol. 13:169-175, 2003.

Influence of death from circulatory diseases on life expectancy at birth in Japan. Watanabe T, Omori M, Fukuda H, Takada H, Miyao M, Ohsawa I, Sato Y, Hasegawa. J Epidemiol. 12:450-456, 2002.

Visibility and characteristics of the mobile phones for elderly people. Omori M, Watanabe T, Takai J, Takada H, Miyao M. Behaviour & Information Technology. 21:313-316, 2002.

重心動揺検査を用いた音響付き3次元立体画像の複合現実感の評価法. 高田宗樹,宮尾克,大森正子,渡辺智之. 電気情報通信学会報. 236:25-32, 2002.


宮尾克の関連サイト
イメージ8
第58回日本学校保健学会(2011年11月11日〜13日名古屋大学)

宮尾克研究室の研究成果:最近の文献や著書など全文ダウンロード可能

愛知県国際交流協会 多言語情報翻訳システム

愛知県庁・観光コンベンション課 愛知県観光多言語翻訳システム

日本社会医学会

日本学校保健学会

眼の健康(オリンパスビジュアルコミュニケーションズ・サイト


にがおえ
イメージ9
にがおえです。
千代さん作

下のメールアドレスは、SPAM防止のため、@マークの代わりに (at) が使われています。クリックすれば正しいアドレスあてのメールとなります。


MailBox miyao (at) yc4.so-net.ne.jp MailBox トップへ